スワップポイントはFXの魅力のひとつでもあります。

スワップポイントは通貨を保有するだけ得られ、誰もが憧れる「不労所得で生活」が実現できるかもしれません

ではスワップポイントで生活するためには、どのくらいの投資金額が必要なのでしょうか。

そこで今回は、一般的な1か月の生活費である20万円をスワップポイントで得るには、どのくらいの資金が必要か検証していきたいと思います。

FXのスワップポイントでもうける

スワップポイントはどれくらいもらえるのか

まずはスワップポイントがどのくらいもらえるのか見ていきます

簡単な一覧表があるので以下をご覧ください。

スワップポイントの簡単な一覧表

※米ドル/円は1万通貨、それ以外10万通貨で表記

※2020年8月12日時点のスワップポイントを各社公式HPから引用

上記の表からわかる通り、スワップポイントは通貨ペアとFX会社によって大きく異なります。

たとえば同じトルコリラ/円であっても、YJ FXとSBIトレードでは80円も差があります

そして注意しなければならないことは、「スワップポイントは日々変動する」ということです。

毎日この金額が受け取れるわけではないことを理解しておきましょう。

またFXでスワップポイントを効率的に得るには、米ドルのような低金利通貨よりも、トルコリラやメキシコペソなどの高金利通貨を保有した方がいいでしょう。

以上をまとめると、スワップポイントで生活するためには以下の条件を示せます。

・ スワップポイントをなるべく多くもらえるFX会社を選ぶ

・ 高金利通貨を保有する

ではさっそく、スワップポイントで1か月に20万円を得るにはどのくらいの資金が必要か検証していきます。

スワップポイントで生活するにはいくらの資金が必要か検証

スワップポイントで生活するための前提条件をお伝えしましたが、資金効率を上げるためにもうひとつ条件を加えてみます。

それは「レバレッジ」を活用することです。

レバレッジは「てこの原理」といわれ、FXの取引でよく使われます。

国内FX会社では最大25倍のレバレッジをかけることが可能です。

今回はレバレッジを活用し、高金利通貨である「南アフリカランド」と「メキシコペソ」で検証していきたいと思います。

※為替レートは2020年8月22日時点で計算

南アフリカランド/円で月20万円得るためには

南アフリカのランド

まず南アフリカランド/円の通貨ペアから見ていきましょう。

ここでは2020年8月のGMOクリック証券のスワップポイントで計算していきます。

・ 1か月に得られるスワップポイント:1,490円(1か月のスワップポイントの合計)

・ 月20万円のスワップポイントを得るために必要な通貨量:1,343万通貨(≒20万円 ÷ 1,490円×10)

・ 必要な資金:8,278万8,800円(1,343万通貨 × 6.16円)

つまり南アフリカランド/円でスワップポイントで生活するためには、約8,278万円の資金が必要になります。

結構大きな金額が必要だと感じることでしょう。

ここではレバレッジ25倍で運用してみます。

レバレッジ25倍で運用:8,278万8,800円 ÷ 25=330万9,152円

このようにレバレッジ25倍をかければ、約330万円の資金で月20万円を得られます。

スワップポイントを得るには、レバレッジを適度に利用した方が効率的といえそうです。

続いてメキシコペソ/円を見ていきます。

メキシコペソ/円で月20万円得るためには

メキシコ ペソ

こちらも2020年8月のGMOクリック証券のスワップポイントで計算していきます。

・ 1か月に得られるスワップポイント:1,250円(1か月のスワップポイントの合計)

・ 月20万円のスワップポイントを得るために必要な通貨量:1,600万通貨(20万円 ÷ 1,250円×10)

・ 必要な資金:7,696万円(1,600万通貨 × 4.81円)

つまりメキシコペソ/円でスワップポイントで生活するためには、7,696万円の資金が必要になります。

こちらもレバレッジ25倍で計算してみましょう。

レバレッジ25倍で運用:7,696万円÷25=307万8,400円

レバレッジ25倍をかければ、307万8,400円の資金で月20万円を得られます。。

このように高金利通貨でスワップポイントが多くもらえるFX会社を選び、レバレッジを活用すれば比較的少額でも月20万円を得ることが可能です。

ただしスワップポイントを得る上で注意点もあります

これらについて以下で説明していきます。

スワップポイントを得る上での2つの注意点

スワップポイントで生活するためには、安定的にスワップポイントを得ていく必要があります。

そのためには以下の2点に注意が必要です。

・ 為替変動に気を付ける

・ レバレッジをかけることでロスカットされるリスクが高まる

まず為替変動についてです。

高金利通貨であるトルコリラやメキシコペソは、為替変動が激しいです。

このような国では政治が安定しおらず、通貨の流通も少なく、為替が安定しません

たとえば急な政治体制の変更や、金融政策の変更などで為替が大きく変動する可能性があります。

スワップポイント運用では、通貨を売買することはありません

しかし、仮にどこかのタイミングで決済するとなると、為替変動により損失が発生してしまうことに注意しましょう。

続いてレバレッジをかけることでロスカットされてしまうリスクが高まる点です。

FXではポジションを保有し、含み損が大きくなると強制的に決済される「ロスカット」が行われます。

このロスカットは、レバレッジをかけるほど発生する可能性が高くなります。

せっかく安定的にスワップポイントを得ていても、ロスカットされてしまえば元も子もありません。

レバレッジをかける時は、このようなロスカットリスクを十分に理解してから取引しましょう。(執筆者:福森 俊希)