株式投資初心者である筆者にとって、手元に届く株主優待は楽しみのひとつと言えます。

また投資をしている企業とのつながりを感じられるのもうれしいです。

2020年度にわが家に届いた株主優待の案内の中から、ぜひお子様をお持ちの方におすすめしたい3選をご紹介いたします。

(1) オリックス(8591)

オリックス
≪画像元:オリックス

・ 業務内容 その他金融業

・ 株価1,278円

・ 最低取得株数100株

・ 最低取得金額 12万7,800円

・ 権利確定月 3月末日・9月末日

株主優待の内容

・ 100株以上でふるさと優待(3月末1回)

 Aコース(3年以上継続保有)

 Bコース(3年未満保有)

・ 株主カード(年2回)

生命保険や金融といった、非常に幅広い事業内容をもつオリックスグループですが、プロ野球チームであるオリックス・バファローズや、旅館・ホテルといったレジャー産業・施設も多数運営しています。

オリックスの株主優待であるふるさと優待は、全国各地の地場商品などをチョイスしたカタログギフトです。

ふるさと優待の中でおすすめしたいのが、やはりオリックスグループの運営するレジャー施設に関する優待です。

お子様をお持ちの方に特におすすめなのが、オリックス水族館株式会社が運営する水族館の年間パスポートです。

・ すみだ水族館年間パスポート引換券(2枚)(大人1枚4,600円、最大9,200円相当)

・ 京都水族館年間パスポート引換券(2枚)(大人1枚4,400円、最大8,800円相当)

株主優待で水族館の年パス

こちらは昨年度の京都水族館年間パスポートです。

年間パスポートを持っていると、それ自体がお得なのはもちろんのこと、年間のレジャーにかかる費用そのものも抑えられるので、2倍お得な印象になります。

関西在住の筆者は、京都水族館の年間パスポートを毎年いただいています。

また株主カードを使っての優待として宿泊やレンタカーの割引も豊富にありますので、節約好きとしては要チェックです。

(2) 株式会社ヤマウラ(1780)