手軽に副収入を得てみたいと思うなら、タスク作業が最適です。

とはいえタスク作業がどんな内容なのか、具体的にどれくらい稼げるのかイメージしづらいです。

・ タスクってかんたん作業と聞いたけどホント?

・ 単価が低いって聞いたけどそんなに稼げないの?

タスク作業を副業として始めたいと考えた際、上記のような疑問を持つ方もいらっしゃるかもしれません。

そこでこの記事では実際にタスク作業で月に3万円を稼いだ筆者が、「タスク作業を副業として稼ぐ方法と体験談」についてまとめました。

クラウドソーシングサービスのタスク作業とは

クラウドソーシングサービスではプロジェクト形式やタスク形式といった取り組み方があり、タスク形式はすぐ取り組めるメリットがあります

クラウドワークス
≪画像元:Croud Works

その代わり継続や安定収入は難しく、単価も低い傾向です。

稼ぐ感覚やステップアップとして取り組むと良いでしょう。

タスク作業の例
≪画像元:Croud Works

タスク作業はすぐに取り組めてかんたん

クラウドソーシングサービスに登録し、案件次第ですぐに報酬を得られるのがタスク形式の大きなメリットです。

内容もかんたんなものが多く、アンケートやURL調査の報告・体験談の記事執筆と幅広いジャンルを取り扱っています

案件によって1件5~3,000円まであり、難易度も報酬額に合わせてさまざまです。

筆者の肌感では基本的な依頼内容さえ守れていれば非承認になることはなく、次々に作業をこなしていける感覚があります。

稼ぎたい額を目標に1日の単価を決める

筆者は3万円の副収入を得ようと思った際、「毎日1,000円以上の報酬を得る」という目標にしました。

220円の記事執筆であれば5記事ほどで、ほかにも複数の案件を並行していれば1日500~1,000円は十分に可能です。

あまり単価の低い仕事を選んでいると目標までかなり時間がかかるため、200~300円ほどの案件を数件こなすのが良いでしょう。

タスク案件は非効率なのでステップアップを視野に

時間あたりの効率を高めるなら、タスク案件は非効率です。

ただし納期もなく未経験でも取り組め、作業時間をうまくコントロールすれば月に3万円の副収入は十分実現できます

筆者の場合はまだクラウドソーシングを始めたばかりの頃で、学生時代の夏休みを利用して何時間も取り組んでいました。

その過程で文章を作成する業務に自信が持て、少しずつライティングへ挑戦していけます

ステップアップを視野に

速やかに作業をこなしていくのがコツ

単価が低いタスク作業は、質に注力しすぎていると時間あたりの効率がどんどん下がってしまいます。

筆者は価格と体験談を中心に選び、依頼内容をすぐ読んで思いつくままに書いていきました。

取り組んだ最初の頃は調べたり打ち込みに時間がかかったりしていましたが、後半はできるだけ素早く取り組む意識で時間効率を高めています。

取り組んでいくうちに自分なりの素早くタスクをこなすコツが見えてくるため、質より量を意識すると良いかもしれません。

タスク案件で稼ぐなら時間あたりの効率を意識

タスク案件は時間に縛られず、自分の思い立ったときにすぐ取り組める魅力があります。

しかし自分でしっかりと意識して作業量をコントロールできなければ、目標としている報酬額から遠ざかっていくでしょう。

少しずつ質を高められるようになったら、次のステップでプロジェクト案件へ挑戦すると良いです。(執筆者:奥泉 望)