日中も気温がそれほど高くなくなり、アウトドアにも良い季節になってきました。

新しくバーベキューやキャンプに挑戦しよう、とお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

けれども、バーベキューに必要な道具をアウトドアブランドのもので集めると、けっこうな出費になります

またそろえてチャレンジしてみて、結局あまりハマらなかったらもったいない、という不安もあります。

情報は調査時のものであり、内容等が変更となっている場合があります。

また店舗により取扱の内容は異なります。

お求めの際には事前にご確認いただけますようお願い申し上げます。

ぜひ100円ショップへ

100円ショップにはバーベキューに必要なグッズがそろっており、超初心者の入門やおためしチャレンジにはちょうどいいです。

ダイソーのインスタントコンロで燻製に挑戦

インスタントコンロ

まず用意したのは300円商品のインスタントコンロです。

こちらは同様の商品がアウトドアブランドなどからも発売されています。

ホームセンターやネットでは480円程度から、高いものだと1,000円程度で販売されています。

またいくつかの店舗で調査したところ、ホームセンターによっては季節商品特価として約300円と、ほぼ100円ショップと同価格で売られていることもあるようです。

どちらにしろ、このタイプのコンロは約300円が底値のようです。

サイズは27 × 22 × 5cmで、燃焼時間は約1時間となっています。

かんたんなスタンドがついていますが、それでもかなり周囲は高温になるようで、下草に少し焦げがついてしまいました

設置場所には十分注意をしてください

セットした様子

開けた様子がこの写真です。

1番上部になっている油紙に火をつけると、そのまま炭火に着火していきますので、特に技術が必要なこともありません。

最初は火の勢いが強いので、小さなお子様が触れてしまわないよう十分注意してください

今回は100円ショップ、今回はダイソーのアイテムのみで燻製に挑戦してみます。

用意したものは、焼き網、アルミ鍋、スモークチップです。

準備したもの3つ

全て100円ショップで用意しました。

なんとスモークチップまでダイソーで購入できました

内容量は50gで、種類もサクラ・クルミ・ナラ・リンゴの4種がありました。

燻製チップは、100g程度の内容量だとホームセンターなどでは1gあたり2円が相場で、100円ショップもほぼ底値と言えます。

ただし、300~500gを超える大容量になると、そちらのほうがお得になるようです。

とはいえ300g以上となるとなかなかの分量になります。

まずはダイソーで試してみて、「楽しい! ハマりそう」と思った時に大容量にチャレンジするのがベストと言えそうです。

具材を置いた様子

アルミ鍋の中にスモークチップ50g(1袋分)を散らし、焼き網を置き、具材を置きます。

グリルストッパー

さらに、焼き網を動きにくくする、グリルストッパーというクリップまでダイソーで手に入りました。

焼き網につけることで、グリルから網が落ちにくくなります。

今回は下のアルミ皿と位置を合わせてセットすることで、焼き網をアルミ鍋から落ちにくくしています

あれば便利なアイテムです。

アルミ鍋でふたをし、そのまま着火

アルミ鍋でふたをし、そのまま着火します。

着火してからセットをするとやけどをする可能性を考え、今回はセットしてから着火をしました。

自然とアルミ鍋の中のスモークチップに火がつき、煙が出て中の具材がいぶされていきます。

10分程度でできる

10分程度で写真のように仕上がりました。

ちなみに、このトレイとイスも100円ショップ商品です。

トレイは100円、イスは150円商品です。

100均トレイとイス

もちろん燻製をしたあとに焼き肉を楽しめます。

燃焼時間は1時間となっていましたが、実際は条件によってはもう少し長く楽しめそうです。

インスタントグリルの受け皿と焼き網は、完全に消火、冷えたあとに周囲のアルミをめくっていくと簡単に外せます

分別廃棄もかんたんです。

価格の比較

というわけで、ここまでに使用してきた製品の費用についてまとめてみます。

ホームセンターはアウトドア製品の取り扱いも多い店舗も多く、また価格帯もさほど高額でなく、初心者向けといえます。

そんなホームセンターの一社であるK社のオンラインショップで同様のものを購入した場合と、ダイソーで実際にかかった費用を比較してみました。

実際にかかった費用を比較

表の価格は税込みです。食材は除いた費用です。

グリルストッパーはホームセンターでの販売がなかったため除外しています。

また段ボール製の簡易スモークセットが600円~1,000円程度でホームセンターにて販売されていることがありますが、こちらではバーベキューはできません

上記のダイソーのインスタントグリルでならば、燻製をしたあとに、バーベキューを楽しめます。

超初心者向けは本当におススメ

自分でバーベキューにチャレンジしてみたいけど、

「高額なセットをそろえるのはちょっと」

「一式用意をしてくれるグランピングもコストが気になる」

という方には、ぜひ超初心者向けとして、ダイソーをおすすめします

ご興味をお持ちの方はぜひ1度ダイソーのアウトドアコーナーをのぞいてみてください。(執筆者:新木 みのる)