どんなにデジタルツールが進化したと言っても、子育て中のママ、パパはわが子に「たくさん本を読んでもらいたい!」と思います。

しかし、本はそれなりに高額ですし、巷にあふれるたくさんの本の中からどのような本を与えたらよいのかも迷います。

そこで、おすすめしたいのが、いまベネッセが開催している無料で本を1冊送ってもらえる太っ腹なキャンペーンです。

毎年恒例のベネッセによるキャンペーン

ベネッセが本をプレゼント

今年初めて知ったのですが、本をプレゼントするという企画は毎年開催されているそうです。

昨年までは子ども1人につき2冊の本をもらえたそうです。

今年は1冊ですが、それでもありがたいことに変わりはありません。

キャンペーンの詳細

【応募対象者】
0歳から18歳までの子どもをもつ保護者

【締め切り】
2020年11月30日(月)

キャンペーン名は小学生 or 中学生読書特別企画となっていますが、対象の子どもの年齢は0歳から18歳までです。

中学生以上でも保護者の名前で応募します

本のラインアップも小学生・中学生向けにはなっていますが、幼稚園児向けの昔話やパパママが読んでも面白そうな本などいろいろなジャンルがそろっています。

1回の応募できょうだい3人分、つまり3冊まで申し込みできます。

ただし、当然ですが1冊につき1人分の子どもの情報を入力する必要があります。

小学生読書企画と中学生読書企画の違い

キャンペーンサイトは、小学生向け、中学生向けでサイトが別れていますが、キャンペーン自体は同一のものです。

もちろん本のラインアップも変わりません。

どらちのサイトからでも応募可能ですが、1つのサイトからしか応募できません

キャンペーン応募の際の注意点

このキャンペーンの主催は通信教育最大手のベネッセコーポレーションです。

キャンペーンに応募することで、通信教育のダイレクトメールが届くようになります。

実際にキャンペーン応募画面には

【お客様の大切な情報をお預かりし、月齢・学齢にあった役立つ教育情報や商品のご案内をお届けします】

としっかりと書かれています。

ダイレクトメールは電話やネットで停止の手続きを取れますが、送付自体が嫌な人は応募を避けた方が賢明かもしれません。

ただし、年中以下の未就学児の場合には資料送付の可否を選択できます

また、申し込みが多いためか到着まで最大2か月程度かかるということです。

いま申し込んでも夏休み中に届かない可能性があるので、読書感想文用の本としてはおすすめできません。

お得に読書

お得に読書をたのしむ

SNSを見ると、毎年このキャンペーンでリピート応募をしているご家庭も多いようです。

読書の機会を多く持たせたいというパパママにぴったりのこのキャンペーンで、子どもと一緒にお得に読書を楽しんでください。(執筆者:金子 ゆかり)