楽天モバイルやLINEモバイルなど、最近携帯代金を安くしている会社が増えてきました。

1年間通信料無料や通話料込みで500円のプランなど、とても魅力的なキャンペーンを実施しています。

しかしキャンペーン期間後の基本料は高かったり、通話料なしのプランや乗り換え時の事務手数料もかかってしまいます。

実際私が4年間利用し続けている格安SIMは、キャンペーン期間ではなくてもいつでも月額2,000円以下になっているので、他社への乗り換えのメリットがありません。

今回は通話料、通信料込みの月額携帯代金を2,000円以下にする方法と、乗り換え時にかかる事務手数料を300円にする方法をご紹介します。

音声通話込みで月額2,000円以下の格安SIM

まず、今回ご紹介する月額2,000円以下に向いている方は以下に該当する方です。

・ 通信料は毎月3~4GBを使用

・ 通話は家族や友達同士ではLINEやSkypeの無料通話を使用

・ 有料の通話は1か月で5分以下と、緊急の電話連絡程度しか使用しない

私が実際に4年間利用し続けている格安SIMは、mineoという会社です。

マイネオ
≪画像元:mineo

プラン内容は、以下です。

・ 1か月の通信料3GBまで無料

・ 音声通話(20円/30秒)、SMS付き

・ mineo電話(10円/30秒)こちらは無料オプションです。

mineo電話は、mineoが提供する通話アプリです。

使い方や注意点

こちらのアプリから電話をしたい相手へ電話すると通常音声通話は20円/30秒ですが、mineo電話だと10円/30秒と、半額以下で利用できます。

電話可能な番号は、固定電話や携帯電話に対応しています。

相手がmineo電話アプリに入っていなくても通話が可能ですし、アプリから電話をかけていることなどは相手には表示されません。

mineo電話アプリから電話ができない番号は、110や119などの3桁番号や、0120から始まるフリーダイヤルです。

しかし対応していない番号への電話は、アプリを使用せず通常の電話から電話をすれば良いので、全く支障がありません

以上のプランが月額料金1,760円(税抜)の「デュアルタイプ(3GBコース)」というプランです。

後はたまに学校や仕事関係の電話をmineo電話で利用してかけるので、だいたい1か月の携帯代金料金は1,850円~1,980円くらいです。

使用する回線は、プラン設定時にドコモ回線、ソフトバンク回線、AU回線から選択できます

私はずっとドコモの回線を利用していますが、特に不便なことはありません。

通信料・通話料を節約する方法

通信料や通話料を節約する方法は2つあります。

月々4GB以下なら3GBプランでOK

最初にこの月額2,000円以下のプランに向いている方のご紹介で、1か月の通信利用料が3~4GBの方と紹介しました。

それなのに3GBプランをおすすめしている理由は、mineoではマイネ王というmineo会員でパケット(GBなど)をあげたりもらったりできる専用サイトがあるからです。

マイネ王
≪画像元:マイネ王

中でもおすすめなのが、毎月21日以降に500GBを無料で月に2回、合計1GBをもらえるサービスです。

こちらを利用し毎月21日以降1GBを追加することで、月に4GBを利用しながら1か月の料金プランは3GBのプランでOKという事です。

もらったパケットは、返さなければいけないという事はないので、安心して利用できます。

21日前に3GB使用してしまった場合

今月は早々と3GB使用してしまったり、21日以降1GB追加じゃ足りなかった場合は、パケットギフトを利用しましょう。

通常パケットを追加する場合は、mineoアカウントからいつでも追加購入可能ですが、100MB(0.1GB)165円ととても高いので、パケットギフトをチャージする方法をおすすめします。

パケットギフトはメルカリやラクマ等のフリマアプリで購入可能です。

フリマアプリの商品検索から「mineo パケットギフト」と検索するとたくさん出品されています。

メルカリマイネオ
≪画像元:メルカリ≫

大体3GBですと300円~購入ができます。

mineoから購入するより断然安いです。

購入したら出品者からコメントで送られてくるパケットギフトのシリアルナンバーを、mineoの自分のアカウントからパケットギフトメニューに入力するだけですぐに追加され、利用ができます。

フリマプリの出品者もすぐに対応可能と記載して出品している方もいるので、急いでいる場合でもすぐにパケットギフトが送られきて、チャージができるのでおすすめです。

使用しなかったパケットは翌月に繰り越されるので、無駄がありません。

フリマアプリのパケットギフトをうまく利用して、無理なく月々2,000円以下に抑えられます。

初期の事務手数料を300円にする方法

格安SIMのキャンペーンで、月額プランは安いけど、いざ他社から乗り換えるときに発生するのが事務手数料です。

大体3,000円前後のところが多いと思います。

しかし決して安くない値段です。

mineoならこちらの事務手数料を300円にできます。

先ほどパケットギフトを購入したように、フリマアプリでは、mineoの初期の事務手数料が無料になるエントリーコードというものが300円で出品されています。

フリマアプリ内の商品検索から「mineo エントリーコード」と検索するとたくさん出品されています。

こちらを購入してmineoのWebサイトから新規加入する際に、エントリーコードを入力することで300円に抑えられます。

私も4年前に加入する際、この方法で問題なく加入ができました。

Webからの新規加入でないとエントリーコードが適用されないので、注意してください。

普段から通信料や通話料を節約する意識をすることも大事

月々2,000円以下にするには、通信料は4GB以下、通話料も5分以下に抑える必要があります

そのためには、外での通信利用はなるべくコンビニエンスストアやおな店のフリーWi-Fiを利用したり、電話をするときは基本的にはLINEやSkypeでの無料電話を使用し、通常の電話番号への電話はmineo電話アプリから電話をするなど、少しの意識が必要になります。

少しの心がけ程度で難しいことはないので、皆さんも月々の携帯代料金を節約してください。(執筆者:永倉 南)