今年も残すところあとわずか、年末の断捨離を考える時期になりました。

断捨離でいらないものが出た際に、不用品を捨ててしまうよりは売ってお金にしたほうがお得です。

いらないものを現金化したいときには、スマホから簡単に出品できる「フリマアプリ」が役立ちます。

断捨離で出たものをフリマアプリで売るのであれば、12月ではなく11月がベストです。11月中に終わらせたほうがメリットが大きいです。

今回は、断捨離とフリマアプリへの出品を11月におすすめする理由について解説します。

断捨離&フリマアプリ出品に11月をおすすめする「3つの理由」

理由1. 12月は多忙、フリマアプリを見る頻度が減る

12月は「師走」という呼び名があるほどの忙しい月です。

年内に終わらせなければならない大量の仕事、大掃除、子どもの行事、冬休みなど、とにかく慌ただしい日が続きます。

あまりに忙しいと、朝からスマホを一度も触らないこともあるほどです。

普段は頻繁にフリマアプリを使っている人でも、忙しさからゆっくりと見られない時期です。

従って、12月はいつもよりも商品が売れにくくなる可能性があります。

購入者側だけではなく、自分自身も多忙でフリマアプリに出品する時間さえないとれない場合があります。

12月まで待つよりは、まだ時間のある11月中に断捨離&出品を終わらせたほうがラクなうえに、売れやすいというメリットがあります。

理由2. 帰省&旅行で不在、受け取りできない人が多い

年末年始は、帰省や旅行で商品を受け取れないユーザーが多いです。受け取れないことを理由に購入を見送るケースもあります。

「いいね」が付くペースが早くても、実際にはなかなか売れないもどかしい状態に陥ることもあります。

早い人であれば、クリスマス後から長期休みに入ります。年内に物を売ってスッキリしてしまいたいのであれば、やはり11月中がおすすめです。

理由3. 年末年始の出費で財布の紐をしめる人が多い

財布のひもを締める

12月は、忙しいだけではなく出費もかさむ時期です。

年末年始の帰省・旅行費や、クリスマス費、お年玉など新年でかかる費用など、何かとお金が出ていきます。

ふるさと納税のかけこみで、一時的な出費が増えることもあります。従って、ボーナスが支給される家庭であっても、財布の紐が硬くなる傾向にあります。

欲しいものがあっても「もう少し出費が落ち着いてから」と、購入のタイミングをずらすユーザーも少なくありません。

財布の紐を絞める人が増える12月に入る前に出品したほうが、売れやすいと言えます。

年内に不要なもの手放したいなら11月に断捨離&出品

「断捨離は年末にするもの」というイメージが強いですが、不要なものをフリマアプリで売るのであればできるだけ早いほうがメリットも大きいです。

12月は多忙で出費がかさむ時期であるのに加えて、留守にする人が多いため、筆者の経験上は売れにくいと感じます。

年内に不要なものをスッキリと手放すのなら、11月中に取り掛かりましょう。(執筆者:三木 千奈)