交通事故は東京都だけでも年間3万件以上起こっています。

けがなどの身体への影響も心配ですが、慰謝料や物損被害の弁償金額などのお金についても悩みの種となります。

私も運悪く交通事故の被害者となってしまいました。

家の近所の歩行者専用の道を歩いていると、誤って侵入してきた車と衝突、全治3か月のけがをしてしまいました。

けが自体は後遺症も残らずに完治して、日常生活に戻れました。

仕事は余っていた有給休暇などを使ったため、給与が減額されなかったので助かりました。

けがを治して仕事に復帰するまでも大変でしたが、それ以上に加害者側との示談交渉が想像以上に大変で、苦労しました。

交通事故の「示談交渉」は 弁護士に相談を

示談が成立するまでの流れ

今回の事故の加害者側は勤務内の交通事故ということで、相手側の会社が損害を賠償してくれることとなりました。

通常であれば加害者側の加入している自動車保険の担当者と、示談交渉をするようです。

先に示談交渉が成立するまでの流れを表にまとめました。

示談交渉が成立するまでの流れ

示談交渉開始から終わるまで3か月以上かかりました。

示談交渉は弁護士に依頼したほうが良い

結論から先にお伝えすると、交通事故の示談交渉は最初から弁護士に依頼したほうが良いということです。

弁護士へ依頼すると示談交渉にかかる労力がなくなり、示談成立までの時間が短縮されます

さらに最終的な示談金額も一般的に増加する傾向にあるようです。

相手は示談交渉のプロ

交通事故の被害者側はほとんどの場合、示談交渉の素人となります。

加害者側の示談交渉担当者はプロです。

「なるべく示談金を低くすること」を仕事の一部としているため、最低限の示談金を平気で提示してきます。

私の場合は85万円でした。

3か月も仕事を休んでいる中、給与の手取り3か月分の90万円に達していない示談金です。

示談金が少なすぎると思い、加害者側の担当者に確認してみましたが、「一般的な金額です」と返事があるだけでした。

それに加えすぐに示談書にサインをしてほしいと自宅まで訪問してきました。

急いで示談交渉を終わらせたいという相手側の態度に不審に思い、弁護士に相談することを決めました。

弁護士に無料相談できるサービス

相談料がかかる弁護士事務所に相談する前に、無料で弁護士相談ができるサービスがあります

国からの助成金などで運営されている、公益財団法人日弁連交通事故相談センターです。

参照:日弁連交通事故センター

国内で発生した交通事故について無料相談でき、私も電話相談や対面相談を利用しました。

相談してみると示談金が250万円くらいが妥当(物損除く)だということがわかりました。

加害者側の最初の提示額は示談金相場の35%です。

もし加害者側の提示する金額で示談書にサインをしていたらと思うと、恐ろしくなりました。

示談書

正式に弁護士へ依頼

弁護士のアドバイスをもとに物損被害額分も含めて320万円で加害者側に示談金を請求しました

物損被害額を計算するための書類を準備したりするのに2週間以上かかりました

加害者側に示談金を請求すると、2か月ほど連絡がこなくなりました。

このまま時効(2年)になるまで、音沙汰がないと困るので正式に弁護士へ依頼しました

私がお願いした弁護士事務所は「着手金20万円 + 成功報酬10%」でした。

正式に弁護士に依頼してから2週間後に305万円(請求金額の95%程度)が、加害者側から提示され、示談交渉成立となりました。

弁護士報酬は48万円程でした。

もしもの交通事故に備える

交通事故のけがが完治してから示談交渉が終わるまで3か月以上かかりました。

交通事故の示談交渉は心身的にも負担です。

示談交渉は、はじめから弁護士へ委任したいと思うほど大変です。

弁護士にお願いする際に悩むのが、弁護士費用です。

自動車保険に加入しているのであれば、弁護士特約を付けておくことをオススメします

ライン弁護士
≪画像元:LINE弁護士
JCBトッピング保険
≪画像元:JCB

自動車を持っていない人には、LINE Financial株式会社「わたしの弁護士相談保険」やJCBクレジットカードのオプションに「弁護士費用サポートプラン」がありおすすめです。(執筆者:一級建築施工管理技士、マンション管理士 田中 かな太)