昨今は、楽天グループにおける幅広いサービスを指して「楽天経済圏」と呼びます。

実は、日常の生活を「楽天経済圏」に集中させる、つまり楽天のサービス内に集約することによって利用金額に応じたポイントの倍率を高め、日々の固定費を楽天グループのサービスで回すことでよりお得に生活ができるのです。

楽天グループの各種サービス

楽天グループには日々の生活に必要なサービスを多岐にわたり展開しています。

旅行専門の楽天トラベルや電力の供給には楽天でんき、携帯・通信は楽天モバイル、株や証券には楽天証券、お金の預け入れ送金等には楽天銀行といったようにあらゆるサービスが存在しています

SPUとは

楽天のSPUについて
≪画像元:Rakuten

SPUとは、対象サービスの条件を達成すると、その月の楽天市場での買い物分のポイントがアップするサービスです。

ここでの注意はあくまでも楽天市場内でのお買い物に限るポイントアップだということです。

月末の時点のポイントが、さかのぼって月初からの全ての楽天市場内での買い物に対するポイントの倍率に適用されます

対象サービス

・ 楽天会員 1倍

・ 楽天モバイル 1倍

・ 楽天ひかり 1倍

・ 楽天銀行 × 楽天カード 1倍

・ 楽天プレミアム / ゴールドカード 4倍

・ 楽天の保険+楽天カード 1倍

・ 楽天でんき 0.5倍

・ 楽天証券 1倍

・ 楽天トラベル 1倍

・ 楽天市場アプリ 0.5倍

・ 楽天ブックス 0.5倍

・ 楽天kobo 0.5倍

・ 楽天Pasha 0.5倍

・ Rakuten Fashion 0.5倍

・ 楽天TV 1倍

・ 楽天ビューティー 1倍

対象サービスは上記の16個です。

利用回数や利用金額、利用契約などこれらのサービスひとつひとつに条件と対象ポイントアップ倍率が設定されています。

全てをクリアすると最大16倍のポイントアップになります

現在わが家では6個の条件を達成しているため、楽天市場内の買い物は常に全てポイント8倍です。

通常楽天市場内での買い物に対するポイントは1%(100円で1ポイント)なので、

100円で1ポイント
1,000円で10ポイント
1万円で100ポイント

ですが、常に8倍ということは

100円で8ポイント
1,000円で80ポイント
1万円で800ポイント

です。

楽天の各種サービスを使っているだけで同じ買い物でもこれだけの差が生まれるのです。

ハードルの低いもの

上記のように紹介してきましたが、家のWifiを楽天ひかりにしたり楽天の保険を契約するなどといったことをすぐにするにはハードルが高いと思います。

そこで、SPUの中でも簡単にできるものを紹介します。

楽天市場アプリ

楽天市場アプリダウンロードキャンペーン
≪画像元:Rakuten

楽天市場アプリをダウンロードし、アプリより楽天市場で買い物をすると、楽天市場内の買い物ポイント0.5倍アップします。

楽天ビューティー

楽天ビューティー
≪画像元:Rakuten BEAUTY

日頃ホットペッパービューティーなどから美容室等の予約をしているという人は、楽天ビューティーからの予約に変えるだけで楽天市場内の買い物ポイント1倍アップします。

※1回3,000円以上

さらにポイントを獲得

楽天ではキャンペーンにエントリーすると、5と0のつく日の買い物がさらにポイントアップします

協賛している楽天イーグルス、ヴィッセル神戸、FCバルセロナが勝った翌日にはポイントアップキャンペーン等のサービスか行われます。

楽天市場マイページより要エントリーですが、ボタン1つでさらにポイントアップするのでおすすめです。

楽天でお買い物してSPUアップ

楽天経済圏をうまく使う

わが家の2019年9月~2020年9月までの楽天スーパーポイント合計獲得ポイントを調べたところ合計獲得ポイントは9万1,144ポイントでした。

これだけのポイントを獲得しましたが、楽天カードがわが家のメインカードではないためひと月の利用料金にもばらつきがあり平均しても5~10万円程度です。

仮に年間100万円の利用があるとします。

何もしなければ1万円相当のポイントしかつきませんが、わが家の場合は8万円相当のポイントがつくのです。

このうちSPUでの獲得分は月平均1,500ポイント程度です。

年間で1万8,000ポイントです。

このポイントはSPUでのポイントアップがなければ獲得できないポイントです

街での買い物分にはSPUは適用されません

日頃のサービスを楽天に移すだけで利用金額にもポイントが加算され、市場の買い物分のポイント倍率もアップするため非常にお得になります。

とてもお得な楽天経済圏でのサービスを試してみてはいかがでしょうか。(執筆者:藤上 かほ)