信頼と歴史のある三井住友カード、そのポイントプログラムが「ワールドプレゼント → Vポイント」へと変更されました。

今回は、Vポイントについて徹底解説します。

三井住友カードで貯まるポイントが「Vポイント」に変更、より貯まりやすくなった

Vポイントに変更
≪画像元:三井住友カード

2020年6月1日より、三井住友カードのポイントプログラムがリニューアルしました。

これまでは「ワールドプレゼント」でしたが、リニューアル後は「Vポイント」となります。

5月末時点で貯まっているワールドプレゼントは、6月1日に自動でVポイントに移行され、面倒な手続きもありません

無駄なくポイントを貯められる

変更となるのは、ポイントの名称だけではない
≪画像元:三井住友カード

変更となるのは、ポイントの名称だけではありません。

ワールドプレゼントは、合計利用金額1,000円(税込)ごとに1ポイント(1ポイントの価値は5円)貯まり、還元率は0.5%です。

Vポイントは合計利用金額200円(税込)ごとに1ポイント貯まり、1ポイントの価値が1円相当と、還元率に変更はありません

ただし、より無駄なくポイントを貯められるようになります

例えば、合計利用金額が1万5,800円の場合、ワールドプレゼントでは15ポイント(75円相当)でしたが、Vポイントは79ポイント(79円相当)と、同じ利用金額でも4円相当多く貯まる計算です。

三井住友カードデビュープラス
≪画像元:三井住友カード

ちなみに、通常ポイントが2倍の「三井住友カードデビュープラス」は、200円(税込)ごとに2ポイント貯まり、こちらも還元率に変更はありません。

ポイントの価値が分かりやすい

ワールドプレゼントは1ポイント=5円相当で、貯まったポイントの価値を知るには「ポイント数 × 5倍」の計算が必要でした。

Vポイントは1ポイント=1円相当なので、「ポイント数=ポイントの価値」となり、直感的に分かりやすいです。

三井住友銀行で貯まるポイントとの合算ができる

三井住友銀行で貯まるポイントと合算ができる
≪画像元:三井住友カード

リニューアルによって、「三井住友カードで貯まるポイント」と「三井住友銀行で貯まるポイント」を合算して、1つのポイントとして使えるようになりました。

これで、ポイント交換までの時間をぐっと短縮できます

ちなみに、以下のような方法を使い、三井住友銀行でVポイントを貯められます。

・ SMBCダイレクトにログイン:5ポイント(月1回まで)

・ 三井住友銀行ATMを利用:入出金1回10ポイント(月3回まで)

・ SMBCデビット:カードショッピング利用額の0.5%分

ボーナスポイントが分かりやすくなった

ワールドプレゼント時代にもボーナスポイントはありましたが、若干分かりにくいものでした。

2月~翌年1月分の利用金額に応じて翌年度のステージが決まり、翌年度の利用金額とステージに応じてボーナスポイントがもらえる、というものです。

最低1年間は待たないといけないので、少し分かりにくいです。

最低1年間は待たないといけない
≪画像元:三井住友カード

しかし、ステージ制は2021年1月支払い分をもって終了となり、2021年2月からボーナスポイントが改定されます。

当月の利用金額が5万円(税込)以上の場合、ボーナスポイントがプレゼントされる、というものです。

これなら、1年待たなくてもすぐにボーナスポイントがもらえます。

多く利用するほどにボーナスポイントも多くもらえるので、使う動機付けにもなります。

貯まったVポイントはより使いやすく

ポイントがより使いやすくなった

Vポイントは貯めやすいだけでなく、使いやすくもなりました。

ワールドプレゼントを交換する場合、多くの交換先で最少交換単位は200ポイント(1,000円相当)です。

Vポイントでは、多くの交換先で最少交換単位は500ポイント(500円相当)となり、交換へのハードルが低くなります

これなら、有効期限2年間(カードによって異なる)のVポイントを、期限切れで失効させる失敗も少なくなります

キャッシュバックのレートがアップ

キャッシュバックのレートがあがる
≪画像元:三井住友カード

ポイントに交換するのもいいですが、キャッシュバックはやはり魅力的です。

これまでもキャッシュバックは可能でしたが、Vポイント1ポイントが0.6円分にしかなりません。

iDバリューでしたら1ポイントが1円ですが、iD利用分にしか充当できません。

2月28日をもって、iDバリューと1ポイント → 0.6円のキャッシュバックが終了し、新たなキャッシュバックが誕生します。

新たなキャッシュバックは1ポイント → 1円のレートにアップし、iD利用分も対象です。

キャッシュバックの有効期限は3か月間ですので、そこだけ注意しましょう。

Vポイントの注意点

Vポイントは注意点が4つあります。

【注意点1】対象カード

Vポイントの対象カードは、以下の通りです。

・ 個人カード(一部提携カード除く)

・ 三井住友ビジネスカードfor Owners

・ 三井住友コーポレートカード(個人システム型)

【注意点2】Vポイント還元対象外の取引

以下の取引ではVポイントが還元されませんので、注意しましょう。

・ キャッシング

・ 国民年金保険料

・ Edyチャージ

・ モバイルSuicaチャージ(Apple Payの利用含む)

・ モバイルSuicaチケット購入(Apple Payの利用含む)

・モバイルPASMOチャージ

・ SMART ICOCAチャージ

・ WAONチャージ

・ nanacoチャージ

・ 三井住友カードが発行するプリペイドカードの購入・チャージ

【注意点3】ポイント合算には「おまとめ手続き」が必要

「三井住友カードで貯まるポイント」と「三井住友銀行で貯まるポイント」を1つのポイントにするには、「おまとめ手続き」をしなければなりません

おまとめ手続きをするには、以下の条件を満たす必要があります。

・ 三井住友カードを持っていてVpassに登録済

・ 三井住友銀行の口座があって「SMBCダイレクト」に登録済

おまとめ手続きは、VpassかSMBCダイレクトにログインして「ポイントをまとめる」をクリックすれば、サクッと完了します。

【注意点4】景品カタログからポイント交換できない

ワールドプレゼントの時には、景品カタログに付いている応募用紙を使って、ポイント交換ができました。

しかし、Vポイントでは景品カタログを資料請求できるものの、カタログからポイント交換はできません

Vpassか電話を使ってポイント交換をしましょう

Vポイントはよりポイントを貯めやすく、使いやすくなる

三井住友カードので貯まるポイントが「ワールドプレゼント → Vポイント」に変更されました。

ポイント還元単位が少なくなり無駄なく貯まりやすく、交換単位も少なくなったので交換しやすいです。

三井住友カードをより使いたくなる変更でした。(執筆者:キャッシュレス研究家 角野 達仁)