パソコンは、私たちの暮らしにますます欠かせなくなりました。

数万円から数十万円と価格が高額なため、壊れると家計にも大きな影響を与えかねません。

ホコリや皮脂汚れなど意外と汚れが蓄積されやすいパソコンを少しでも長持ちさせるために、お手軽な100均・ダイソーでお掃除用品を調査してみました。

PC掃除を100均グッズでそろえました

手の届かない隙間に「ブロアー」

キーボードの隙間などを掃除

キーボードの間にはホコリやゴミが入りやすいものですが、細かい場所の掃除はとても面倒で時間がかかります

この商品を使うと至って簡単、ゴムボールの真ん中を一気に押すと、ノズルから空気が噴出されて細かいゴミを吹き飛ばします。

握力に自信のない筆者でも、難なく作業できました。

汚れがひどい場合にはこれだけでは無理でしょうが、噴射する空気の量は少なくありませんから、身近に置いておいて気付いたときにシュッシュとするだけでも効果がありそうです。

ササっと使える「マイクロファイバーダスター」

ふわふわ部分でほこりをとる

柔らかなふわふわとした極細繊維です。さっとなでるだけで、ホコリを簡単に取り除けます。

柄から先端までは21cmですから、デスク周りに常備しておいても邪魔になりません。

丸洗いOKとあってもヘタってしまうのではないかと心配しましたが、繊維が抜けてしまうこともなく不具合は感じられませんでした。

コンパクトサイズでも100枚入り「液晶画面クリーナー」

手のひらサイズのウエットティッシュ

普通のシートクリーナーより、やや硬めです。

もともとディスプレイはゴシゴシと拭くものではありませんので、力をかけすぎないように注意してください。

一般的なクリーナーは20 × 30cmですがこの商品は14 × 9cm、比べてみると下の画像のようにかなり小さな手のひらサイズです。

しかし、乾いてほしくないウェットシートですから小まめに使うには不自由を感じませんし、100枚入っているので1日1枚使っても3か月以上使える計算です。

また、パッケージ自体が厚さ3.5cmの楕円形のハードケースなので、引き出しに入れておけるのもメリットの1つです。

大掃除にもおすすめ「お掃除手袋」

お掃除手袋できれいにする

手袋をはめて自分の指で感触を確かめながら拭けるため、とても掃除しやすいのが特徴です。

汚れを吸着しやすいマイクロファイバーは、細かな場所やホコリがたまりやすいコードなどでもなでるだけで汚れが取れます

乾拭きだけではなく水に濡らした状態でも使用できますので、精密機器以外のデスク周りもついで拭きできるのがうれしいポイントです。

両手分がワンセットになっていますが、片手だけで十分作業できるのでコスパ的にもとても優れた商品と言えることでしょう。

OA機器だけではなく家電や家具、ブラインドなど使える範囲が広いので、わが家では大掃除の時にも大活躍してくれます。

100均お掃除グッズはコスパ良し!

今回購入した商品は、どれも本体価格100円で税込合計440円です。

試しに楽天やAmazonで類似商品の最安値を独自に調査してみると

・ ブロアー:391円
・ マイクロファイバーダスター:368円
・ 液晶画面クリーナー:154円(15枚入り)
・ お掃除手袋:286円

税込合計1,199円でした。

物によってこれに配送料が加わることを考えると、100均商品は半分以下の値段でです。

また、ブロアーはある程度の期間使用するものですがゴム製品のため劣化しやすいので、古くなったら100均で買い替えていく方が効率的とも思われます。

4つの100均商品を使用してみると、価格は安くても効果は十分に実感でき、予想以上にスッキリとしました。

掃除の前後を比べてみる

今回はキーボードにたいして窪みのないノートパソコンに使用しましたが、デスクトップPCに使えばより効果を実感できるかもしれません。

掃除は思い立ったときに手軽にできるのが1番です。一度、試してみてください。

なお、掃除するにあたっては安全のため電源を切ってから行ってください。(執筆者:吉田 りょう)