先日賃貸の集合住宅から持ち家へと引っ越しをしました。

今回の引っ越しで頭を悩ませたのが、テーブルやテレビボードなどの大型家具の処分方法でした。

そこで初めてジモティーを利用してみると、とても便利でした。

ジモティーを利用して大型家具を譲った体験談や、活用するためのポイントなどを紹介します。

ジモティーで家具処分費用を節約

捨てるのに500~2,000円の処分費用

家具や家電が不要になったときには、粗大ごみとして捨てるのが一般的です。

ですが粗大ごみとして処分するのにも、お金がかかります。

筆者の住む自治体の場合、テーブルや家電を1つ処分するのに500円から2,000円程度の費用がかかります

手続きも、

・ 市役所の担当部署に電話して

・ 粗大ごみ回収用の証紙を取扱店で購入し

・ 指定された日時に自宅前などの指定場所に出しておく

という手順が必要です。

自分の都合のいい時に回収してもらえるわけではないので、少し面倒だと感じます。

ゴミ処分場まで自分で搬出するという手もありますが、安く済む反面、自分たちで車に家具家電を積み込んで郊外にある処分場まで持っていくとなると半日仕事です。

メルカリは送料で赤字

不用品を他の人に譲る手段として有名なのは、何と言ってもメルカリです。

しかしメルカリは品物を発送しなければならず、当然送料が発生します。

筆者が持っていた家具や家電は、購入から年数が経っており高値はつけられません。

しかし大きな物を送るとなると、送料も高くなります。

メルカリで出品すると送料で赤字になりそうでした。

そこで利用したのが、ジモティーというフリマ掲示板サイトです。

ジモティーの特徴とメルカリとの違い

ジモティーのコンセプトは「地元の人とやりとりする掲示板サイト」です。

ジモティー
≪画像元:ジモティー

基本的にアイテムは発送ではなく直接受け渡しをします。

メルカリでは直接の受け渡しはできないため、ここが大きな違いです。

さらにメルカリは最低出品価格が300円という決まりがありますが、ジモティーは最低価格に定めがありません

つまり無料で譲ったり、もらうことが可能です。

そのためか、ジモティーに出品された商品を見ていると「少しでも高く売りたい」というよりは

「お金を掛けて捨てるくらいなら、無料で誰かに譲りたい」

という使い方をしている人が多いようです。

実際にジモティーを使った感想

筆者もさっそく座卓とテレビボードを0円で出品しました。

それぞれ一両日中に引き取り希望者が手を挙げてくれたのには驚きました。

その後はメッセージでやり取りし、お互いの都合の合う日に無事引き取ってもらえました。

捨てれば3,000円ほど処分費用として払わなければならなかったので、無料でも引き取ってもらえてお得だったと言えます。

注意点

今回は出品したのが大物だったことと、数日中に引っ越しを予定していたことから自宅前まで取りに来てもらいました。

しかしジモティーでは、トラブルを防ぐため自宅以外の場所でのやりとりを推奨しています。

特に1人暮らしの女性は気を付けた方が良いでしょう。

また、メルカリでは金銭のやりとりはオンラインで行います。

しかしジモティーでは基本的に

・ 現金をその場でやり取りするか

・ 自分で口座を教えて振り込んでもらうか

のどちらかの方法で代金を受け取ることが多いです。

オンライン決済機能も実装されていますが、利用している人は少ない印象です。

直接現金をやり取りすることになるので、高額な取引をする場合は慎重に相手を見極める必要があります。

その他にもネットでジモティーについての評価を見ると、

「ネットワークビジネスに勧誘された」

「受け渡しの段階になってクレームを付けられて、取引をキャンセルされた」

などの体験談が散見されます。

しっかりとメッセージのやり取りをして、信頼できる相手かどうかを確かめることである程度トラブルを防ぐことができます。

譲る予定の不用品を丁寧に箱詰め

まだ使える大物ならジモティーに出品

ジモティーの良いところは送料をかけずに大物を譲ることができる点だと、利用してみて感じました。

個人間のやりとりなので、トラブルに巻き込まれないよう気を付けなければなりませんが、無料で譲るなら金銭のやり取りが発生しないのでなおのこと気楽です。

まだ使えるけれど処分する必要がある、という家具家電はジモティーに出品してみると処分費用が浮きます。(執筆者:金子 ゆかり)