新型肺炎による自粛の影響もあり、ネット通販の利用頻度が増えた人も多いのではないでしょうか。

ネット通販は実店舗より安く購入できる品物も多く、また、現金と同様に利用できるポイントを獲得することもできるため、上手に使えばとてもお得に買い物ができます。

もちろん家族構成や節約状況によって異なりますが、私の場合は1年間で10万円近くはポイントを獲得できるという感覚を持っています。

もし大型家電が壊れるなどにより大きな金額の買い物が発生した年だと、さらにポイントを伸ばすことも十分可能です。

今回は、筆者の経験に基づいて、無理せず簡単に実践できるネット通販利用のコツと、ポイントを獲得していくうえで陥りやすい落とし穴について、簡単に紹介していきます。

ポイントを稼いで年間10万円お得に

ポイントをお得に稼ぐ3つの基本

ネット通販では、買い物をすることで現金として使えるポイントを獲得できるシステムを取り入れているところが多々あります。

このポイントを効率良く稼ぐ方法として、私が実践している3つの基本的な方法を紹介します。

・ メインで使うネット通販サイトを決める

・ 高還元率のお得なセール期間にまとめて買う

・ 実店舗で買っていたものをネット通販に置き換える

それぞれのポイントについて、補足で説明をしていきます。

メインで使うネット通販サイトを決める

ネット通販サイトにはさまざまなものがありますが、バラバラに利用するのではなく、メインで利用するネット通販サイトはできるだけ絞るのが基本です。

ネット通販サイトは、関連サービスの利用でポイント還元率を上げられるところがほとんどです。

ポイント還元率をできるだけ上げたところで、たくさん買い物をするのがいいでしょう。

メインで利用するネット通販サイトは、Amazonでも、楽天市場でも、Yahoo!ショッピングでも、その他のサイトでも、どこでも問題ありません。

ただ、関連サービスの利用によって、ポイント還元率をより大きく上げられるところのほうがお得度が高くなります

これからメインとするネット通販サイトを決める人は、すでに自分が利用しているサービスと関連性の高いネット通販サイトを選ぶのがおすすめです。

例えば、楽天カードを持っているのであれば楽天市場、Tポイントをよく使うのであればYahoo!ショッピングというかたちです。

還元率アップのお得なセール期間にまとめて買う

多くのネット通販サイトにおいて、定期的にポイント還元率がさらに高まるお得なセールが開催されています

メインのネット通販サイトでポイント還元率を上げたうえでセールを利用することで、獲得できるポイントを最大限に伸ばすことができます。

もしなにかほしいものが出てきたら、セールまで待って買うようにします。

セールまで少し時間を置くことで、本当に必要なものかどうか考え直す時間もできるため、無駄使いを抑えるという副次的効果も期待できます。

セールが開催される時期は公表されていないことが多いですが、ネットで検索するとだいたいの予想が簡単にわかります

その時期を狙って、できるだけ多くのものをまとめ買いする準備をしておきましょう。

実店舗で買っていたものをネット通販に置き換える

昔ながらの買い物思考だと、基本的にはまずは実店舗での商品購入を考えると思います。

この考え方をやめて、まずはメインのネット通販サイトでの商品購入を検討して、そこで買えなければ実店舗で購入するという順番にするのがおすすめです。

もちろん実店舗で高いキャッシュバックを獲得できる場合は除きますが、そんなケースは多くないはずです。

今まで実店舗で買っていたものをネット通販に置き換えていくだけで、獲得できるポイントは大きく増えるでしょう。

日々の生活を送るなかで、必ず定期的に購入している商品があるはずです。

例えばお米・シリアル・飲料水・洗剤など、こういったものをネット通販で定期的にまとめ買いするようにするだけで、自然にポイントがどんどん貯まっていく仕組みができあがります。

