壁紙は築年数の経過や、湿気、寒暖差などにより、自然と痛んでいきます。

とはいえ、壁紙は簡単に交換できるものではありません。

張り替えすれば数万円がかかりますし、自分でやるにも技術が必要です。

そこで私が紹介するのは、DAISOのレンガシートを使った「部分的な壁紙DIY」

一人で全面張替えるわけではないので、不器用な方でも簡単に挑戦できますし、100円アイテムを使うので家計にも響きません。

写真付きでじっくり解説していくので、ぜひ、一緒に挑戦してみてください。

Before/Afterの比較

まず初めに、before・afterを比べてみましょう。

壁紙どうなったか

左が壁紙をDIYする前の状態、右が壁紙をDIYした後の状態です。

少し見えにくいですが、窓から一直線に隙間が空いていた部分を、レンガシートでカバーしました。

ホワイトカラーのレンガシートは、どの壁紙の色味にも合わせやすいのでうれしいです。

凹凸もリアル

レンガシートの凹凸もリアルで、近くで眺めても安っぽく感じません。

年季が入って感じられた壁紙も、部分的にDIYしたことで、おしゃれに仕上げることができました。

レンガシートの特徴は

ブリッククッションシート

今回使ったレンガシートの正式名称は、DAISOの「ブリッククッションシート」です。

このシートには、防カビ・保温効果・衝撃吸収・断熱など、うれしい効果も満載です。

さらに、リメイクシートに比べ厚みがあるので、誰でも簡単&きれいに貼ることができます

レンガの質感もリアルに表現されていて、どこに使ってもおしゃれです。

これが100円で手に入るとは、驚きです。

始める前の注意点

気になる部分の見た目を観察しましょう。

壁紙のひび割れの線が「ギザギザ」だったら要注意です。

壁紙のひび割れの線が「ギザギザ」だったら要注意
≪画像元:関西工務店

画像のように引き裂いたようなギザギザ割れがある場合は、壁紙ではなく下地に問題がある可能性が高いです。

直線に入った切れ目や、部分的な剥がれの場合は、レンガシートDIYを行っても大丈夫だと思います。

DIYはあくまで自己責任で行うものなので、まずは慎重に、壁紙の状態を確認するようにしてください。

また、賃貸にお住まいの場合は、復元できるようにDIYすることが重要になります。

今回は、復元できるDIYの方法でやり方を紹介していきますが、絶対に復元できるというわけではないので、注意してください。

用意したもの

準備したもの

・ レンガシート…7枚(1枚110円)※税込み

・ マスキングテープ

・ 両面テープ

※原状回復したい場合だけマスキングテープと両面テープを準備する。

全てDAISOでそろえて、合計990円でした。

補修したい範囲にもよりますが、1,000円以下で壁紙DIYできるのはうれしいです。

復元できるレンガシートの貼り方

※復元する必要のない方は(3) 、(4) を飛ばしてください。

(1) 壁紙のホコリ・油分・水分を雑巾などの布でしっかりと拭き取る。

壁にゴミなどが付着しているとくっつきにくいので、きれいに拭き掃除しましょう。

(2) レンガシートを張りたいサイズ・デザインにカットする。

張りたいサイズ・デザインにカット

レンガの形に添ってハサミでカッティングしてください。

(3) 透明フィルムを剥がさずに、フィルムの上に両面テープを貼る。

フィルムの上に両面テープを貼る

(4) 両面テープを剥がし、その上にマスキングテープの粘着面ではない方を貼る。

粘着面ではない方を貼る

(5) マスキングテープの粘着面で壁に貼っていく。

粘着面で壁に貼っていく

(6) 完成

私は、レンガシートを貼ったところに、観葉植物も飾ってみました

これもDAISOに売られている100円商品です。

少し緑を足したことで、より爽やかな印象になりました。大満足です。

やってみての感想

壁一面(※8畳間)を張り替えると相場で1万3,000円かかるところ、今回は、たったの1,000円でおしゃれに仕上げることができました。

もちろん、このDIYをしたからといって、壁紙の痛みを直せたわけではありません。

あくまで傷んだ部分をおしゃれに隠しただけなので、「DIYをしたから大丈夫」と安心しすぎないようにしてください。

このDIYにかかった時間は「1時間」、材料費は「880円」でした。

誰でも簡単に完成させることができるので、ぜひ、挑戦してみてください。(執筆者:元エステサロン勤務 高山 香菜)