写真販売を副業にできるのを知っていますか

旅行に行って風景を写真に撮ったり

赤ちゃんの写真を撮ったり

写真を撮るのが好き

カメラが趣味の人

にピッタリな副業です。

旅行先や日常生活のなかで撮ったお気に入りの写真を販売できるサイト「Snapmart(スナップマート)」を利用すれば、旅行先や日常生活のなかで撮ったお気に入りの写真を販売してお小遣いを稼ぐことができるのです。

Snapmart(スナップマート)とは

スナップマート
≪画像元:Snapmart

Snapmart(スナップマート)は、 スマホなどで撮った写真をアプリ(iPhone/Android)から出品して販売できるストックフォトサービスです。

日常生活で撮影した写真をネットにアップするのが趣味の人におすすめしたい副業が写真販売なのですが、始めるにあたっては多少のハードルがありました

インターネット上には、企業や個人に向けて雑誌やボスターなどに使う写真を販売しているサイトがあり、そのようなサイトに自身が日常生活で撮った写真を登録できるのですが、写真をパソコンからアップロードしなければならなかったのです。

つまり、これまではスマホやカメラがあっても、パソコンからアップロードできなければ販売できなかったのです。

そのハードルを取り除いたのが、Snapmart(スナップマート)です。

これから初めて写真売買を始めようとする人におすすめのサイトです。

ユーザー数が多く、メディアにも取り上げられて人気になってきています。

Snapmart(スナップマート)の登録手順

Snapmart(スナップマート)への登録は、

(1) Snapmart(スナップマート)のアプリ(iPhone/Android)をダウンロード

(2) Snapmart(スナップマート)のアプリより会員登録

(3) 販売するデジタル素材をアップロード

(4) デジタル素材の販売開始

という手順です。なんとも簡単で手軽です。

売れる写真の特徴

写真を売るのですから、商品として魅力ある写真を撮影しなければ売れません。

魅力的な写真とは

1. パッと目をひくオシャレさ

2. 人物が写っている

3. なかなか撮れない希少性

といった条件に該当することです。

ただ単にかわいいから、奇麗だからといってアップしても写真を購入してはもらえません。

1. パッと目をひくオシャレさ

おしゃれで、誰が見てもこれはすごいという写真は売れます。

写真が暗い、汚れがある場合にはキレイに見えるよう修正することが大切です。

レタッチの技術も持ち合わせているとさらに良いと言えます。

ただし、おしゃれにしたいからといって修正しすぎると、不自然になってしまうので注意が必要です。

おしゃれで人物が映っている写真

2. 人物が写っている

人物が写っているのも売れる条件の1つです。

顔出しはリスクがありますから、たいていの人は嫌がります

購入された写真はネット記事や企業広告などさまざまな場面で使用されます。

家族、友人を写したものを出品する際には、そのこともよく考えてからにましょう

3. なかなか撮れない希少性

率直に言って、誰でも撮れるような写真は売れません。

あなたと同じ風景の写真を出品する人は多いですし、皆が行けるところの写真は購入者自身で撮影することも可能だからです。

あなたにしか撮れない写真や普通ではなかなか撮れないような奇跡の写真を撮るように心がけましょう。

いま何がはやっているかを意識することも大事です。

実際に売れる写真とは

意外に思うかもしれませんが、ダイエットしている最中の「お腹の写真」や「ダイエットに使用している商品を手に持った写真」などは売れる写真だと言えます。

購入する人は何らかの理由で写真を購入したいと思っているからです。

その中でも需要が多いのがアフィリエイトで使える写真です。

アフィリエイトとは、インターネットにおける「成果報酬型の広告」のことです。

ブログやサイトなどで商品を紹介すると、自分のサイトから購入された際に決められた仲介料をもらえるので副業にする人も多いようです。

実は私もその1人なのですが、リアリティがあるほうが売れるのです。

つまり、商品を使っている写真やダイエットのビフォーアフターの写真があると読者に説得力をもって訴えかけられるというわけです。

私の場合には、自分でアフィリエイトをする際に実際に購入した商品の写真をいくつか撮影して、自分で使わない分をSnapmart(スナップマート)に掲載するようにしているのですが、このようにするとよく売れると言えます。

かなりの需要がありますので、購入した商品などのリアリティある写真を載せてみてください。

Snapmart(スナップマート)のメリット、デメリット

【メリット】

・ 業者とのやり取りといった手間がかかりません。

・ スマホだけで出品できます。

・ 写真の素人でも工夫次第で稼ぐことが可能です。

メリットの例

たとえば、私の場合には苔の写真が好きなのですが、苔自体は日常に結構あるわりに見向きもされていません。

しかし、苔テラリウムブームのおかげで、さまざまな苔の写真が売れるようになりました。

テラリウムで検索
≪テラリウムで検索した画像≫

また、アフィリエイトの商品を独自に撮影することで、同じ素材を欲しがっている人に売ることができました

ただし、利益は1枚100円ほどなので、多く出品する必要があります。

また、最近売れた写真を見ながら、売れる写真のトレンドを掴む必要もあります。

【デメリット】

・ 投稿した写真が必ず売れるとは限りません。

デメリットの例

先程の苔の話ですが、売れたのはブームが来てからですので、それまでは奇麗に撮影できたものでも反響がありませんでした。

また、手数料が200円かかるので201円以上でないと利益になりません

最低ランクだと30%の手数料を取られます

324円で売って約100円の利益なので、その金額でも欲しいと思ってもらえる写真を撮らなければ数があっても1つも売れません。

楽しみながらお小遣いに

写真をスマホで撮影して売れるなど、なんとも便利な時代になりました。

センス次第では誰でもできるので、コツコツとアップしておけば稼げるかもしれません。

たくさん稼ぐのは無理かもしれませんが、自分で撮った写真を多くの人に見てもらえたうえに少しお小遣いが入るのであれば楽しい副業だと思います。

どのような写真が売れているのかをしっかりと確認しながら、数をこなせれば月に3,000円程は稼げる副業です。

時間も手間もとらないので、ぜひチャレンジしてください。(執筆者:高山 我夢)