「デリバリーサービスをしていないお店のメニューを今すぐ食べたい!」

そのようなときに便利なのが Uber Eatsです。

Uber Eatsは配達員がお店から食品を受け取って家まで配達してくれますが、若干割高になるのが難点です。

Uber Eatsをお得に楽しむには、クーポンの活用が必須です。

この記事では、Uber Eatsのクーポンの種類やクーポンを使った実例を紹介します。

Uber Eatsが割高になる理由

Uber Eatsはデリバリーをやっていないお店の料理でも、かわりにお店に買いに行って家まで届けてくれるサービスです。

家の中でレストランと同じものを食べられる便利さはあるのですが、お店で食べるよりも割高です。

では、なぜ割高になってしまうのでしょうか。

理由1. メニュー金額に手数料が上乗せされてる

Uber Eatsで開く各店舗のメニューは、お店の公式メニューよりも割高です。

たとえば、「かつや」でメンチカツ単品をテイクアウトすると、1枚が165円(税込)です。

しかし、Uber Eatsアプリで表示されるメニュー価格では2枚で550円(税込)、1枚あたりの金額が6割以上も高くなります

お店側が手数料を支払わなければUber Eatsに出店できないため、そのぶんの金額が料理に上乗せされているためです。

理由2. 配達料がかかる

Uber Eatsに限ったことではありませんが、デリバリーには配達料金がかかります。

Uber Eatsの場合には、店舗や天候、さらには時期によって金額が変動します。

理由3. サービス料がかかる

注文金額の10%が、サービス料としてかかります。

1,500円分を注文すると合計金額は「配送料 + 150円」になる計算です。

Uber Eatsのクーポン・割引の種類

割高になる印象のUber Eatsですが、定期的にクーポンや割引が適用されます

時期によって変動するので一概にはいえませんが、年間を通してよく見かけるクーポンや割引の内容を紹介します。

初回限定の割引クーポン

Uber Eatsを初めて利用するユーザーに提供されるクーポンです。

時期によって金額が異なるのですが、現在は3月31日まで750円以上の注文が最大1,800円オフになるクーポンが配布されているようです(2021年1月31日現在)。

お友達紹介クーポン

Uber Eatsを利用したユーザーに提供されるクーポンです。

知人にクーポンコードを伝えることで、紹介された人にも紹介したほうにも割引が適用されます。

現在は紹介側が1,200円オフ、紹介された側が1,500円オフになるようです(2021年1月31日現在)。

サービス加入でもらえるクーポン

時期によっては、Uber Eatsと企業がコラボを組み、企業のサービス加入でUber Eatsの割引クーポンがもらえることもあります。

現在はauスマートパスプレミアム加入で、すぐに使える1,800円オフクーポンと翌月から2か月連続でもらえる1,000円オフクーポンを提供しています(2021年1月31日現在)。

店舗ごとに異なる無料サービス&オフクーポン

店舗によって「〇〇円以上注文で〇〇円オフ」といったものや、サイドメニューを無料でつけてくれるサービスを提供しています。

こちらも時期によって、内容や実施店舗が異なります。

お友達紹介クーポンを実際に利用

実家の母が「Uber Eatsってちょっと気になるのよね」というので、私のお友達紹介クーポン使って実際にUber Eatsに初チャレンジしてもらいました。

前にUber Eatsを頼んだ際に、そのままになっていたクーポンがあるのでそれを利用しました。

被紹介者の母が1,500円オフクーポンで注文

母のラインにクーポンを送り、同時に母のスマホにUber Eatsのアプリをダウンロードしてもらいます。

そして、近くの配達ができる店舗を検索して、今回は「かつや」さんにしました。

今回は「かつや」を利用

1,500円以上で1,500円オフになるクーポンであるため、なるべく足の出ないように合計金額は1,550円にしました。

さらに、期間限定の配送手数料0円サービスが自動適用、サービス料の加算とお友達紹介クーポン適用で、合計205円で注文できました

合計205円で注文できました

紹介側にも1,200円オフクーポン

商品の配達が終了したと同時に、私のスマホにも1,200円オフのクーポンが配布されました。

私のスマホにも1,200円オフのクーポンが配布

別のお友達をさらに紹介すれば、また、別の1,200円オフクーポンがもらえるはずです。

お友達紹介より初回限定オフのがお得なのか

今回はお友達紹介のクーポンを使いましたが、実は、金額的には初回オフクーポンのほうがお得でした。

お友達紹介クーポンは、紹介された側は1,500円オフ、初回オフクーポンなら1,800円オフだったのです。

初回オフクーポンのほうがお得

しかし、母は「1,500円のほうだったら、あなたも恩恵に預かれるんでしょ?」と、あえてお友達紹介クーポンを使用してくれました。母の愛に涙です。

ちなみに、クーポンの併用はできません

もし、紹介してくれた側にも得してほしいのであればお友達紹介クーポンを、単純にお得度を上げたいのであれば初回オフクーポンを使うと良いと言えます。

Uber Eatsでおうちもレストラン気分

Uber Eatsはお店で食べるよりも割高ですが、クーポン利用や使用時期を考えて賢く活用するとかなりお得になるサービスです。

お得な時期を見計らって、おうちでもレストランのおいしい食事を楽しんでください。(執筆者:遠藤 舞衣)