動画編集はiPadがあれば可能で、案件によってはパソコンがいらない場合もあります。

・ 動画編集用のパソコンがなくても動画編集をしてみたい

・ iPadだけで動画編集の副業を始めるのは可能か

iPadで動画編集をしたいと思った際、上記のような疑問を持つ方もいらっしゃるかもしれません。

そこでこの記事では、「iPadで動画編集を始めるやり方と報酬の目安」についてまとめました。

iPadだけで 動画編集の副業は可能

iPadだけで動画編集は可能か

近年のiPadは進化が著しく、動画編集もほとんど問題ないほどのスペックを備えています

iPadで動画編集を始める際はいくつか注意点があるので、機種や使用アプリを押さえておく必要があるでしょう。

使用するiPadのおすすめ

動画編集は負荷が大きく、できるだけスペックの高いiPad Proシリーズがおすすめです。

とはいえ無印iPadでも編集は十分に可能で、筆者が使った限りでは致命的な差はないように感じます。

第6世代の無印iPadはメモリが少なく、処理落ちする可能性は高いです。

使用するアプリについて

筆者は実際にiPadで「Lumafusion」というアプリを使い、動画編集を行っています。

2020年9月現在、価格は3,680円で購入可能です。

アプリとしては決して安くない価格設定ですが、扱いやすい上に動作も軽くて安定しており価格以上の価値があります

副業として始めるならどんな運用がおすすめか

iPadを購入するにしても初期投資は必要で、月々の具体的な収支イメージを掴めないと導入しづらいです。

そこで筆者の運用方法と考え方をまとめましたので、ぜひ参考にしてください。

筆者の運用方法と考え方

私は12.9インチのiPad pro 2020年モデルをソフトバンクで契約し、おおよそ月に4,000円ほどの支払いをしています。

ほかにも文字を打ち込むため、Bluetoothキーボードを2,000円で購入しました。

仕事として受ける動画編集の案件は内容によって上下し、一件2,000~5,000円で月に4~5件ほど。

・ アプリ代3,680円

・ キーボード代2,000円

・ 月に契約料金4,000円

つまり最初に1万円ほどの投資で、最低でも投資額以上の収入が得られる計算です。(2,000円の案件を5件受けた場合)

高価な高スペックPCを買うお金がなくても、1万円ほどの投資でリターンが得られるなら挑戦してみる価値はあります

長期的にやるならパソコンはあったほうがいい

パソコンが必要になることも

iPadでも案件次第では十分編集を行えますが、やはり本格的なクオリティを求めるならPCは必須です。

最近では募集する案件にPCソフトを指定するクライアントも多く、挑戦するという意味でもiPadだけで乗り切るのは難しくなります

投資額を小さくして少しずつ挑戦していき、ある程度収益を貯めた段階で動画編集用のPCとソフトを導入すると良いでしょう。

もちろん最初から大きく投資できるなら、動画編集に適したスペックのPCとソフトを買ったほうが無難です。

投資額が少ないもしくはすぐに始めたい方向けに1つの提案として、iPadを使った動画編集はおすすめできます。

まずは挑戦してみよう

筆者は全く動画編集を行ったことがない状態から、手元にあったiPadで動画編集を始めました。

最初はただコンテンツを消費するだけのデバイスが、収益を生み出す仕事道具に変わったのはとても良い経験です。

ステップアップも含めて、ぜひ気になる方は挑戦してみてください。(執筆者:奥泉 望)