ヘアサロンでの白髪染めには、ヘアカラーとヘアマニキュアがあります。

どちらにもメリットとデメリットはありますが、元美容師の筆者が節約目線で選ぶなら、断然ヘアマニキュアです。

でも、ヘアマニキュアは、どうして節約になるのでしょう。

ヘアカラーと比べると、色持ちが悪そうなイメージもあるかもしれません。

こちらの記事では、ヘアカラーで白髪を染めるよりも節約になる理由を分かりやすく説明します。

「ヘアマニキュア」での白髪染めがおすすめ

ヘアマニキュアが節約につながる3つの理由

ヘアマニキュアの色持ちを長持ちさせるコツも伝授しますので、ぜひ参考にしてください。

(1) ヘアカラーよりもちょっとお安いヘアマニキュア

ヘアサロンでのヘアマニキュアの価格は、たいていヘアカラーと同じか500~1,000円ほど低めに設定されています。

筆者の働いていたヘアサロンでは、

・ヘアカラー 7,000円

・ヘアマニキュア 6,000円

でした。

このヘアサロンで毎月白髪を染めるなら、

・ ヘアカラー 7,000円 × 12回 = 8万4,000円

・ ヘアマニキュア 6,000円 × 12回 = 7万2,000円

ヘアカラーを使用している人がヘアマニキュアに切り替えるだけで、年間1万2,000円の節約になります。

でも、ヘアカラーとヘアマニキュアが同じ価格のヘアサロンでは、ちっとも節約にならない気がします。

ご安心ください。

価格以外にも、ヘアマニキュアには節約につながる理由があるのです。

(2) トリートメント代わりに使えるヘアマニキュア

ヘアカラーで使用するのは、脱色しながら髪に着色する薬液です。

髪にやさしいとされるカラー剤もいろいろ開発されてはいますが、残念ながら全くダメージを与えずには染められません

毎月ヘアカラーを繰り返していると、髪にはダメージが蓄積され、パサつきが目立つようになります。

ヘアサロンで髪を染めたあとに、トリートメントを勧められることもあるのではないでしょうか。

一方、ヘアマニキュアの薬液には脱色効果がありません。

ヘアマニキュアは、色のついたフィルムで髪をコーティングするように髪を染めます

ですから、ヘアマニキュアでは黒い髪を明るくトーンアップはできません。

でも白い髪なら、赤にも茶色にも染められます。

脱色剤を含まないヘアマニキュアは、髪を全く傷めません

それどころか「色のつくトリートメント」といっても過言ではないほど、髪にツヤとハリ、コシを与えます。

つまりヘアマニキュアならトリートメントの必要がなく、トリートメント代が節約できるのです。

筆者のヘアサロンでのトリートメント代は3,000円でした。

3か月に1回トリートメントをしていたとすると、

3,000円 × 4 = 1万2,000円

年間で1万2,000円削減できます

白髪染めよりマニキュア

(3) 伸びてきた白髪をごまかしやすいヘアマニキュア

ヘアマニキュアとヘアカラーでは、塗布方法が違います。

ヘアカラーは頭皮に薬液をぺたぺた付けるので、生えている髪の根元からしっかり染められます。

一方ヘアマニキュアは、地肌に薬液を付けられません。

これは、ヘアマニキュアの薬液は皮膚に付いてしまうとなかなか落ちないからです。

美容師は、地肌には付かない程度の髪の根元ギリギリまでを染めるのですが、根元に1~2mmほどは白髪が残ります。

そのため「マニキュアではきれいに染まらない」と言われることもありました。

でも、しっかり染まるヘアカラーでも、1週間もすれば根元から新しい白髪が顔を出します

そしてしっかり染まっているからこそ、伸びてきた白髪と染まっている髪との境目が気になってしまうのです。

その点ヘアマニキュアなら、染めた髪と伸びてきた白髪の境目がぼやけます

伸びてきた白髪をごまかしやすく、ヘアサロンへ行く頻度を減らせるから、ヘアカラーよりも節約しやすいでしょう。

ヘアマニキュアをもっと効果的に使う方法

節約にはおすすめのヘアマニキュアですが、髪質によっては次の懸念があります。

・ 髪質によっては染まりにくい

・ 色持ちが良くないこともある

この2点を改善するための方法をご紹介します。

染まりやすくする方法

ヘアマニキュアで白髪を染まりやすくする方法

ヘアマニキュアが苦手なのは、ツルツルすべる髪質です。

油分の残った髪の表面ではヘアマニキュアの薬液ははじかれてしまい、うまく着色できません。

ですからヘアサロンへ行く前日には、トリートメントをしないようにしましょう。

また、重厚なトリートメントやヘアオイルは髪に蓄積されることがあります。

ヘアマニキュアで白髪を染めるなら、トリートメントなら軽いもの、またはコンディショナーがおすすめです。

高価なトリートメントを使わないほうがいいなんて、ここでも節約になります。

ヘアマニキュアの色持ちを良くする方法

ヘアマニキュアは、爪に塗るマニキュアと同じように時間がたつと染料が剥がれ落ちていきます。

色持ちを良くするためには、染料が剥がれ落ち切ってしまう前に上から重ねて染めるのが効果的です。

ですからヘアマニキュアを始めてすぐの頃は、1~2か月に1度はヘアサロンへ行くことをおすすめします

重ねれば重ねるほど染料が定着していくので、数か月もすれば色持ちは改善されるはずです。

また、ヘアマニキュアには髪が濡れていると流れ落ちる性質があります。

シャンプーの後は濡れたまま放置せず、できるだけ早く乾しましょう

ヘアマニキュアを上手に使ってお得にキレイに

白髪染めをヘアカラーからヘアマニキュアに変えることで節約できる金額は、髪質やヘアサロンによって異なります。

でも、大きければ年間2万円以上の削減も可能です。

しかもヘアマニキュアには、細く柔らかくなっていく髪にハリとコシを与えてくれるメリットもあります。

ヘアマニキュアを上手に利用して、節約しながらより美しい髪を目指してみてはいかがでしょうか。(執筆者:陽山 あい)