ニュースや雑誌などでたびたび取り上げられて、キャッシュレス決済の便利さはいまや多くの方の知るところになりました。

なかでも「PayPay」や「LINE Pay」「d払い」などの電子マネーは頻繫にキャンペーンそ開催して普及率を大きく伸ばしています。

家計を握る多くの主婦は、生活費にゆとりを生むために日々節約に向き合っています。

主婦こそ電子マネーを利用すると、ポイントが貯まる以外のメリットがたくさんあります。

今回は、主婦目線で電子マネーのメリットをお伝えします。

主婦にこそすすめたい 電子マネーの 「3つのメリット」

メリット1. ミニ家計簿としての役割

小さな出費や急に立ち寄ったコンビニでの出費などの細かい出費は家計簿を手書きでつけようとすると負担が大きいだけではなく、把握するのも大変です。

書き忘れて、収支が合わないこともしばしばです。

しかし、電子マネー決済であればすべての履歴が残るので、ウェブサイトやアプリ内でいつでも見返すことができます

電子マネーのミニ家計簿としてのメリットは、

・ 出費を忘れることがない

・ 家計簿アプリと紐付ければ、一括で管理できる

・ 何にいくら使ったのか、お金の使い方を把握できる

ということです。

電子マネーを使う前は、収支の合わない部分を「不明金」として家計簿に記載していました。

しかし、その不明金は多い月で数千円に上ることもあります。

せっかく家計簿をつけていても、何に使ったのか分からない金額が多いと意味がありません

電子マネーをメインに使うことで収支がピタリと合うようになり、家計管理のモチベーションも上がりました。

さらに、思わぬ効果があったのは買い食いの減少です。

買い食いをするたびに履歴に残るので使い過ぎていることを自覚するようになり、自制できるようになったのはうれしい変化です。

メリット2. 財布内スペース確保でスッキリと管理

スーパーやドラッグストアなど、日頃の生活に必要な買い物先は多く、その分の現金やポイントカードは増える一方です。

財布が膨らんでごちゃごちゃになることで、中に入っているカードの種類や枚数、お金の流れを把握しにくくなりますよね。

電子マネーをメインに利用することで、現金を多く持ち歩く必要はなくなります。

電子マネーを使うことで減らせるポイントカードがあれば財布はスッキリとします。

財布をスッキリとさせるメリットは、

・ カード枚数を把握しやすくなる

・ 小さめの財布でよくなり、小さいバッグでも持ち歩ける

筆者の場合には、カードの枚数を減らせただけではありません。

あちらこちらに散らばっていたクレジットカード決済の引き落としが電子マネー1つに集約されたので家計管理が極めて楽になりました。

ポイントがより貯まりやすくなったので、電子マネーのキャッシュバックなどのキャンペーンと合わせてよりお得に外食や買い物を楽しんでいます。

電子マネー以外にもアプリで対応できるポイントカードも増えてきているので、定期的に財布の中を見直してみてください。

メリット3. 会計時のやり取りがスムーズ

会計時のやり取りがスムーズ

会計の時間は、少しでも手間を減らし速やかに終えたいものです。

現金の場合には、「お金を渡す」「おつりをもらう」「財布にしまう」と最低でも3ステップが必要です。

しかし、電子マネーなら「スマホを出す」「しまう」の2ステップです。

省略されたのは1ステップですが、毎日のやり取りでこの差は大きいものです。

特に、小さな子どもを連れている場合や荷物で片手がふさがっている場合にはありがたいことでしょう。

コロナウイルスのことを考えると、現金の受け渡しをせずに会計できるのは予防の面でも嬉しいことですね。

電子マネーを使う際の注意

電子マネーを使う際にはいくつか気を付けないといけない点があります。

普段から気にしていないと、使えず困ることがあります。

注意1. 電池切れ

電子マネーはスマホを使うものなので、電源が入っていなければ利用できません。

充電に気を配り、心配な時にはモバイルバッテリーなども活用するのがおすすめです。

注意2. スマホのロック

スマホが財布代わりになると紛失や盗難のリスクも高まります。

スマホのロックはしっかりとかけて持ち運びには十分に気をつけてください。

財布と同レベルのセキュリティを心がけてください。

家計管理も会計もスマートに

今後もキャッシュレス化は拡大していくと思われますが、まだまだ現金管理の方が多いのが現状です。

「便利」「お得」ということばかりが目につきますが、家計管理の面でも大きなメリットがあります。

お金の流れを把握しやすく、スマートに会計できる電子マネーを検討してみてください。(執筆者:萩 みのり)