「普段は節約しているんだから、所持金が多い時はパーッとお金を使いたい」

と考えたことがある人は多いのではないでしょうか。

「ボーナスが入ったら何を買おうかな?」

「給料日だからどこかに外食しよう!」

「臨時収入があったから贅沢しよう!」

など、もともと必要としていたものではないのに、「お金が入ったから」と何かに使ってしまうことがあります。

衝動買いをした場合、買ったこと自体に満足してしまって、開封すらしないことがあります。

お金があるときに、使える分だけ使ってしまっては貯金はできません。

そのような失敗を何度もし、「欲しいものリスト」と「行きたいところリスト」を家族と共有して、お金の使い道に優先順位をつけ買い物するようにしました。

衝動買い・無駄遣いが半減! 「欲しいも・行きたいところリスト」の作り方

必要なものを可視化する「欲しいものリスト」の作り方

常日頃から「欲しいものリスト」や「行きたいところリスト」を作っておくことで、本当に必要なものにお金を使えるようになります。

筆者の場合には次の4項目に分けてリストを作成しています。

(1) 家電や生活用品など家族全員で使うもの

(2) 個人的に欲しいもの

(3) 休みの日に出掛けたいところ

(4) 外食やテイクアウトで行きたいお店

4つの項目ごとに欲しいものや行きたいところを書き出して、さらにそれに順位付けしていきます。

状況によって優先順位が前後するので、その都度追加や削除、入れ替えをしていきます。順位付けができたら、それぞれの金額を調べます。

金額を調べてから順位付けすると、本当に必要な順番ではなく買えそうな金額のものを優先してしまうので、優先順位を決めてから金額を調べることをおすすめします。

リスト追加で衝動買いの欲求を抑えられる

「夜中にネットサーフィンをしていたら、予定にないものを購入してしまった」

という経験のある人は意外と多いのではないでしょうか。

買いたい欲求が高まっている時には商品の良いところだけに注目してしまう傾向がありますが、落ち着いてみたらそこまで必要ないものだったということはよくあります。

欲しいものができたら一旦はリストに追加する習慣をつけておくと、衝動に駆られて買い物してしまうことがなくなります。

リストを吟味してどの項目を優先するのかを選択できるので「後悔しないお金の使い方」をできるのです。

リスト管理はスマホアプリが便利

Evernote
≪画像元:Evernote

リストは手帳やメモに残す方法でもよいのですが、いつでも手元にあるスマホで管理すると記入漏れを防げます。

また、スマホの機能を使えば、追加や削除・順番の入れ替えを簡単にできます

筆者は「Evernote」というメモアプリを使用しているのですが、チェックリストや番号付きリストなど便利な機能がたくさんあります。

共有することで家族にも意識してもらえる

前述した「Evernote」は家族とも共有できます。

家族全員で使うものや行きたいところについて家族の意見を寄せ集めておくと、実際にお金を使う際に揉めることが少なくなります

また、わが家では、誕生日やクリスマスのプレゼントは欲しいものリストの中から選ぶようにしています。

サプライズ感やワクワク感は減りますが、自分の欲しいと思っていたものをもらえるほうが結果的に満足度が高いからです。

プレゼント選びに迷うこともなく、本当に欲しいものをプレゼントできるのでおすすめです。

リストを作るようになってドラム式乾燥機を買えた

以前は手元にあるお金の中ですぐに購入できるものを優先して買っていたのですが、リストを作るようになって必要としているものの優先順位を意識できるようになりました

長いこと「乾燥機付きのドラム式洗濯機が欲しい」と思っていたのですが、「高額だから買えるのは当分先」だと考えて購入を諦めていました。

リストを作成してみて「子供が幼稚園に通いだす前に乾燥機付きの洗濯機が必要」だと気づき、他の物は後回しにしてドラム式洗濯機を購入したのです。

リストを作成していなかったら、優先順位の低いアイロンやフライパンを先に購入して、洗濯機は後回しにしていたと思います。

また、リストにいったん追加することでその場で衝動買いをしない癖がついてきたので、リスト作成前と比べるとAmazonと楽天の購入額が約半分に減りました。

スマホ内蔵のメモメモアプリでも簡単にリストを作成できるので、欲しいものリストを活用してみてください。(執筆者:川井 奈央)