せどりで必要な物、あれば便利な物

せどりはあまり大がかりな設備投資も必要なく、極端な話スマホ一本と自宅にあるようなものがあればできる手軽なビジネスです。

ただ、あると便利なものがいくつかあり、そろえることで効率的にせどりが行えるようになります。

今回はそんなせどりで必要なもの、あると便利な物を一覧で紹介します。

せどりにどんなものが必要か、何に使うのか、またどこで買えば安いのかも解説していきます。

せどりでは主に以下のものが必要になります。

・ スマホ
・ パソコン
・ プリンター
・ A4コピー用紙
・ 銀行口座
・ 段ボール箱
・ プチプチ
・ 封筒
・ OPP袋
・ セロハンテープ
・ カッター
・ はさみ
・ ガムテープ

あるといろいろ便利です

扱う物や人によって必要なものは多少変わりますが、基本的には上記の物があればOKです。

スマホ

写真を撮ったり、フリマアプリへ出品したりはもちろん、お店で相場リサーチする際にも大活躍します。

なければ話にならないレベルです。

タブレットやノートパソコンで代用できなくもないですが、手軽にリサーチできませんし大きくて不便です。

もちろん持っている方はそのままそれを使用すればよいのですが、持っていない方はできれば用意してください。

・ カメラ機能
・ ネット環境
・ フリマアプリなどがインストールできる

この3つができるば、どんな機種、どこのキャリアでも構いません。

ただ、ファーウェイのスマホは「App gallery」という特殊なアプリストアが入っていて、使えるアプリや使い方にやや癖があるので避けたほうが良いでしょう。

若干やりにくいというだけでできないわけではありません。

またお店でリサーチしていると結構データ容量を使うので、データプランはせどり用で2~5GBほど使えるようにしておきましょう

仕入れ頻度によりますが頻繁にリサーチしていると数GBはすぐに使ってしまいます。

パソコン

スマホと違い、必須ではありませんがあると出品やリサーチがしやすくなります。

例えばAmazonやヤフオクはもちろん、メルカリやラクマもパソコンのブラウザ上から出品が可能で写真の管理や商品説明の入力がしやすいです。

さらに売るための必須テクニック、表示順位の古くなった商品を削除して再出品をするときもブラウザページを2つのページに分けてコピペすることで簡単に再出品ができます。

そのほかにも売れた商品や在庫の情報管理、確定申告用の帳簿付けや会計ソフトの使用などさまざまな点で便利です。

全く使えない人がわざわざ用意する必要はないと思いますが、パソコンが家にある方はぜひ活用してください。

もし新しく買う場合、せどりのためだけに高価な高スペックPCを用意する必要はありません。

もちろんスペックが高ければサクサク動いてより快適ですし、Excelなどのofficeソフトが入っていると便利ですが、そのためにお金をかける必要はないでしょう。

≪画像元:Amazon

*値段は変わることがありますので、ご了承ください。

ASUSやLenovoであれば2~3万円からパソコンが購入できます。

この価格だとOfficeソフトなどは入っていませんが、データ管理であれば無料のGoogleスプレッドシートで代用できるのでいりません。

スペック的には結構もっさりしますが、せどり専用として余計なソフトやアプリを入れなければ普通に使えます。

2~3万円も厳しいという方は、メルカリで1~2万円台の激安PCを購入してもいいでしょう。

当たりはずれもあるので決しておすすめはしませんが、初期費用を抑えたいという方の選択肢としてはありだと思います。

スマホの小さい画面でポチポチやるよりはるかに効率が良いので、パソコンの導入も検討してみてください。

扱う商品数が多くなればなるほどパソコンによる作業が有利です。

プリンター

ネットで仕入れた商品の伝票やAmazonの納品書を印刷したり、FBAに送る商品のラベルを印刷したりと大活躍します。

これもパソコン同様、高いスペックは必要ありません。

解像度が高いとか印刷がきれいとか一切不要で、文字さえ印刷できればOKなので一番安い機種を購入しましょう。

安いプリンターで十分だけど新品がいい
≪画像元:楽天ビック

新品でも楽天市場で4,500円くらいから売っています。

普通に動けばいいので、掘り出し物があればリサイクルショップやメルカリで買ってもいいかもしれません。

ただ、正直中古品でも3,000円以上はしますので、新品を4,000円~5,000円で買ったほうが良いでしょう。

A4コピー用紙

プリンターで印刷するときにも使いますが、それ以外にもメモ用紙代わりにしたり仕入れや経費のレシートを張り付けて保管できるのであると便利です。

A4の500枚入りが一般的で、副業程度ならとりあえず500枚あれば十分です。

どこで買っても構いませんが、楽天やモノタロウでだと500枚単位で買うと送料がかかり割高でした。

まとめ買いするか、500~1,000枚なら近くのお店で何かのついでに買ってしまったほうが安そうです。

銀行口座