ポイントで得をするための4つの注意点

4つのポイント

ネット通販で効率良くポイントを獲得する基本的な方法を紹介しましたが、多くの人が陥ってしまう落とし穴がいくつかあります。

ポイントを獲得して本当の意味で得をするために、以下の4つの点に注意しておくことをおすすめします。

1. 現金と同じようにポイントを大事に扱う

2. ポイント獲得目的の余計な買い物はしない

3. メインのネット通販サイトにこだわりすぎない

4. あまり時間をかけすぎない

では、これらについてもそれぞれ補足の説明をしていきます。

1. 現金と同じようにポイントを大事に扱う

これがもっとも重要な点ですが、もしポイントをたくさん獲得したとしても、「ポイントだからいいや」という感覚でポイントを無駄に使ってはいけません

ポイントは現金と同じものという認識で、大事に使うようにしましょう。

例えば、1万円の商品を5,000円分のポイントを消費して購入すると、現金支払いは5,000円になります。

この場合「5,000円で買えた。安い」という感覚は望ましくありません。

あくまでポイントを現金とみなして、この商品購入にかかった費用は1万円と捉えるべきです。

多くの人が経験していると思いますが、ポイントは現金よりも気楽に消費できてしまうものです。

ポイントがあることで無駄使いが増えてしまっては本末転倒なので、この点はしっかり意識しておいてください。

2. ポイント獲得目的の余計な買い物はしない

ネット通販でポイントをたくさん獲得していると、ポイントの獲得自体が目的化してしまうことがあります。

当然ですが、余計な買い物をしてたくさんのポイントを獲得しても、無駄な出費が増えているため得をしているとは言えません

よくあるパターンが、「〇〇円分購入で〇〇ポイント」といったものです。

心理的に条件を達成するまで買い増したくなりますが、追加で買う商品が本当に必要なものかどうかはよく検討したほうがいいでしょう。

3. メインのネット通販サイトにこだわりすぎない

メインのネット通販サイトは、他と比べて還元率がもっとも高いはずです。

そうすると、できるだけメインのネット通販サイト上で買い物をしたくなるものですが、トータルで考えてもっとも安いところで買い物をしないと得をしているとは言えません。

商品そのものの価格が、メインのネット通販サイトより他のほうが安いケースは必ず出てきます

もし獲得できるポイント以上の価格差があるのであれば、メインのネット通販サイトで購入するべきではありません

商品購入にかかる実質的な費用は、「商品価格-獲得できるポイント」です。

この数字をベースに代表的なサイト間で比較して、もっとも安いところで購入するのがベストです。

ポイント還元率がもっとも高いはずなので、メインのネット通販サイトがもっとも安くなることが多いはずです。

4. あまり時間をかけすぎない

最後に注意しておきたいのが、ポイント獲得を含めお得な商品購入のために時間をかけすぎるのは避けるべきということです。

「時は金なり(Time is Money)」とも言いますが、かける時間に対する効果を考えることをおすすめします。

例えば、1時間かけていろいろ調べて、もっとも安く商品を購入できたとします。

でも、これによって得をした金額が100円だとしたらどうでしょうか。

見方を変えると時給100円で1時間作業したことになるわけですが、割に合わないと感じる人が多いと思います。

もちろん感じ方は人それぞれですが、あまり小さい価格差にこだわりすぎず、最安を狙いすぎないほうが幸せになりやすいはずです。

筆者は、「メインのネット通販サイトにおける最安値をチェックしたうえで、他の代表的なサイトでも軽く相場観を調べておくぐらい」がちょうどいいと感じています。

買い物のパターンを作りましょう

今回は、ネット通販でお得に買い物をするためのベースとなる考え方を紹介してきました。

買い物のパターンができあがってしまえば、あとはそれを繰り返すだけです。

無理なく続けられるので、参考にしていただけると幸いです。

次回は、今回の内容をより具体的にして、筆者が利用している楽天市場でポイントを効率良く稼ぐコツを紹介していきます。

楽天市場に興味がある人は、ぜひこちらもチェックしてください。(執筆者:貝田 凡太)