イオンカードといえば、毎月20日・30日の5%オフ、毎月10日のポイント倍付などのメリットが有名です。

しかし、イオンカードにはこれ以外にも知られざるメリットがあります。

隠れたメリットを知ると、イオンカードがあらためてすごいカードだと分かっていただけるでしょう。

【メリット1】即日発行が可能(一部店舗)

即日発行が可能

イオンカードの「カード店頭受取りサービス」を利用すれば、即日発行が可能です。

オンラインで申し込み、最短30分で審査結果がメールで送られてきます

受取期限内(申込から1週間)の10~18時に、本人確認書類を持参してイオン内の「イオン銀行」(一部店舗はイオンクレジットサービスカウンター)で受け取ってください。

17時までに申込完了すれば、最短で当日中にカードを受け取れます

利用できないサービスもある

利用できないサービス

当日中に受け取れるのは「即時発行カード」で、

・ イオングループ・イオンマークのある加盟店でのショッピング

・ ときめきポイントを貯める

・ 毎月20日・30日の5%オフなどの特典

を利用可能ですが、

・ イオンマークのない加盟店でのショッピング

・ キャッシング

・ 電子マネー「WAON」

・ タッチ決済

は利用できませんので、後日自宅に郵送される「本カード」を待ちましょう

【メリット2】スマホでもカードを受け取れる

スマホでもカードを受け取れる

・ カード店頭受取りサービス実施店舗が近くにない

・ もっと早くカードを利用したい

という人は、スマホでカードを受け取れる「イオンウォレット即時発行」も便利です。

対応スマホ・対応銀行口座を持っている方は、カード申込時に「イオンウォレット即時発行」を選択すると、最短5分後に審査完了メールが送られます(21時30分までの申込が必要)。

メールに記載のID・パスワードでイオンウォレットにログインすれば、申し込んだカードがスマホに表示されます。

あとは、Apple Payか電子マネー「iD」の登録をすれば、Apple Pay・iDの加盟店で利用可能です。

イオンで利用すれば、お客さま感謝デーなどの特典も適用されます。

ネットショッピングにも利用可能

カード番号とセキュリティコードも表示できますので、ネットショッピングにも利用可能です。

なお、「本カード」は後日自宅に郵送されます

【メリット3】ETCカードに付く5万円の「お見舞金制度」

お見舞金制度もある

万が一、イオンETC専用カードを利用中に開閉バーに衝突して、車に傷が付いた場合、年1回一律5万円がお見舞金として支払われます

筆者のように普段あまり高速道路を運転しない人は、料金所で事故を起こす可能性が高いので、あると安心です。

・ ETCカードを車載器に挿入していない

・ ETCのバー以外に衝突した

・ 2回目以降の事故など

お見舞金の対象外となるケースがあります。

【メリット4】「おいしい水」を無料でもらえる

おいしい水が無料
≪画像元:WAON

・ WAON搭載カード

・ イオンカード

・ イオンカードセレクト

・ イオンゴールドカード

・ イオンオーナーズカード

のカード保有者は、「おいしい水」の自動販売機を無料(通常は2Lで20円)で利用できます。

逆浸透膜(RO膜)によって不純物を除去した「純粋水」(RO純水)で、店舗によって水の名前は異なるものの、安心・安全には変わりありません。

専用ボトルをサービスカウンターで購入したら、販売機にボトルをセットしましょう。

イオンカードを販売機に挿入してボタンを押すと、ボトル洗浄水が出ますので、ゆすいで水を捨ててください

再度セットすると、飲めるお水が出てきます。

ただし、「おいしい水」自動販売機の無料利用は、10月20日で終了する店舗もあるようなので、店舗で確認してください。

また、即時発行カードではこのサービスを利用できません

【メリット5】磁気不良のクレカが復活できる

磁気不良のクレカが復活できる
≪画像元:イオン銀行

クレジットカードを使っているうちに、磁気が弱くなってしまうことがあります。

そんなときは、磁気テープ部分をこすって祈るか、再発行するかのどちらかでした。

しかし、イオンカードは磁気を復活させられます

磁気不良のイオンカードを持ってイオン銀行ATM(0~6時を除く)に行き、「イオンカード」→「カード磁気データの復元」とボタンを押したら、イオンカードを挿入するだけで、約10秒後には磁気が復活したイオンカードが出てきます。