せどりに限らず、何か事業をやるなら副業でも必ず専用の銀行口座を作っておきましょう。

普段使っている生活用口座と一緒にすると入出金が管理できなくなり、キャッシュフローが見えなくなります

・ 仕入れ
・ 売上げ
・ 残りの資金

正確に把握できるよう必ず専用の口座を用意しましょう。

入出金のある口座と一緒でなければどこの銀行でも構いませんが、せどりでは売上金の入金や、生活費の引き出しなどがあるので手数料が安い銀行がおすすめです。

東京スター銀行なら手数料が安い
≪画像元:東京スター銀行

例えば東京スター銀行だとセブン銀行やゆうちょ銀行、その他多くの銀行からの出金手数料が月8回まで無料です。

他にもヤフオク販売がメインなら、売上金の振込手数料(1回につき100円)が無料になるジャパンネット銀行にするのもいいでしょう。

メルカリメインの場合はどの銀行でも振込手数料が200円かかるので、出金手数料の安い銀行で選んでください。

段ボール箱

商品を詰めて発送するための段ボールです。

クリックポストやネコポス、コンパクトボックスで送れないような、大きなサイズの商品を扱うときは用意しておきましょう。

できるだけ豊富なサイズをそろえておくと便利ですが、基本的には60.80.100.120.140.160の6サイズを用意しておけばOKです。

宅急便は基本的にこの6サイズで送料が決まります(ヤマト運輸の場合)。

送料に合わせて段ボールを用意する
≪画像元:メルカリ

このように、メルカリのらくらくメルカリ便、宅急便サイズの送料は60・80・100・120・140.160のサイズごとに送料が分かれています。

小さな段ボールでは商品が入りませんし、大きな段ボールでは余計な送料を払うことになりますので、いろいろなサイズの段ボールを用意しておきましょう。

ホームセンターで購入してもいいのですが結構高いですし、持って帰るのも大変なのでネットである程度まとめ買いするのがおすすめです。

いろいろなサイズに対応しているネット
≪画像元:ダンボールワン

ダンボールワンではさまざまなサイズごとに段ボールを扱っていて、価格が安いのはもちろん送料も北海道沖縄以外は送料無料です。

封筒のように深夜コンビニに買いに行けるようなものではないので、いろいろなサイズの商品を扱う場合はちょっと邪魔ですがサイズごとに何枚も用意しておくと便利です。

140・160サイズの出番は少なめで、価格も高いので大きな商品を扱ったり、AmazonFBAに商品を送ったりしないのであれば140.160サイズに関しては少なめでもいいと思います。

買う段ボールに迷ったら、やや大きめのダンボールを買っておいて商品に合わせて大きさを調整してもいいでしょう。

プチプチ(緩衝材)

商品が壊れたり汚れたりしないよう包むのに重宝します。

新聞紙では商品が汚れてしまいますし、見た目もあまりきれいじゃないですよね。

ただこのプチプチ、消費量が激しく価格も結構高いのでできる限り安い所で購入しましょう。

一例として川上産業の「プチプチd36 1200mm×42m」をAmazon・楽天・モノタロウ・アスクルで比較してみました。

・ Amazon:2,893円 + 送料無料=2,893円

・ 楽天:1760円 + 送料660円=2,420円

・ モノタロウ:2,290円 + 送料500円=2,790円

・ アスクル:1,854円 + 送料330円=2,184円

アスクルは商品価格も安く送料も330円と格安で、今回調査した中では1番安く売っていました。

楽天ポイントなどは考慮していないので、人によって1番安い所は変わると思いますし、商品によっても結果は変わると思います。

A4封筒・OPP袋

A4封筒はクリックポストやネコポスサイズの商品梱包に使用する際便利です。

OPP袋は商品を入れて傷や汚れから保護するための透明の袋の事で、特にぬいぐるみや洋服といった汚れやすいものを梱包するときに重宝します。

opp袋はあるととても便利です
≪画像元:Amazon

小さいサイズならそれほど高くはないのでどこで購入しても構いませんが、他の消耗品と一緒にネットなどでまとめて買うといいでしょう。

セロハンテープ・カッター・はさみ・ガムテープ

梱包したり梱包材を切ったりするときに使用します。

100円ショップなど安い商品でいいのですが、カッターだけはホームセンターで切れ味の良いものを買っておくと事故防止になります。

日用品と兼用しない方がよいものがある

せどりで必要なものは多くなく、基本的に家にあるものや普段使っているもので代用できます。

梱包資材や銀行口座は、専用に用意しておいた方が余計なトラブルにならずに済むと思います。

人によって必要な物や、不必要なものもあるので作業をするなかで買い足していき、自分なりの道具をそろえてみてください。

サイトなどに書いてある通りすべてを最初にそろえてしまうと、

「自分にはいらなかった」

「それは代用できた」

など、のちのち不要なものが出てきます。

そろえてからではもったいないので、余計な費用をかけず必要なものだけをそろえてください。(執筆者:せどりや投資も行うマルチな事業主 菊池 貴弘)