便利でお得な楽天カードの最高峰に君臨するのが「楽天ブラックカード」です。

年会費が3万3,000円となかなかの高額ですが、それを補って余りあるお得とサービスがあります。

招待制のカードなので情報に乏しいのですが、最近、「楽天ブラックカード」に新たな動きが出ましたので紹介しましょう。

「楽天ブラックカード」にVisaブランドが追加

「楽天ブラックカード」にVisaブランドが追加
≪画像元:楽天カード

これまで「楽天ブラックカード」で選べる国際ブランドは、Mastercard、JCB、アメックスの3種類でした。

この3種類でも十分ですが、Mastercardの別カードをすでに持っている人であれば、Visaブランドの「楽天ブラックカード」が欲しいところですよね。

そのような人のリクエストに応えたのか「楽天ブラックカード」Visaブランドです。

Mastercardとともに、Visaブランドにもタッチ決済機能が搭載され、スピーディーかつ安全に利用できます。

Visaのコンシェルジュサービスも利用可能

Visaのコンシェルジュサービスも利用可能
≪画像元:Visa

プラチナカードの中には、VPCC(Visaプラチナ・コンシェルジュ・センター)を利用できるものがあります。

コンシェルジュサービスがあれば、旅やレストラン、レジャーの予約はもちろん、Visaが提供する各種優待を受けることも可能です。

VPCCを利用できるカードを見ると、確かに「楽天ブラックカード」がありました。

「楽天ブラックカード」保有者でも「楽天ビジネスカード」を持てるようになった

「楽天ビジネスカード」も保有できる
≪画像元:楽天カード

仕事とプライベートで使い分けたい個人事業主などにありがたい存在が「楽天ビジネスカード」(年会費2,200円)です。

法人口座と「楽天ビジネスカード」を紐付けて、プライベートは「楽天プレミアムカード」にすると、精算を1本化できるだけではなく経費の「見える化」もできます

ただし、「楽天ビジネスカード」は「楽天プレミアムカードの子カード」という位置づけのため、「楽天ビジネスカード」を持つには「楽天プレミアムカード」(年会費1万1,000円)を持っていなければなりません

上位カードの「楽天ブラックカード」と言えど、「楽天ビジネスカード」を申し込めませんでした

ただし、最近になって、楽天ブラックカード会員にも楽天ビジネスカードへの道が開けました。

それは、

楽天ブラックカード会員が「楽天プレミアムカード」と「楽天ビジネスカード」を同時に申し込み、「楽天プレミアムカード」の申込を破棄してもらう

というものです。

この方法でいけば、楽天ブラックカード会員でも「楽天ビジネスカード」を所有できます

【1/31まで】エントリー&楽天グループ内でのカード利用でポイント+1倍

楽天グループ内でのカード利用でポイント+1倍
≪画像元:楽天カード

2021年1月31日までの期間中にエントリーのうえで、楽天グループ内でカードを利用すると、通常のポイント還元に加えて1%分のポイントが還元されます。

キャンペーンページには対象カードとして「楽天プレミアムカード」しか記載されていませんが、「楽天ブラックカード」も対象です。

対象の楽天グループ内のサービスは、次の通りです。

・ 楽天市場

・ 楽天トラベル(オンライン決済)

・ 楽天ブックス

・ 楽天Kobo

・ 楽天モバイル

・ 楽天Edy

・ 楽天キャッシュ

・ 楽天ペイアプリ(キャッシュチャージ、コード/QR/セルフ決済)

・ 楽天証券(投信積立クレジット決済)

・ 楽天TV

・ NBA Rakuten

・ ラクマ

・ 楽天デリバリー

・ 楽天マガジン

・ 楽天でんき

・ 楽天ひかり

・ 楽天toto

予約購入や送料、ポイント利用分は対象外であるものの、楽天ペイや楽天Edyなどへのチャージも+1倍となるのは大きいですね。

「楽天プレミアムカード」を使って招待を待つ

「楽天ブラックカード」にVisaブランドが追加されて、Visaのコンシェルジュサービスも利用できるようになりました。

また、以前は楽天プレミアムカード会員しか持てなかった「楽天ビジネスカード」を、楽天ブラックカード会員も持つことが可能になりました。

「楽天ブラックカード」を持つには、1つ下の「楽天プレミアムカード」を持って利用して、招待を待つのが最短ルートです。

+1倍のキャンペーンもありますので、「楽天プレミアムカード」を使いたくなりますね。(執筆者:キャッシュレス研究家 角野 達仁)

楽天市場で開催中のお得なキャンペーンを覗いてみましょう。

楽天SPUとは?