年末に向けて済ませておきたいことの1つに年賀状の作成があります。

忙しい時期だからこそ、簡単に安く、そしてしっかり思いが伝わる年賀状に仕上げたいものです。

今回は、簡単・安い・キレイが叶う「スマホで年賀状」の価格と利用上の注意点について解説します。

ネット注文と価格を比較

年賀状のネット注文で早期割引を適用した場合、価格相場は30枚で約3,400~5,100円(税込)、早期割引が終了すれば、同じ枚数で約6,000~7,000円ほどコストがかかる場合があります。

30枚注文した場合の1枚あたりの料金例

年賀状を30枚注文するとかかる料金

※カラー印刷の場合

「スマホで年賀状」には早割はありませんが、30枚注文すると約4,000円で、いつでも1枚あたり131円(写真用紙は156円)で作成できます。

1番コストがかからない方法は自作で、1枚あたり74.1円(はがき代63円 + インク代11.1円で計算)です。

ただし、印刷ミスがあればその分コストがかかりますし、なにより作成に手間がかかります。

参照:
年賀状の印刷やデザインなら激安作成のラクポ【2021年丑年版】
2021年賀状印刷はしまうまプリント
キヤノン:インクジェットプリンター PIXUS

「スマホで年賀状」がお得な3つの理由

スマホで年賀状を使って節約
≪画像元:ネットで年賀状

「スマホで年賀状」には、3つのお得なサービスがあります。

1. 宛名印刷が無料

宛名面をスマホで撮影するだけで宛名の登録が完了します。

宛名印刷を無料で行う印刷会社は多いですが、なかには1枚あたり10~20円ほど別途料金がかかるお店もあります。

30枚印刷すれば宛名印刷に300~600円、40枚なら400~800円ほどかかるため、枚数が多ければちょっと気になる出費です。

2. 注文枚数によって印刷代が安くなるまとめ割

1~19枚までは印刷代が73円(写真用紙は100円)ですが、

・ 20~39枚なら68円(写真用紙は93円)
・ 40~69枚なら65円(写真用紙は85円
・ 70~199枚で60円(写真用紙は81円)

作成枚数が多い人ほどお得です。

最大200枚以上で48円(写真用紙は73円)まで安くなります。

3. 2種類以上のデザインでもまとめて注文が可能

印刷会社によっては、複数のデザインを注文すると、それぞれに基本料金がかかる場合があります。

「スマホで年賀状」は、基本料金がなく印刷代+はがき代の負担で複数のデザインを同時注文できます。

「スマホで年賀状」を利用する注意点

宛名のスキャンは、データ化するために1~2日かかります。

筆者が利用したときは、翌日にスキャンが完了しましたが、口コミによれば4~5日かかったという人もいるようです。

確実に元日発送を希望する場合は、早めに準備を進めておくと安心です。

また、直接投函を希望した場合、送り先の喪中が発覚してもキャンセルができません

喪中はがきは「自分から新年を喜ぶ挨拶を控える」という連絡であり、行き違いで送ってしまっても失礼には当たりませんが、気になる人は自宅配送を選択するのがおすすめです。

手軽にお得に

コーヒーを飲みながら年賀状を作る

ネットやスマホでの年賀状注文は、仕上がりに不安を感じる人も多いと思います。

「スマホで年賀状」なら、本注文の前に印刷サンプルを無料で提供してもらえるので、満足のいく年賀状を作れます。

年末にやらなければいけない一仕事を、アプリで手軽にお得に済ませるのもおススメです。(執筆者:成田 ミキ)