電脳せどりを活用すれば、時間がない方でもスマートフォンで仕入れが行えますが、具体的な方法や、販売する方法がわかりにくいです。

時間がないなかで効率よく仕入れを行いたいと思った際、

「電脳せどりって一体なに?」

「時間がなくても副収入を得たい」

上記のような疑問を持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、初心者の方でも挑戦しやすいよう「電脳せどりで効率よく仕入れを行い、副収入を得る方法」についてまとめました。

スマホでもできる電脳せどりとは 仕入れの手順まで解説

スマホでもできる電脳せどりとは 仕入れの手順まで解説

せどりは、ちょっとしたコツを押さえるだけで、かんたんに販売業として収入を得られる手段です。

なかでも「電脳せどり」はインターネットを駆使し、安く商品を手に入れて適正価格で販売する手段を指します。

今ではインターネットで手軽に商品の購入・販売ができるため、商品の仕入れだけで参入できるのが魅力です。

仕入れ先を決める

販売する商品の仕入先はとても多く、インターネット上で買い物ができるサイトはすべて対象です。

しかしある程度は絞らないと探しづらいので、筆者は「家電量販店のオンラインショップ」を中心に見るのをおすすめしています。

・ Joshin webショップ

・ ソフマップ・ドットコム

・ ヤマダモール

家電製品をおすすめする理由は、型落ちモデルが格安になったり廃盤で価格差が生まれやすくなったりするためです。

仕入れる手順

仕入先で商品を探す際、型落ちモデルやフェア・在庫処分セールといったお買い得ページを参考にしましょう

またショップによってはポイント還元もあるため、どれくらいで仕入れられるかを総合的に判断します。

ポイントは次回の仕入れでも利用できるので、個別に集計しておくと便利です。

気になる商品を見つけたら、販売先の価格差を見ます。

メルカリで販売する場合、相場よりも安く購入される傾向にあるので注意が必要です。

価格差がある商品は送料も含め、合計どれくらい手元に残るかを判断した上で仕入れます

販売先の探し方と価格差の見つけ方

初心者のうちは、フリマアプリ(メルカリ・ラクマ)を活用すると良いでしょう。

登録手順がかかっても大丈夫なら、販売傾向が読みやすいAmazonでの販売が1番おすすめです。

メルカリを利用する場合は、同一商品で検索をかけます。

販売済みの商品を一覧で出せば、どれくらいの価格で取引されているかを確認可能です。

値切りに対応するため、最低どれくらいの価格まで利益が出るかを控えておくと良いでしょう。

販売時の注意点

メルカリやヤフオクを利用する際は、自身で商品紹介の文言を考えなくてはなりません。

できるだけ商品の状態がわかるように、詳しい説明と画像をつけると売れやすくなります。

しかし扱う商品が増えてくれば販売時の手間もかかるため、詳細な説明や画像撮影は省略しがちです。

ある程度なにを記載するか自分でテンプレートを決めておき、手間を最小限にすると販売効率が上がります

そして得た利益を販売資金に回せば、どんどん大きな商品を扱いやすくなり、利益もさらに出しやすいです。

最初のうちは利益が出ても我慢して、販売資金に回すよう心がけましょう

「実際に電脳せどりをやってみてどうだったか」筆者の体験

「実際に電脳せどりをやってみてどうだったか」筆者の体験

筆者はもともと電脳せどりで、売上50万ほどの販売を行っていました。

経験を踏まえた上で、具体的な体験談をお伝えできればと思います。

大変だったこと

とくに大変だったのは、安定的な売上の確保です。

利益が出る商品は一時的なものが多く、同一の商品を継続して仕入れられません。

そのため販売を安定させるためには、つねにリサーチを行い続ける必要があります。

筆者の場合はいくつか試していくなかで、「ポータブルナビ」が安定して仕入れやすいことに気づきました。

利益幅も大きく、安定的に販売されます。

ナビを主軸においた際は、初めて売上が30万を突破したのです。

また、人によって得意なジャンル・商品が違うため、軸となる商品ジャンルを見つけるまでが大変だと感じました。

失敗したと感じたこと

とくに失敗したと感じることは、「フリマアプリでの仕入れ全般」です。

新品や未使用と書かれているものでも、いざ仕入れてみると使用済みだったり、箱に傷があって新品販売ができなかったりしました

フリマアプリの商品は相場より安く手に入る場合もありますが、出品者の質も低い傾向にあり損をする場合があると感じます。

利益5,000円の見込みが、マイナス2,000円でした。

出品者が返品に応じず、やりとりに時間を要して効率が悪かったこともあります。

しかし失敗したことで次からどうしたらいいかがわかり、対策を打てたので結果的に利益を築く土台になったと感じています。

実際に仕入れた商品の例

筆者が電脳せどりで仕入れたおもな商品は、下記のとおりです。

 空気清浄機
 加湿器
 ポータブルナビ
 ゲーム関連(PS4の限定モデル、コントローラーの限定カラー)
 中古iPhone
 ブルーレイレコーダー

空気清浄機は年中需要があり、安定して販売できます。しかし価格差が起きにくく、リサーチに時間を要する印象でした。

加湿器は乾燥してくる冬に爆発的な販売が見込めるため、オフシーズンで仕入れを行っておくと良いです。

ポータブルナビは利益が多く見込めて、安定した販売ができます。

ゲーム関連は限定モデルの価格差が大きく、利益を得やすいです。人気が高いので仕入れは難易度が高め。

中古iPhoneは人気が根強く、古いモデルでもよく取引が行われています。アクティベーションロックや機種の知識が必要です。

ブルーレイレコーダーも安定した販売が可能で、単価が大きく利益が見込めます。

電脳せどりをやってよかったと思うこと

電脳せどりはスマートフォンを使えば、スキマ時間でも移動中でも少しずつ進められます

場所や時間にとらわれず、利益の出る商品を見つけられるのはとても効率が良いです。

筆者は当時遠方に電車で通っており、片道1時間半の通勤スタイルでした。

勉強や普段見れない動画コンテンツを見るのも良かったのですが、直接的に収益を得られる喜びには代えられません。

ビジネスの根幹になる物流知識も得られ、自身がお得に商品を購入したいときも活用できて素晴らしい体験ができます。

スキマ時間に効率よく仕入れ

販売系の副業で大変なのは、仕入れの手間と発送時の梱包作業です。

とくに仕入れはリサーチに時間がかかりやすく、まとまった時間の確保がないと販売すら行えません。

電脳せどりを極めればかかる手間は半分になり、スキマ時間でも効率よく仕入れができます

まずは手堅く月5万円を目標に、副業へチャレンジしてみてはいかがでしょうか。(執筆者:奥泉 望)