近ごろではお金を使う多くのタイミングで、ポイントがもらえるようになりました。

しかしながら還元率が1%なら1万円使っても100円相当にしかなりません。

もらえるだけありがたくはありますが、それが5%還元されれば500円、10%なら1,000円と、ポイントが増えれば増えるだけ使える用途は広がります。

そこで今回は、dポイントを多く集めるために、dカードの還元率の高い使い方を調べてみました。

メルカリ、マツキヨ、スタバは dカードでポイント倍増

まれにみる高還元 携帯料金の10%がもどってくるdカード GOLD

dポイントの高還元といえば、dカード GOLDは外せません。

2019年の調査によると、3大キャリアユーザーが支払う携帯電話の平均月額料金は、8,451円です。

参照:MMD研究所

ということは、4人家族が同様の支払額なら月3万3,804円、年間にすると40万円以上にもなります。

それがdカード GOLDに入会すると、ドコモ光とドコモの携帯電話の10%相当がポイントとして返ってきます

dカード GOLDは本会員の年会費が1万円かかりますが、家族会員は3枚まで作ることが可能です。

1枚目は無料、2枚目以降は1,000円必要ですが、それぞれの携帯電話番号を登録することで家族会員も特典対象です。

※年会費は税抜価格

つまり4人分のクレジットカードを作ったら、年会費は合計1万2,000円支払わなくてはなりません。

しかし、1人8,000円の携帯代金 × 4人分 + ドコモ光が4,000円とすると、年間4万円以上還元される計算になります

ただし基本使用料、通話・通信料、付加機能使用料などは対象ですが、各種手数料やコンテンツ使用料、ケータイのご購入代金などは含まれませんのでご注意ください。

また今なら、新規加入&利用で最大1万1,000円分、dカードまたはDCMXからdカード GOLDへのアップグレード&利用でも最大1万円分のポイント還元されるキャンペーンが開催されています

入会&利用特典

狙うはポイント倍増する特約店

とはいえ通常のお買い物では、dカードや dカード GOLD は100円につき1ポイントしかたまりません。

そこで注目すべきは、dカードもしくは、dカード GOLDの利用額に応じてポイントが増量される特約店です。

おすすめ店舗を一覧にしてみました。

各社のポイントを一覧にしてみました1

参照:dカード

これらは先に記した通り、特約店ポイントだけです。

これに通常ポイントが加わることで、今まで以上にたまりやすくなります。

サカイ引越センターでは、ポイントに加えて

・ 段ボール最大50箱まで無料

・ ガムテープ最大2つ無料、布団袋最大2つ無料

・ 訪問見積時、お米プレゼント/ハンガーケース5箱レンタル

などのサービスが設けられています。

おうちカフェでのポイントアップ術

自宅にいる時間が増えた今、スターバックスやドトールコーヒーのポイントアップが使えます。

スターバックス カードやドトール バリューカードへのオートチャージ・オンライン入金の際、dカードまたはdカード GOLDを使えば、通常ポイントに加えて100円につき3ポイント貯まります

なお、店舗での利用は対象外です。

ネットのポイントアップ店舗

オンラインで特に目を引くのは、メルカリです。

ただでさえお買い得商品が多く見受けられますが、dカードを使えばもっとお得、通常ポイント + 特約店ポイント200円につき計5ポイント付与されます。

さらに半額クーポンが多くみつかるdデリバリー、Go To トラベル キャンペーンで今最も旅行がお値打ちにdトラベルにも注目してください。

ネット各社のポイントを一覧にしてみました2

参照:dトラベル

ポイントをまとめて家計にいかそう

dポイントが貯められるお店は、もちろん特約店だけではありません。

ローソンやファミリーマート、マクドナルド、すき家など身近なお店がたくさんあります。

ポイントはいろいろな種類を貯めても、節約にはたいして貢献してくれません。

集約させることで、お金に変わるアイテムとなります

上手に利用していきましょう。(執筆者:吉田 りょう)