ダイソーでは常に新商品が入荷し、私たちの目を楽しませてくれます。

その一方で、お客さまがリピートを繰り返すことで定番化した人気商品も存在します。

リピートが多い理由はズバリ「お得」だからです。非常にお得なのでついつい大人買いしてしまいますよね。

今回は、ダイソー店員だった筆者が大人買いされることの多い定番お菓子を紹介します。

1. 有機栽培栗100% こだわりのむき甘栗

こだわりのむき栗
≪画像元:Amazon.com

秋冬の販売期間中はレジ横、もしくはレジ近辺に大量に陳列されている、かなり売れる商品がこの甘栗です。

量が多くて安いことが特徴で、本家の「甘栗むいちゃいました」は70gで300円程度するのですが、こちらの「こだわりのむき甘栗」は120gで100円ととにかく安いのです。さらに美味しいときています。

無選別栗なのでサイズは大小さまざまで割れもあるのですが、JAS規格認定商品なので安心、安全です。

そのまま食べるだけではなく、炊き込みご飯に入れたり、お菓子の材料として使うなど活用方法の幅も広いので助かります。

甘さがしっかりとあって腹持ちも良く、カロリーも低いので、「ヘルシーおやつ」として特に若い女性に人気のある商品です。

商品情報

【原材料】有機栗

【内容量】120g

【カロリー】216kcal

【価格】100円(税別)

他の市販品の80%OFF相当の価格です。

【備考】保存料、着色料不使用

2. ブラックサンダー

ブラックサンダー
≪画像元:Amazon.com

こちらは4個100円商品の中でも根強い人気を誇り、箱買いする人もいるほどです。

お子さんから大人まで購買層の幅が広く、スーパーで買うと1個30円程度することから「ブラックサンダーはダイソー以外では買いません」というお客さまもいらっしゃいます。

個包装で価格も安く種類も豊富なことから、バレンタインデー周辺になると需要が増えるので、箱を開けずにそのまま陳列する店舗もあります。

会社の方やクラスメイトに義理チョコ、友チョコとして配る人が多いようですが、私は毎日のプチご褒美として箱買いでストックしています。

ちなみに、4個100円商品は同じ商品4個である必要はなく、4個で100円のお菓子コーナーの商品が合計4個であればよいので、「ブラックサンダー2個 + セコイヤチョコレート2本」でも大丈夫ですよ。

商品情報

【価格】
4個で100円、箱買いの場合には20個で500円

市販品の17%OFFです。1日1個食べると仮定すると1か月で約150円、年間で1,825円の節約になります。

【備考】
「至福のバター」「しっとりプレミアム」「ビッグサンダー」は2個で100円、「柿の種サンダー」「ゴリゴリサンダー」「フレーフレーク味」は3個で100円、季節限定で抹茶味やほうじ茶味など新商品が定期的に入れ替わります。

3. 東京拉麺・チキン

東京拉麺・チキン
≪画像元:Amazon.com

こちらもダイソーではロングセラーと言える商品です。

朝ドラで「まんぷく」が放送されていた頃は本家のチキンラーメンが売れましたが、ダイソーで販売しているチキンラーメンは20g × 3袋入り100円であるのに対し、東京拉麺・チキンは30g × 4袋で100円と、内容量が多くて価格も安いのでおすすめです。

「市販のカップラーメンほど量は食べられないけれど小腹を満たしたい」という時にピッタリのちょうど良いサイズです。

スーパーで買うと120~150円するので、ダイソーでの購入がお得ですよ。

お湯をかけてミニラーメンとしておやつや夜食に楽しんだり、そのまま砕いてスナックとして食べても満足できるので、お子さんから大人まで、男女問わずファンの多い1品です。

商品情報

【内容量】30g × 4袋

【味】
チキン味のほかにマイルドカレー味、ピリ辛にんにく味(期間限定でトムヤムクン味、エビ塩とんこつ味も存在するそうですが、私は見たことがありません)

【価格】100円

市販品の17~33%OFFです。1日1個食べると仮定すると1か月で約150~375円、年間1,825~4,562円の節約になります!

食べたことのない人は試す価値あり

1日の差額は小さくても、年間にすると数千円の節約になるので見逃せませんよね。

食べ始めたら止められなくなること間違いなしのコスパに優れたこのお菓子をまだ食べたことがない方は、召しあがってみてください。

あなたも大人買いしたくなるかもしれませんよ。お得だからと言って買いすぎにはご注意くださいね。(執筆者:山城 奈々)