ひと昔前まではアーリーリタイアメントといえば脱サラや早期退職制度を使用した定年前の50代後半の方のイメージが強く、若い世代のリタイアメントの話はほとんどありませんでした。

現在はミネリアル世代(20代後半~30代前半)を中心にSNSを使ったビジネスも個人で簡単に始められる世の中となり、サラリーマンにとらわれない自由な働き方が注目されています。

セミリタイア

セミリタイアが流行に

これらの世代の動きにより自由な働き方や新しいライフスタイルを目指したセミリタイアも徐々に流行になってきました。

セミリタイアは海外ではFIRE(Financial Independent ,Retire Early)と呼ばれ各国の若者にも共通する一種のムーブメントになっています。

40代前半でセミリタイアをした筆者も両親や同僚など含め周りからは40代でのリタイアメントはまだ早すぎるといった声が大多数で反対も多いのは事実です。

しかし物事にはベストなタイミングというのもあり、筆者の経験を元に30代~40代のセミリタイアをおすすめする理由を挙げてみました。

20代、30代はサラリーマンとしての経験を積む

20代~30代はサラリーマンとして仕事を始めまだまだ経験も乏しいです。

20代後半~30代前半になると仕事の経験値も上がってきて徐々に責任ある仕事もまかされてくる頃です。

実力ある方は社内にて昇格をするのもこの頃でしょう。

友人との飲み会では仕事の話でも盛り上がるでしょうし、仕事に対しての気力や期待も大きく何よりも仕事が面白い時期だと思います。

将来的なセミリタイアを考えている方もこの年代で焦ってセミリタイアをする必要もなく、サラリーマンとして経験値をさらに積み、社会全体を学ぶ時間も必要です。

サラリーマン時代の経験はその後のセミリタイアライフで使える部分も多く、例えば物事の交渉であったり、マンションや自治会の役員の仕事、PTAなどでもその経験は存分にいかせるでしょう。

経験を積む時期も大切

30代~40代は人生の折り返し地点となる

20代、30代に関しては結婚や出産、マイホームの購入など生活面でも資金面でも人生のターニングポイントになる年代です。

それらの大きな転換期を迎える前のセミリタイアはその後のリスクも伴います

生活スタイルが大きく変わる事で当初のセミリタイアのプランから大きく外れ軌道修正をする必要もでてくるでしょう。

筆者も例外ではなく30代前半で結婚しその後子供を授かり、30代後半にはマイホームも購入しました。

その後第二子が生まれ家族が落ち着いたところでようやく退職について検討をし、無事にセミリタイアできました。

30代後半~40代はある程度の社会経験を積み、また大きなライフイベントが少なくなります。

この期間は人生の折り返し地点にもなっており、残り半分の人生を考える上でもセミリタイアをする年齢としてはベストだと言えます。

体力、気力の衰えの前のセミリタイアがベスト

30代~40代でセミリタイアをするのがベストと考える3つ目のポイントは体力と気力の衰えです。

人生の先輩方の話を聞いてみると50歳を過ぎた頃から急に疲れやすくなり、同時に体力と気力の衰えを感じる方が多いそうです。

また年齢を重ねるに連れ病気のリスクも高くなるでしょう。

病気は体力、気力ともに奪っていく存在となります。

セミリタイアライフは適度な仕事や不労所得等で最低限な収入を得つつ、自由に暮らす事が重要です。

サラリーマン時代に比べ1人の時間や家族との時間は増え、同時に新たな事に挑戦していく時間もあります。

体力、気力なくしては新しい事への挑戦もできず、結果理想していたセミリタイアライフとはほど遠いものになります

体力、気力がある30代~40代にセミリタイアをし、新たな事に挑戦する。

これが充実したセミリタイアライフを送るキーになるでしょう。

新たな事に挑戦していく

自分のライフスタイルとともに考えよう

20代でセミリタイアするには企業での社会経験をもう少し積みたい。

50代でセミリタイアをするには資金の余裕はあってもその後の体力と気力の衰えが心配になります。

そういった中で30代~40代というのは人生の中ではまだまだ体力、気力ともに優れており、社会経験も比較的豊富な時期です。

また1度しかない貴重な人生の折り返し地点となっており、残り半分の人生を見直す上でも絶好のタイミングと言えるでしょう。(執筆者:株式投資で運用資産1億、セミリタイヤを実現 松安 たいき)