ただし、こちらのサービスはイオン銀行発行のクレカ(イオンカードセレクト・イオン銀行キャッシュ+デビット)が対象で、それ以外で発行されたイオンカードでは利用できません

【メリット6】秀逸なショッピング保険

年会費無料カードの中で、イオンカードはショッピング保険が最も充実しています。

他社のゴールド・プラチナよりも充実しているかもしれません。

補償期間が180日間

一般的なショッピング保険は、対象商品を購入してから90日間しか補償してくれません。

一方のイオンカードは、その2倍の180日間も補償してくれます。

利用場所・支払い回数を問わない

ショッピング保険の中には、海外での利用のみ対象で国内は対象外、というものもありますが、イオンカードは国内外どこで利用しても補償対象です。

支払い回数についても、1回払い・2回払いを対象外としているクレカも多い中、イオンカードは国内の1回払いでもしっかり補償してくれます。

スマホなども補償してくれる

多くのショッピング保険では、カメラ・PC・スマホなどの電子機器を補償の対象外としています。

破損リスクが高く、被害額も大きいこれらが対象外なのは、痛いです。

しかし、イオンカードはカメラ・PC・スマホなどの電子機器も対象となります。

補償金額も年間50万円(イオンゴールドカードは年間300万円)ですので、「足が出る」こともないでしょう。

ただし、クレジット払い以外の決済は対象外、貴金属・現金類・義歯・動植物・飲食物など、補償対象外の商品もあります

【メリット7】対象店の利用でポイントがさらに貯まり、割引もある

イオンカードには、「ときめきポイントクラブ」というポイントアップ店があります。

通常は還元率0.5%のイオンカードですが、以下のお店を利用すると還元率がアップします

・ コスモ石油:2倍(1%)

・ アート引越センター:2倍(1%)

・ ルネサンス:2倍(1%)

・ ワタミグループ:2倍(1%)

・ 得タク:3倍(1.5%)

・ 近畿日本ツーリスト(店舗・オンライン):2倍(1%)

・ 日本航空(オンライン):2倍(1%)

・ サンエックスネットショップ(オンライン):2倍(1%)

優待店なら割引を受けられる

ポイントでなくすぐにお得になりたい人は、以下の優待店を利用するといいでしょう。

・シダックス:室料30%オフ

・大江戸温泉物語:入館料割引

・ドミノピザ:デリバリーのMLサイズピザ30%オフ

・ニッポンレンタカー:基本料金から15%オフ

・イオンシネマ:300円オフ

【メリット8】ゴールドカードの年会費が無料

ゴールドカードの年会費が無料

年会費無料のイオンゴールドカードには、

・ 最高5,000万円の海外旅行保険、最高3,000万円の国内旅行保険

・ 年間300万円のショッピング保険

・ イオンラウンジ(現在休止中)

・ 国内空港ラウンジ

などのメリットがあります。

イオンゴールドカードは招待制ですが、その基準が「直近年間100万円以上のイオンカードでのショッピング」と明確なので、目指すべ目標が定まります。

地味にスゴいイオンカード 隠れたメリットをフル活用しよう

今回は、イオンカードの隠れたメリットを紹介しました。

そこまでメリットのなさそうなイメージがあるイオンカードですが、ショッピング保険の充実ぶりを見ると、光り輝いて見えます。

無料のお水や優待店など、チリツモ的にお得なカードでもあります。

利便性も高いイオンカード、ぜひフル活用してください。(執筆者:角野 達仁)

イオン利用者は必携:イオンカード(WAON一体型)公式サイト