台所掃除の中で最も大変なのは、毎日のようにゴミが溜まる「排水口」ではないでしょうか?

排水口はゴミが詰まったりヌメりが残りやすく、放置するほど掃除は大変ですが、忙しい主婦の方は毎日こまめに掃除するのは難しいです。

そこでダイソー利用歴20年以上の筆者がここ3年ほど愛用している、台所の排水口掃除に便利なアイテムを4つ紹介します。

この4アイテムのおかげで、台所の排水口はピカピカを保っています。

使い方のコツや使用頻度も紹介するので、台所掃除に頭を悩ませている方や、掃除グッズにかかる費用を節約したい方はぜひ参考にしてください。

ダイソーの便利でコスパのいい掃除グッズ

ダイソーには台所掃除に使えるアイテムが多数販売されています。

筆者は20年以上ダイソーを利用していて、これまでにさまざまなアイテムを使用してきましたが、中には正直「イマイチ」なアイテムがあることも否定できません。

1つあたり100円の価格だとしても、できればムダにせず、効果が実感できるものを選びたいと思うのが本音のはずです。

今回紹介する4アイテムは、いろいろと試した中で筆者が「これだ!」と思い愛用しているものですから、きっとみなさんにも満足していただけるはずです。

1. オレンジオイル配合パイプ洗浄剤

オレンジオイルはなかなかすごい威力なの

オレンジオイルが配合されているパイプ洗浄剤は、除菌・消臭効果が期待でき、排水口の嫌なニオイやヌメりを防いでくれます。

8回分で110円で、1回分の価格は約14円、1週間に1回の頻度でOKなので、1つで2か月分、費用は55円です。

使い方は、排水口のストレイナーを外し、水が溜まる部分にタブレット状になった本剤をポンと入れるだけとお手軽で、コップ1杯程度の水またはぬるま湯を流せば完了です。

2. キッチン排水口用ヌメリ取り

排水溝のヌメヌメって嫌なのよね

キッチン排水口用ヌメリ取りは、ストレイナーにぶら下げておくだけで、除菌と消臭効果が期待できるアイテムです。

1つ110円で使用期間は約5週間、1週間あたり22円1か月で88円とこちらも格安です。

バラの形になったプラスチックの本体の中に、除菌・消臭効果のある薬剤が入っています。本体にヒモがついているので、ストレイナーの取手に取り付ければ完了です。

5週間に1回取り替えればいいのも簡単でいいです。

このアイテムは塩素系なので、酸性タイプの製品とは絶対に一緒に使わないでください。

3. 99.9%除菌パイプクリーナー

パイプもちゃんと掃除しておかないと大変なことになるのよ

99.9%除菌パイプクリーナーは、排水口のつまりやヌメリ、髪の毛のトラブルの解決のサポートをしてくれる心強い味方です。

1本110円と激安なのに、筆者的にはドラッグストアにある500円以上する類似品以上の効果があるように感じています。

排水口のストレイナーのゴミを取ったあと、ストレイナーと排水口の前面に液体を満遍なくかけたら、15~30分放置して洗い流すだけです。

1か月に1回ほどの頻度で使えば良く、1回あたり5分の1程の量で済むので1か月約22円の費用で済みます。

こちらも塩素系の製品ですから、酸性タイプのものと一緒に使用しないでください。独特のニオイがありますので換気も忘れないようにしてください。

4. しっかり洗浄用ポイントブラシ

ポイントブラシでコシコシするとぴかぴかよ

排水口の汚れ対策は常にキッチン用ヌメリ取りをぶらさげ、オレンジオイル配合パイプ洗浄剤を週に1回排水口へ放り込み、月に1回99.9%除菌パイプクリーナーでクリーニングをするだけでもOKです。

さらに排水口に汚れがついたときにサッと掃除しておけば完璧です。

しっかり洗浄用ポイントブラシは、細かい部分まで掃除できるよう、ブラシヘッドが小さめになっています。

さらにヘラもついているので、万が一汚れがこびりついていてもこれ1本で掃除は完了。

写真は筆者が現在使用している最中なので2本ですが、新品は3本入りで110円です。

1本あたり約37円、1本1か月以上持ちますからコスパも二重丸です。

1か月約200円でピカピカを保つ

お恥ずかしい話、ダイソーのアイテムに出会う前は、台所の排水口掃除をサボり気味だったため、それはもうひどい状態でした。

ドラッグストアにあるアイテムはやや価格が高めなので、なかなか購入に踏み切れなかったのですが、現在は1か月200円ほどの費用で済んでいます。

さらに毎日きっちり掃除しなくても、排水口はピカピカな状態をキープしています。

忙しくて台所掃除に時間をかけられない方や、掃除にかかる費用を節約したい方は、ぜひ今回紹介した4アイテムをダイソーでみつけてください。(執筆者:メルカリ取引500回以上 石神 里恵)