無印良品に低糖質お菓子や大豆ミートなどダイエットに使える食品が続々と登場しています。

おうち時間が長くなって運動不足で体重が増加してしまった人、年末年始のおいしい食事で体重が増加してしまった人には無理せずダイエットができる心強い味方になることでしょう。

しかし、無印良品の食品は「おいしいけれど値段が高め」という声を聞きます。

今回は、価格と味のバランスを考えてダイエットに使える「無印で買って得する食品」「無印で買わないほうが得する食品」を独断で診断してみました。

【得】1枚約130kcalでこの量はお得「フリーカットするめシート」199円(税込み)

フリーカットするめシート
≪画像元:Ryohin Keikaku

ダイエット中とは言えどもおうち時間が長くなれば口が寂しくなるときもあります。そのようなときに便利な食品が「するめ」です。

「するめ」は噛んでいる時間が長いため、たくさんの量を食べなくても満腹感を得られるダイエットに人気の食品です。

しかし、年末年始は「するめ」の価格が上がり、きれいなイカの形をした「するめ」は1枚1,000円以上することもあります。

そこでおすすめなのが無印良品の「するめシリーズ」です。

無印良品には

「するめシート」

「切れ端するめシート」

「フリーカットするめシート」

の3種類があります。

1g当たりの単価でお得順に並べると「切れ端するめシート」「フリーカットするめシート」「するめシート」の順です。

「切れ端するめシート」が1g/2.34円とダントツでお得なのですが、年末年始には需要が高いらしく店頭でもオンラインでも品切れが続いています

「フリーカットするめシート」は内容量の表示が1枚と表示されていますが、実際に測ってみると1枚40g程度です。

一方で、カロリーが1枚約130kcalと低いにもかかわらず、長さが60cm近くもあるので食べごたえは十分です。

スーパーで売っているイカの形をしたするめは高いのですが、おつまみ用のするめは味つけされているため、その分がカロリーにプラスされてしまいます。

無印良品の「フリーカットするめシート」はスーパーのするめよりも安く、おつまみ用の安いするめよりものどが乾かずに噛んでいられるコスパの高いダイエット食品と言えます。

【得】ネット取り寄せよりお得「大豆ミート薄切りタイプ」290円(税込み)

大豆ミート
≪画像元:Ryohin Keikaku

大豆ミートとは、お肉のような見た目と食感を「大豆」を主原料として再現した食品のことです。

肉よりもカロリーが低いにもかかわらず腹持ちがよく「お肉を食べた」という満足感を味わえるダイエットにピッタリの食品です。

大豆ミートといえばマルコメの「ダイズラボ」が有名ですが、マルコメのホームページでは90g × 5袋が1,470円(税込み)でさらに送料620円がプラスされます。

送料を含めれば1gあたり4.6円です。

無印良品の大豆ミートには「ハンバーグ」や「ミートボール」のほかに「ひき肉タイプ」と「薄切りタイプ」があります。薄切りタイプは80g/290円です。

1g当たり3.6円なのでネットで取り寄せるよりもかなりお得です。

大豆ミートの多くは乾燥した状態から水で戻して使います。しかし、無印良品の大豆ミートは水で戻す必要がなく、最初からしっとりとした「やわらかな上質なお肉」の食感です。

袋を開けた直後にはコーンフレークのようなオートミールのような大豆特有の匂いが気になるかもしれません。

しかし、焼き肉のたれやスパイスのきいた味つけをしたところ、大豆ミートに使われている醤油と交わって匂いは気にならなくなりました。

大豆ミートはスーパーのお肉と比べれば値が張ります。

しかし、家族がおいしいものを食べているときに自分だけドロドロとした高額のダイエットドリンクを飲むのではストレスがたまるばかりです。

多少値が張っても同じお金を出すならばストレスのたまらないほうがお得度は高いと言えます。

【微妙】価格と満足感がつりあわない「糖質10g以下のパン」各種1個150円(税込み)

シナモンロール
≪画像元:Ryohin Keikaku

ダイエット中に菓子パンを食べられたらうれしいものです。

無印良品にはたくさんの「糖質10g以下の菓子パン」が並んでいます。1個150円は、菓子パンにしては高い気もします。

結論からいうと「糖質10g以下のパン」は糖質10gなりの甘さでした。

特に、シナモンロールには白いアイシングがなく、パンの間のシナモンシュガーも少ないのでシナモンの香りも甘さも足りない気がします。

チョコレートを使った菓子パンもチョコレートの香りよりも材料に使われている大豆粉の香りが強くてモサモサとした食感です。

一般的な菓子パンよりも小さくて甘さも少なくて150円はお得感がありません

しかし、パンの場合には「おいしさの期限がせまっています」のカゴに入って売られていることがあります。賞味期限が迫って半額の75円になっている商品です。

「75円ならば買ってもいいかな」と思うのですが、47日間の長期保存が可能なパンでありながらも賞味期限間近まで売れ残ってしまうのがさみしいところです。

無印良品でお得にダイエット

年末年始に体重が増えてしまうと、「お金で解決できるなら」とばかりに、ついダイエット食品や運動器具にお金を使ってしまいます。

しかし、出費額と体重は必ず反比例するとは限りません。

無印良品の「おいしい低糖質食品」を楽しみながら探して、おいしくてお得なダイエットをしてみてはいかがでしょうか。(執筆者:クリエイティブな節約家 式部 順子)