ひと昔前なら、小説を書いて収入を得ようと思うと出版しかありませんでしたので、高いハードルがありました。

しかし、近年では収益を得られる小説投稿サイトも増えていて、ブログをアップする感覚で収入を得ることも可能です。

この記事では、今すぐ始められる小説の収益化について解説します。

読者からの反響が収益になる「投げ銭型の小説サイト」

投げ銭型の小説サイト」では、読者からの反響が大きければ大きいほど収益を得られます。

投稿した小説を読んだ読者がポイントやアイテムをプレゼントできる仕組みで、投稿者は受け取ったポイントやプレゼントを換金することで収益化が可能です。

代表的な「投げ銭型の小説サイト」を紹介します。

1.「ノベルアップ+」

ノベルアップ+
≪画像元:HOBBY JAPAN

スタンプや応援ポイントなど読者からの反応が得やすく、投稿のモチベーションを保ちやすいサイトが「ノベルアップ+」です。

「ノベルアップ+」は投稿されている小説にスタンプで気軽に感想を伝えられる仕組みで、読者から反応をもらうハードルが低くなっているのが特徴です。

また、ノベルアップ+では、スタンプやコメントとともに次の2種類のポイントを贈ることが可能です。

2種類のポイントを贈ることが可能
≪画像元:HOBBY JAPAN
・ 応援ポイント
・ ノベラポイント(貢献ポイント)

応援ポイントは毎日のログインでプレゼントされる無料のポイントですが、ノベラポイントは有料のポイントです。

読者から贈られたノベラポイントは、投稿者のポイント口座に「貢献ポイント」としてカウントされます。

貢献ポイントは約6割程度のレートで換金が可能で、貢献ポイントが1,000ポイント貯まると約600円相当の収益になる計算です

筆者も「ノベルアップ+」に小説を投稿していますが、他の投稿サイトと比べて反応が多く、モチベーションアップになっています。

2.「note」

note
≪画像元:note

情報発信のプラットホームとしてクリエイターの発信ツールになっている「note」でも、投稿した小説を投げ銭形式で収益化できます

noteでは、次の2つの方法で収益を得られます。

・ 小説そのものを有料で販売する

・ 読者に任意でサポートしてもらう

SNSなどで多くのフォロワーを抱えているなどの一部の方を除くと、有料の小説を読んでもらうというのはハードルの高いことです。

従って、noteで小説を収益化する際には「クリエイターサポート機能」での投げ銭が現実的です。

noteの「クリエイターサポート機能」
≪画像元:note

noteでは、読者が任意の金額でクリエイターをサポートすることが可能で、クリエイターが読者からの投げ銭を受け取れます

また、クリエイターサポート機能はデフォルトでオンになっています。

投げ銭型よりも稼ぎやすい「広告収入型の小説サイト」

「広告収入型の小説サイト」は、投げ銭型の小説投稿サイトよりも収入を得やすいと言えます。

投げ銭型の小説投稿サイトでは、読者が身銭を切って作者に投げ銭をしなければなりません。

従って、小説が読まれただけでは収益を得られません

しかし、「広告収入型の小説サイト」であれば、小説のアクセス数に合わせて誰でも収益を得ることが可能です。

ここでは、初心者でも小説を収益化しやすい「広告収入型の小説投稿サイト」を紹介します。

1.「カクヨム」

カクヨム
≪画像元:カクヨム

大手出版社の角川書店が運営する「カクヨム」では、投稿した小説を収益化できる「カクヨムロイヤリティプログラム」が提供されています。

カクヨムロイヤリティプログラム」では、投稿された小説のPV数(アクセス数)に応じて「カクヨムリワード」を獲得できます

「カクヨムリワード」は月間のカクヨムの広告売上に応じて変動する換算レートで換金可能で、2019年10月の例を挙げると1PVあたり0.12円の還元実績です。

カクヨムロイヤリティプログラム
≪画像元:カクヨム

カクヨムに投稿されている人気作品には月間PV数が10万・100万という作品も珍しくありません。

小説を投稿するだけで月間10万オーバーの広告収入を得られる可能性があるというのは、夢がありますよね。

2.「アルファポリス」

アルファポリス
≪画像元:AlphaPolis

小説の投稿やPV数(アクセス数)に応じて「投稿インセンティブ」をもらえる小説投稿サイトが「アルファポリス」です。

アルファポリスに投稿した小説には、作品のPV数などに応じて「24h.ポイント」が付与されます。

「24h.ポイント」はアルファポリスの広告収入をベースとしていて、スコアとして作者に還元される仕組みです。

獲得したスコアは1スコア = 1円として、

・ Amazonギフト券
・ iTunesギフト券
・ 楽天銀行かんたん振込

で、換金できます

アルファポリスでは月間20万~30万スコアを獲得している方も少なくありませんので、人気作品をアップできれば小説で得た収益で生活をすることも不可能ではありませんね。

小説を収益化する際の注意点

不正な方法でのPV稼ぎやランキング操作をするとアカウントが削除されてしまう可能性もありますので注意が必要です。

各サイトに投稿された小説は、読者によってレビューや感想を書かれることで拡散されます。

実際に小説を読まれた方のレビューは他の読者にとっても有益になるので、レビューの書かれた作品はPV数が増えることが多くなっています。

こうした背景もあり、複数アカウントでの自作自演や対価を払ってレビューを依頼するという不正も起こってしまいます。

各投稿サイトではそうした不正に対する対処を進めていますので、小細工でアクセス数をアップすることを考えるよりは正攻法で読まれる作品に力を注ぐほうが効果的だと言えます。

小説は十分に副業になる

自分が書いた小説は、「投げ銭型」・「広告収入型」の2つの方法で収益化できます。

また、各小説投稿サイトでは複数サイトでの重複投稿が禁止されていませんので、1つの作品を「投げ銭型」・「広告収入型」の2つのスタイルのサイトに投稿することも可能です。

小説投稿サイトでは月間10万円以上の収益を上げられている方も少なくありませんので、今すぐ自分の小説の収益化を実現するのも夢ではありません。(執筆者:副業経験豊富な買取店店長 松本 勝)