女性にとってきれいでいることは永遠のテーマですが、おしゃれに気合を入れすぎるとお金を使い過ぎてしまうこともあります。

筆者は服が大好きなのですが、子供が生まれてからお金が必要になり自分の洋服代を減らすようになりました。

今回は自身の経験や失敗をふまえて、おしゃれをあきらめずに洋服代を節約する効果的な方法8つを紹介します。

洋服代節約の8つのヒント

1. ファッション誌の購入を減らす

ファッション誌は購買意欲を高めてしまうので、買う回数をできるだけ減らす方が節約につながります。

筆者も以前はよく読んでいましたが、雑誌を買わなくなってその年しか使えない流行の服を無駄に買うことがなくなり、雑誌代も年間数千円の節約になりました。

雑誌を見なくても、ショッピングモールを1周すればその年の流行はわかります。

頻繁に買っているという方は必要最低限に留めてみてください。

2. SNSやネットで気になっても衝動買いせず、期限を設ける

SNSやネットは「欲しい」と思った瞬間に買い物ができてしまい、衝動買いが起こりやすいため注意が必要です。

ネット上で服が欲しいと思った時は、1度「期限を設ける」のがおすすめです。

「2週間待ってまだ欲しかったら買おう」

「今度店舗に行ってサイズを確かめてからにしよう」

とクールダウンの期間を設けるとほとんどのものは忘れています。

つい買ってしまいそうになった時はぜひ試してみてください。

3. 流行服はプチプラで節約

ベーシックなものでそろえた方が良いとはわかっていても、やはり「その年の流行色や柄を着たい」と思うこともあると思います。

そういった時は、ユニクロやGUなどのお財布に優しいブランドで探してみてください。

プチプラブランドは流行に敏感なので、必ず流行の服が見つかります

来年は着られない服はその年で捨てることになるので、1万円よりも2,000円で済ませた方が圧倒的に節約できます。

お金をかけない方向性で考えましょう。

プチプラブランドで流行服を手軽に購入

4. 定番の服や小物にはお金をかける

流行を問わず、自分が頻繁に着るものにはお金をかけた方が節約になります。

使用回数が多いものは、多少値が張っても縫製や素材が良いものを買う方が傷みにくく、結果的にお得になることが多いからです。

ジーンズやシンプルなアクセサリー、ベーシックな形のかばんや靴に予算をかけると、プチプラ服と混ぜて着ても安っぽい印象にならずおすすめです。

お金をかけたいアイテムもフリマアプリなどを上手に活用すれば、比較的安価に手に入りますのでぜひチェックしてみてください。

5. 同じ形の服を買わない

家に似たような服があるのに、同じような服をお店で見ていた経験はありませんか。

同じような服が2枚あるとどちらかを使わなくなることが多いです。

仮に着たとしても似たような服ばかりで着回しが単調になってしまい、飽きるとすぐに新しいものが欲しくなりお金を使ってしまいます

ワイドパンツを2本買うよりも、1本はスキニーデニムかテーパードパンツにした方がコーディネートの幅も広がります。

似たような服はできるだけ買わないように気をつけましょう。

6. 体形を維持する

体形が変わると服も総入れ替えになってしまいます。

自分にとってベストな体形を維持して、サイズが変わらないように努めましょう。

体形維持に努めて服代を節約

盲点なのが「髪形」です。

筆者も髪の色を大きく変えたり、ロングヘアからベリーショートにしたりして、似合わなくなった服をいくつも捨てた経験があります。

イメージチェンジをする時はガラっと変えたいと思いますが、徐々に行った方がお金は節約できます。

7. 似合う服を分析する

似合う服が分かっていると、必要のない服を買うお金を減らせます。

・ 人から褒められたコーディネート

・ 自分が似合うと思う組み合わせやカラー

などを、スマホや手帳にメモしておきましょう。

パーソナルカラーや骨格診断などもおすすめですが、診断にはお金がかかるためハードルが高いです。

そこで筆者はよく「美容師さん」に似合う服を質問するようにしています。

美容師さんは職業柄もあり、おしゃれで服にも詳しい方が多く参考になります。

ショップ定員さんのように服をおすすめされる心配もありませんし、カットやカラーに行った際はぜひ質問してみてください。

8. 着回しに最適な黄金比率を知っておく

クローゼットの中に今どのくらい服があるか、完璧に把握している人は少ないと思います。

クローゼットの中身を撮影するのも良いですが、コーディネートしやすい黄金比率を知っておくと便利です。

コート:靴:ボトム:トップス = 1:2:3:4

10着があれば、24通りのコーディネートができます。

参照:おウチの収納.com

筆者もこの比率を知ってクローゼットをチェックしてみたことがあります。

ボトムスを買おうとしましたが、トップスが少ないことに気がつき、無駄なお金を使わずに済みました。

「何だかうまく着回しできないし新しい服を買おうかな」となったら、買い物に行く前にぜひこの比率をチェックしてみてください。

「無駄に買わない」+「似合うものだけそろえる」だけで節約に

今回は洋服代を節約するコツを紹介しました。

おしゃれは楽しいのでつい新しい服が欲しくなりますが、無駄なものを買わなければお金の節約になり、本当に似合うものにお金をかける余裕もできます。

分析したり、比率を把握したりするのは面倒だとは思いますが、長い目で見れば非常に役に立ちますのでぜひ活用してみてください。(執筆者:片岡 みのり)