楽天市場で何となく買い物するのはもったいないです。

今すぐ必要なもの以外はときを待って商品かごで温めるのです。

やるべきことは

・ 楽天スーパーSALE、楽天マラソンの期間に購入

・ 5と0のつく日に購入

・ SPUの底上げ

・ 毎月1日、18日に購入など

 
毎日楽天市場をのぞくのは面倒ですし、サイトを開くとついつい見てしまうため時間を浪費しやすいです。

楽天ポイントの貯め方・使い方

買いまわりを活用する

楽天スーパーSALEや楽天マラソン期間中の5と0のつく日に一気に購入するのが効率がいいです。

スーパーSALE中は買いまわりという仕組みがあります。

10ショップで買うとどんどんポイントがたまります。

内容は、

・ 1ショップごとに1,000円以上購入すると1カウント

・ 好きな順で購入できる(トータルの購入金額に対して倍率が適用されます)

・ ポイントで支払いしても買いまわりの対象になる

・ クーポン利用の場合も1,000円を下回らなければ対象になる

・ 送料やラッピング料金は対象外

・ ふるさと納税は対象

買いまわりのコツは、スーパーDEALになっている商品を先に購入することです。

注意ポイント

特におむつはすぐに売り切れます。

人気商品もポイント高還元することが多く、チェックは欠かせません

また、開始2時間だけのタイムセールもあります

楽天スーパーSALEの期間が始まる前や期間中にサイトに載っています。

ここにいつも購入している商品や、高額で購入を迷っていた商品があれば迷わず購入して間違いないでしょう。

半額の商品も多数あり、かなりお得です。

高額な商品ほどポイントは付きやすいですが、ここで注意しなければならない点はセール期間中上限1万ポイントまでしか付かないということです。

高額商品を購入したあとのお買い物は1,000円くらいの商品の購入をおすすめします。

楽天スーパーセールは1,000円以上の買い物をしたショップの分がポイントの対象になります

例えば1,000円のお買い物を10店舗して合計金額は1万円です。

ポイントが10倍になるので1,000ポイントが返ってくるので、最後の1店舗分は実質無料です

もう少しで10店舗の買い回りができそうな場合は、お買い物したほうがお得になります。

買うものがある場合はぜひやってみてください。

賢い使い方

賢い使い方

楽天市場でのお買い物で楽天ポイントがたくさん貯まりました。

その楽天ポイントを何に利用していますか?

上記のとおり、楽天市場でも利用できますが、その場合どうしてもポイント倍率が下がってしまいます。

同じ値段の商品を購入してポイントが少ないのは損した気持ちになります。

賢い使い方は、楽天ポイントを楽天カードの支払いに充てることです。

楽天ポイントで支払いをしてもポイントの加算対象になります。

やり方は楽天e-NAVIにログインして「ポイント支払い」を選択します

支払いができるのは支払金額の確定した日の10日~変更期限の20日までとなります。

楽天市場で利用するよりお得です。

楽天カードの支払いは楽天に加盟している店舗はもちろん、ラクマや楽天ペイの支払いにも利用できます

ラクマでもポイント〇倍キャンペーン、楽天ペイで〇%還元などがあるので、利用してください。

貯め方、使い方両方で工夫して楽天でのお買い物でポイントを利用してください。

少しの工夫で節約につなげよう

楽天ポイントは、実店舗やフリマアプリ、ペイアプリなどあらゆるお買い物の場面で使えるので便利です。

1円も無駄にお買い物につかいたくありません。

少しの工夫で楽天ポイントをより貯められるので、清算前に、お得な買い方を1度考え、節約につなげてください。(執筆者:柳田 遥)

楽天市場で開催中のお得なキャンペーンを覗いてみましょう。

楽天SPUとは?