コロナの影響で、就職・転職状況は一変しました。

航空業界などで、新卒採用の取りやめ・縮小の動きも見られます。

コロナによる混乱はまだしばらく続くとみられ、1年後の状況は誰にもわかりません。

こんなときだからこそ、未来のためにスキルを磨きをおすすめします。

おすすめのスキルは「英語とプログラミング」です。

スキルアップに役立つサイト4つ

現代の必須スキル、英語とプログラミング

なぜ英語とプログラミングなのでしょうか。

それは、これからの企業が求める「IT人材」、「グローバル人材」になるために必要だからです。

ポイントは日本の少子化です。

(1) 2030年には約79万人のIT人材が不足する見込み。(経済産業省のレポートによる)

(2) 日本国内の売り上げは頭打ちになるため、企業は海外展開を推進します。

そこで現地リーダーを任せられる人材を獲得したいのです。

英語とプログラミング、どちらか1つでもいいのですが、両方できるとかけ合わせ効果が生まれ、より市場価値が上がります

初任給が700万越えも 新卒も実力主義の時代

企業が求める人材になれたら、どのような差別化があるのでしょうか。

従来の日本は、新卒ほぼ一律の初任給でしたが、昨年あたりから初任給が実力別に設定される企業が出てきました

例えばソニーは、AI(人工知能)人材の初任給を最高730万円にアップし、世間を驚かせたことを覚えている方も多いのではないでしょうか。

他にもユニクロやくら寿司、メルカリなどよく利用する企業でもこの動きが見られます。

優秀な人材は世界レベルで獲得競争が起きているので、日本の企業も見劣りしないよう世界の給与水準に合わせているのだそうです。

おすすめアプリとオンラインスクール(学習サービス)4種

初任給が大きくアップする可能性や、海外で働くチャンスが広がる英語とプログラミングスキルを、コロナで混乱している今のうちに身につけましょう。

筆者おすすめの無料~低価格サービスを4つ紹介します。

【おすすめアプリ1】Duolingo

英会話アプリデュオリンゴ
≪画像元:Duolingo

今まで英語の勉強を避けてきた人でも大丈夫です。

連続ログインでアイテムがもらえるなど、ゲーム感覚で楽しみながら学べる無料アプリです。

ちょっとした隙間時間でもでき、かさばるテキストも必要ありません

しばらくログインしないと、キャラクターの鳥からメッセージが届いて励ましてくれます。

まずはDuolingoで英語に触れる時間を増やしませんか。

【おすすめアプリ2】Progate

プロゲート

初心者の方が挫折せず、プログラミングを好きになるように作られたオンライン学習サービスです。

2020年7月には全世界のユーザーが150万人を突破しました。

まずは無料で興味のあるコースを受けてみてください。

きっと簡単で面白いので夢中になります。

ある程度以上は有料会員にならないと受けられませんが、できるだけ低額にしたいという思いから、月額980円(税抜き)で全コース受講可能です。

1か月だけ有料会員になって、集中して1つの言語を学ぶ方法もおすすめです。

プログラミングは繰り返すことで定着率がアップします

「何を学んだらいいかわからない」という方向けに、おすすめのコースも設定されているので、全くの初心者の方でも大丈夫です。

【おすすめオンラインスクール1】Awesome Ars Academia(オウサムアルスアカデミア)

オウサムアルスアカデミア
≪画像元:Awesome Ars Academia

こちらはセブ島を拠点とするIT留学スクールです。

コロナウイルスの影響により、現在セブ島へは行けませんが、オンラインコースがたくさん新設されました。

無料体験レッスンを毎月実施されています。

参照:Peatix

プログラミング好きのお子さんでも受講可能なPython(パイソン)や、ワードプレスなど、敷居が低く気軽に参加できます。

筆者もいくつか受講しました。

こちらの学校では英語でITが学べるコースもあります。

IT留学の無料オンライン体験講座もあります。

いきなり「英語で学ぶ」ことに不安を感じる方もいらっしゃるでしょう。

日本人スタッフがTA(ティーチング・アシスタント)として参加してくれるそうです。

【おすすめオンラインスクール2】MOOC

MOOC(ムーク:Massive open online course)とは、世界中の一流大学の授業をオンラインで受講できるサービスです。

初めてMOOCを受講されるなら、まずは国内のコースがおすすめです。

参照:Fisdom

さらに深く学びたかったら、「学びたい言語+MOOC+おすすめ」 などで検索するとたくさんヒットします。

無料で世界一流の講義を受講できるMOOCは見逃せません

オンライン学習ならほとんど無料

1年先の世界がどう変わるか全く見えない状況ですが、冷静に「今できること」を見つめて、将来の自分のためにスタートを切りましょう。

ITと英語が使える人材は、初任給が一般入社の倍以上という企業も現れました。

オンライン学習ならほとんどお金をかけずに学ぶことが可能です

始めるのに、高い費用を払ってスクールに通う必要はありません。(執筆者:安藤 鞠)