農林水産省が主催する「Go To Eatキャンペーン」が10月1日からはじまりました。

来店ごとにポイントが貯まるお得な制度です。

さらにうまく活用すれば、「無限くら寿司」をはじめ「無限ファミレス」「無限焼き肉」を楽しめます。

しかし、せっかく貯めたのに

「使い方がよく分からない」

「ポイントが使えなくてレジでもめた」

との声がネット上では相次いでいます。

本記事では、Go To Eatで貯めたポイントの使用方法や注意点についてご紹介します。

ポイントの正しい使い方

Go To Eatキャンペーンとは

まずGo To Eatキャンペーンについての説明です。

Go To Eatキャンペーンには2つの支援事業があります。

(1) プレミアム商品券

地域内の対象店舗で使えるプレミアム商品券です。

25%上乗せした金額で購入することが可能です。

地域によって販売単位が異なり、1,000円 × 10枚を8,000円で販売している自治体もあれば、500円 × 10枚を4,000円で販売している自治体もあります。

(2) ポイント還元

対象店舗にオンライン予約・来店することで最大1,000ポイントが付与されます。

本記事で紹介するGo To Eatのポイントはこちら「(2) ポイント還元」事業です。

「(1) プレミアム商品券」と「(2) ポイント還元」を混同することがトラブルの原因になっているようです。

プレミアム商品券は対象地域限定での使用です。

ポイント還元事業では地域指定の制限はなく全国で利用可能なので、旅行先や帰省先でも気兼ねなく使用することが可能です。

Go To Eatポイントの貯め方

主にグルメサイト(ぐるなび、ホットペッパーグルメ、食べログなど)から対象店舗を予約し、来店後に次回使えるポイントが付与されます。

予約サイトによっては、席予約だけで貯めることも可能です。

規定以下の金額の場合、ポイント還元は無効となるのでご注意ください。

予約には制限があり、1回の予約で10人分までとなっています。

ディナー利用で最大1万円まで取得可能です。

Go To Eatポイントの使用方法

Go To Eatポイントの使用方法

サイトによって使用方法は異なりますが、予約時に使用予定のポイントを入力し会計時に

「利用金額」 – 「ポイント」分の支払い

としているパターンが多いです。

ただし、「EPARK(イーバーク)」など、ポイント取得にレシート登録が必要な場合もあります。

気を付けたい7つの注意点

Go To Eatで貯めたポイントを使用する際、特にトラブルになりやすい箇所についてご紹介します。

【注意点1】ポイントは用途限定で予約サイト内のみ

受取ったポイントは予約サイト内のみで使えます

例えば「食べログ」でもらえる「期間固定Tポイント」は、TSUTAYAやファミリーマートでは使えません

予約サイトで貯めたポイントは他サイトでも使用できません

上記の例ですと、「期間固定Tポイント」は「食べログ」以外のサイトでは利用不可です。

【注意点2】ポイント付与のタイミング

ポイント付与のタイミングについてです。

例えば、「食べログ」「Yahoo!ロコ」で予約した場合は7~8日前後です。

対して来店月の翌月10日以降に付与される「一休.comレストラン」などもあります。

「ポイントを使おうとしたのに付いてない」という事にならないよう、付与のタイミングは必ず確認しましょう。

【注意点3】ポイントを使うタイミング

サイトによって「WEB予約のタイミングで使う」か「レジで使う」に分かれます

ほとんどのサイトでは、「WEB予約のタイミングで使う」で、利用予定ポイントを入力します。

注意しなければいけないのが「予約確定したポイントの変更はできない」ということです。

特に「席だけ予約」した場合は要注意です。

例えば、3,000ポイント使用予定で登録したのに実際は2,000円分しか飲食しなかった場合は差分の1,000ポイントは返還されません

4,000円以上飲食した場合も、ポイントが残っていても差分は支払わなければいけません

ポイントを無駄にしないためにも、あらかじめ来店店舗のメニューを確認し使用金額を計算しておきましょう。

EPARKでは、レジで使えます

飲食後の金額に合わせて利用するポイントをレジで伝えます。

「レジでポイントが使えない」というトラブルが多発しているようです。

お店側もしっかりと把握できない場合があるので、初めて使用する際には店舗に確認をするのが確実です。

飲食後の金額に合わせて利用するポイントを伝える

【注意点4】ポイントの利用単位と制限

ポイントの利用単位は、予約サイトによって利用単位が異なります。

例えば「ぐるなび期間限定ポイント」や「ホットペッパーグルメ限定ポイント」は、100ポイント単位ごとに利用できますが、「Yahoo!ロコ」の「Go To Eatポイント」は500ポイント単位でしか利用できません

差分は返還されませんので、損をしないようにご注意ください。

また予約サイトごとに1回で利用できるポイント制限が設けられています。

「ぐるなび」「ホットペッパーグルメ」では、10万ポイント。

「Yahoo!ロコ」では49万9,500ポイントまで利用可能です。

大人数での予約を行う方は要注意です。

【注意点5】有効期限について

サイトによってポイントの有効期限も異なります

「食べログ」「EPARK」など期間の長い予約サイトですと、2021年3月末までです。

「ぐるなび」では付与日から60日です。

頻繁に食事に行くのなら問題ないですが、日数がたってしまうとポイントが消えてしまいます。

心配な場合は、有効期限が最長の予約サイトを利用しましょう。

【注意点6】プレミアム商品券との併用

同じGo To Eatキャンペーンのプレミアム商品券はポイントと併用できるかは店舗によって異なります

せっかくレジで出しても「うちの店舗では併用できません」となってしまうケースもあるでしょう。

併用可能かどうか心配な場合は事前に確認しておきましょう。

【注意点7】Go To Eatの対象店舗はサイトごとに異なる

Go To Eatポイント事業ではどの予約サイトに登録するかは各店舗の判断に任せています。

対象店かどうかのチェックは必須です。

筆者もGo To Eatで「牛角ビュッフェ」の店舗を予約しようとしたところ、「Yahoo!ロコ」ではなんと対象外で、「ホットペッパーグルメ」では対象店になっていました。

「Yahoo!ロコ」でも「牛角ビュッフェ」の予約は行えるのできちんと確認しておかないと「来店したのにポイントが付かなかった」というトラブルにもなりかねません。

2020/11/7現在では、通常店の「牛角」店舗は「Yahoo!ロコ」「ホットペッパーグルメ」どちらも対象店になっています。

お得を享受するなら注意事項必読

Go To Eatキャンペーンでのポイント事業は、予約サイト・店舗ごとにルールが大きく異なります

トラブルの原因も

「〇〇のサイトではできたのに」

「ネットにはできると書いてあった」

という類のものが多いです。

注意事項の流し読みは止め、スムーズかつスマートにGo To Eatキャンペーンでお得に食事を楽しみましょう。(執筆者:中島 ゆみ)