コロナ禍においては、密を避けて感染リスクを低減するために時差通勤を取り入れている職場も多いのではないでしょうか。

JR東日本は2021年3月15日から、Suica通勤定期券の利用者に時差通勤を促す目的で「オフピークポイントサービス」を開始します。

事前にエントリーを行う必要はありますが、その後は対象時間帯に自動改札を通過するだけでポイントが還元されるというお得なサービスです。

この記事では「オフピークポイントサービス」の概要と、具体的にどのような点に気をつければポイントが取得できるかについて、例を挙げながら説明します。

オフピーク通勤でJREポイント獲得中

「オフピークポイントサービス」概要

JR東日本による、時差通勤を推進するサービスです。

Suica通勤定期券利用者を対象とし、

・ 平日の朝

・ 対象エリアの駅でポイント還元対象となる時間帯に自動改札機を利用すると

・ 1回につき15ポイント(早起き時間帯)もしくは20ポイント(ゆったり時間帯)のJRE POINTが還元されます。

ポイント還元対象となる時間帯の利用回数が2か月分ごとに計算され、JRE POINTが還元されます。

実施時期は2021年3月15日〜2022年3月31日までの予定です。

サービスの適用には、対象のSuica通勤定期券をJRE POINTに登録し、JRE POINT Webサイトにてエントリーを行う必要があります。

詳しくはJR東日本の専用Webサイトを確認してください。

事前登録、エントリーが必要

「オフピークポイントサービス」を適用するには、まず利用中のSuica通勤定期券がJRE POINT Webサイトに登録されている必要があります。

すでに登録されているかどうかは、JRE POINT Webサイトにログインし、メニュー画面から → 会員ページ → 登録ポイントサービス確認・変更に進み、Suicaの欄に使用中のSuica通勤定期券のID番号が表示されていればOKです。

JRE POINT Webサイトで手持ちのSuicaの登録確認
≪画像元:JR東日本

その上で、JRE POINT Webサイトの専用ページに進み、「オフピークポイントサービス」へのエントリーを行うことで、適用が可能です。

オフピークポイントサービスへのエントリー
≪画像元:JR東日本

事前に登録しないと、いくら対象時間帯に自動改札機を通ってもポイント還元の対象にならないので注意してください。

自分の最寄り駅の対象時間帯をチェック

「オフピークポイントサービス」の適用には、対象エリアの各駅でポイント還元の対象となる時間帯に自動改札機を通過する必要があります。

対象時間帯はJR東日本のWebサイトから確認できるほか、最近は各駅でのポスター掲示も進んでいるので、いずれかの方法で確認しておきましょう。

対象時間帯は、各駅のピークアワーの前後1時間に設定されています。

【例:立川駅】

朝5:45〜6:45「早起き時間帯」(15ポイント還元)

8:15〜9:15「ゆったり時間帯」(20ポイント還元)

どこの駅からもおおむね、

23区内に9:30もしくは10:00の出社

が調整できるようであれば「ゆったり時間帯」が適用できそうです。

遅めの出社が難しい職場にお勤めであれば、少しがんばって「早起き時間帯」での通勤にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

注意「ポイント還元対象外」となる場面

「オフピークポイントサービス」には、いくつか適用対象外となるパターンがあるので、事前に把握しておきましょう。

特にJR線から他社線に乗り換える時、乗換改札機が他社線管理だとポイント還元の対象から外れてしまいます

JRと私鉄とを乗り継いで通勤されている方は、少し面倒ではありますが、乗換改札機を使わずに1度JRの改札を出て、私鉄の改札から入り直すことでポイントが適用になるので覚えておきましょう。

その他、Suica残高を利用して定期券外にまたがって乗車した場合や、有人改札で入出場した場合などが対象外です。

詳しくはJR東日本の専用Webサイトで確認してください。

オフピーク出勤でJREPOINTを獲得

通勤だけで買い物2,000円分と同じポイント

通常、アトレやecuteなどの駅ビルでの買い物では、100円で1ポイントの還元です。

通勤するだけで2,000円分もしくは1,500円分の買い物をした時と同じだけのポイント還元が受けられるのは、とてもお得と言えるのではないでしょうか。

ぜひ「オフピークポイントサービス」に登録して、快適なオフピーク通勤とお得なポイント還元とを両立させましょう。(執筆者:星澤 美衣)