ご存じの方も多いかもしれませんが、「PayPayであなたの街を応援しよう!」というキャンペーンがあります。

PayPayを利用して対象店舗で買い物をすると、購入金額の最大30%相当分のPayPayボーナスが還元されるキャンペーンです。

10月は東京都墨田区で開催され、11月に開催を控えている自治体もあります。

自治体によっては20%や30%のPayPayボーナスが還元されることもあり、注目が集まります。

この記事で提案したいのは、PayPayのキャンペーンと「Go To Eat キャンペーン」「Go To Travel キャンペーン」を併用してさらにお得に利用することです。

PayPayのキャンペーンと、と「Go To Eat キャンペーン」「Go To Travel キャンペーン」を合わせて利用することでどのくらいの金額がお得になるのかを試算しました。

「PayPayであなたの街を応援しよう!」キャンペーンとは

あなたの街を応援プロジェクト開催中
≪画像元:PayPay

PayPayでは全国の地方自治体と「あなたのまちを応援プロジェクト」キャンペーンを実施しています。

新型コロナウイルス感染症によって影響を受けて停滞した経済活性化策として実施し、対象地域の対象店舗でPaypayを利用することで、利用者が10%~最大30%のPayPayボーナスを受け取れるという仕組みです。

全国開催ではなく一部地域限定ということもあって注目されにくいのですが、利用できる地域が近くにあればぜひ使用したいキャンペーンです。

関東・関西などで注目の開催地区

「あなたのまちを応援プロジェクト」キャンペーンを実施している関東・関西などの注目自治体をピックアップしてみました。

・板橋区:
還元率20% 開催中・11月末まで

・墨田区:
還元率30% 開催中・10月末まで

・小平市:
還元率30% 11月~11月末まで

・東京都東大和市:
還元率30% 11月~11月末まで

・大阪府大阪市:
還元率20% 11月16日~12月31日

・大阪府堺市:
還元率20% 11月1日~11月30日

・沖縄県沖縄市:
還元率30% 11月1日~21年1月31日

墨田区は10月末で終了ですが、ニュースで取り上げられるなど話題にもなりました。このほか、長野県や岐阜県、静岡県でも開催予定です。

ご自身が住んでいる地域の近くでキャンペーンが実施されているかはこちらを参考にしてみてください。

「Go To Eat × PayPay」でさらにお得に

Go To Eat キャンペーン
≪画像元:農林水産省

現在実施中のGo To Eat キャンペーンをPaypayの「あなたのまちを応援プロジェクト」と併用することでさらにお得になります。

「Go To Eat × PayPay」お得事例

Go To Eat キャンペーンを利用して大人2人、ディナータイムでの利用の例を見てみましょう。

板橋区にある焼肉店で「税込3,278円のコース2人分」を予約すると仮定します。

Go To Eat 獲得ポイント:1,000ポイント × 2人分 = 2,000ポイント

PayPayポイント還元:3,278円 × 20% × 2人分 = 1,310ポイント

節約金額:2,000ポイント + 1,310ポイント = 3,310ポイント

3,278円 × 2 = 6,556円のうち、3,310ポイントが還元されるため2人で3,246円すなわち51%引きで食事できる計算です。

「Go To Travel × PayPay」でさらにお得に

Go To Travelキャンペーン
≪画像元:Go To トラベル事務局

「あなたのまちを応援プロジェクト」を利用した「Go To Travel × PayPay」でもお得に利用できそうです。

Go To Travel キャンペーンは、ホテル代やパッケージ旅行などの旅行代金が最大35%オフになり、地域共通クーポンが15%相当額もらえるキャンペーンです。

たとえば、東海地方に住んでいる人がGo To Travelを利用して旅行計画を立てて、PayPayの「あなたのまちを応援プロジェクト」キャンペーンを「大阪に利用しに行く」ことが可能です。

大阪府の大阪市と堺市、沖縄県の沖縄市の3都市が11月からキャンペーンに突入します。

沖縄市は来年2021年1月31日までがキャンペーン期間のため、年末年始の旅行プランでも利用できます。

「Go To Travel × PayPay」お得事例

Go To Travelは、旅行業者経由で旅行をした人を対象にしたキャンペーンです。

・ 旅行代金35%相当の旅行代金割引:上限1人1万4,000円

・ 旅行代金15%相当の「地域共通クーポン」:上限1人6,000円

が補助されます。

大阪府大阪市のホテルを検索したところ、USJ近くの1万8,600円のホテルを見つけました。

Go To Travel 利用宿泊代金:1万8,600円 × 35%相当割引 = 6,510円割引 → 1万2,090円/人

チェックイン時にもらえる地域共通クーポン:1万8,600円 × 15%分 = 2,790円 → 3,000円分※

※地域共通クーポンは1枚1,000円単位で発行され、1,000円未満の端数が生じる場合には四捨五入。端数が500円以上の場合は1,000円のクーポンが付与。

参照:楽天

節約効果を計算すると

宿泊代金:1万8,600円 × 35% = ▲6,510円

地域共通クーポン:3,000円

PayPayポイント:仮に大阪市内でお土産代1万円をPayPayで利用すると20%還元:▲2,000円分

つまり、

従来は合計2万8,600円のところを1万7,090円で旅行できる計算です。

「Go To Travel × PayPay」の注意点

「Go To Travel × PayPay」の注意点は、自治体独自のルールがありそうだということです。

そこで、10月に実施されていた東京都墨田区でのキャンペーンのルールを見てみます。

【2020年10月実施|墨田区の「あなたのまちを応援プロジェクト」利用条件】

・ PayPayを導入している区内の商店

・ 大型店やチェーン店、フランチャイズ店は除く

・ 購入額に応じたポイント還元では「1か月あたりは1万2,000円相当」「1回あたりは付与上限3,000円」

となっています。

これらを見ると、PayPayを利用できる全ての店舗で30%還元を適用しているわけではありません

上の条件は、墨田区の利用条件であるため自治体ごとのルールもあるかもしれませんが、墨田区では大型店、チェーン店、フランチャイズ店は対象外でした。

また、1か月あたり上限額も決められているため、上限を超えたら還元は受けられません。

地元地域はもちろん旅行先でもPayPayをお得に利用

「PayPayであなたの街を応援しよう!」キャンペーンはには10%から30%の還元率があり、お住まいの地域近くや旅行先近くで20%や30%の還元率であればぜひ利用したいキャンペーンです。

大阪市、堺市や沖縄県沖縄市では11月から開催です。

「PayPayであなたの街を応援しよう!」開催地を旅行先に決めてしまうのもアリかもしれません。(執筆者:谷口 久美子)