パン派なら欠かせないのがパンのお供です。

マーガリンやバターなどの定番から、ジャムやスプレッドなどの甘いものまで、いろいろなものが準備されていると、朝食が楽しくなります。

業務スーパーには、定番商品はもちろん独自の直輸入商品もたくさんあり、見ているだけで楽しくなります。

しかし、普通のスーパーよりも大容量であるがゆえに失敗したときのダメージは計り知れません。

そこで今回は業ス歴15年の筆者が実際に購入してみたパンのお供の中からよかったもの、イマイチだったものをご紹介していきます。

※なお価格は全て税込みです。店舗によって品ぞろえが異なることがあります。

パンのお供

他店の半額「ピーナッツバター」は買って損なし

業スーのピーナッツバター

栄養豊富なピーナッツバターはパンに塗るだけでなく、お菓子作りや料理にも使うことができる汎用性の高い商品です。

わが家ではジャムなどと一緒にサンドイッチにしたり、練りごまの代用品としてドレッシングや和え物、担々鍋などを作るときに活用しています。

とはいえ、普通のスーパーでは500円近くする高級品でなかなか常備とまではいかなかったのですが、業務スーパーではなんと同じ分量で214円です。

しかも味はほとんど変わらないので、今では欠かさず常備しています。

子供受け抜群!見た目もかわいいチョコクリームスプレッド

かわいいチョコクリームスプレッド

子供が大好きなチョコレートはパンに塗ってあげるとそれだけで食事のスピードが速くなります。

業務スーパーには直輸入品のチョコレートスプレッドがたくさんあり、どれも非常にお手頃価格です。

また、チョコレートスプレッドは多くが常温保存なので、冷蔵庫のスーペースを考えなくていいのも助かります。

中でも、こちらのゼブラーズチョコクリームスプレッドはシマシマの見た目もおもしろく、チョコレートの苦味が控えめなので、子供受け抜群です。

子供受け抜群のチョコクリームスプレッド

400g入りの大容量ですが、値段は268円とそれほどでもありません。

あまり比較になる同様の商品が売られていないのですがチョコレートスプレッドは一般的に100g、200円くらいするので十分安いと言えそうです。

一方大人におすすめなのが「Nutkao」というイタリア製のヘーゼルナッツクリームです。

イタリア製のヘーゼルナッツクリーム
≪画像元:業務スーパー

こちらは400g、405円と先ほどの商品より高めではありますが、とにかくチョコレートの味がしっかりしていて、チョコレートスプレッドの元祖とも言えるヌテラにそっくりなんです。

ヌテラは店にもよりますが、大体この倍くらいの値段しますので、チョコレート好きな方なら絶対に「Nutkao」を買って損はありません。

定番は意外と「普通」お得感はイマイチ

バターやジャムはさまざまなサイズでの販売があり、1kg超えなどの大容量となると非常に安いです。

一般家庭で使いこなせるようなある程度小さなサイズとなると残念ながら安いスーパーや普通のスーパーの特売と同じくらいの値段帯です。

味についても、特別「おいしい」というものはないので、ついで買いならまだしもこれだけのために業務スーパーへ、というほどではありません。

ファットスプレッド(資質含有率が低いマーガリンのようなもの)については小さいサイズのものでも十分安いのですが、私的にはおすすめできません。

小さくても400gというなかなかの量である上、日常使いするこのような商品を失敗すると非常にダメージが大きいためです。

実際、筆者は過去に業務スーパーオリジナルの「なめらかママソフト」というファットスプレッドを購入したことがあるのですが、独特の甘い香りの香料が気になって、なかなか使い終わりませんでした

400g入り138円と価格は非常に安かったものの、使い切るまでの数か月我慢しなければならなかったので、数十円で大きな損をしてしまったなと思わずにいられませんでした。

味については好みがあるので「この商品が失敗、成功」と一概には言えません。

業務スーパーでパンのお供を買うなら「この味」という固定概念のある定番商品よりもあまりなじみのない輸入商品の方がおすすめです。

この他にもお手頃価格で珍しい商品もたくさんありますので、業務スーパーを活用してパンのお供のバリエーションを増やしてみてはいかがでしょうか。(執筆者:3人の子を育てる主婦ライター 岩崎 はるか)