徐々にポイント改悪が進行中の楽天カードに、またひとつショックなニュースがあります。

2021年6月から「公共料金」支払いの際のポイント付与が1/5に低下してしまいます。

常時1.0%以上と高還元率だからこそ、引き落しにする意味があります。これが0.2%になるのです。

楽天カードをメインにして多くの引き落しをしている人も多いはずです。今のうちに対策を始めましょう。

【楽天カード】6月~還元率が大きく低下する「公共料金の引き落とし」

楽天カードの公共料金支払いポイントはこうなる

楽天カードの基本のポイント還元は、次の通りです。

・ 100円利用ごとに1ポイント付与(還元率1.0%)

・ 楽天Edy、楽天キャッシュへのチャージは200円利用ごとに1ポイント(還元率0.5%)

2021年6月から、この基本のポイント還元に大きな例外が登場します。公共料金の大部分が、このようになります。

・ 500円利用ごとに1ポイント付与(還元率0.2%)

「月1万円」の電気代を引き落としている場合、6月以降のポイントリターンがこう変わるというわけです。

6月以降のポイントリターン

ポイント低下の対象となる公共料金

ポイント低下の対象となる支払は、次の通りです。

・ 大手電力会社(10社)

・ 大手ガス会社(16社および仙台市ガス局)

・ 水道事業者(東京都および政令指定都市でクレジットカード引落し実施中の13事業者)

・ 自動車税

・ 固定資産税

・ 都市計画税

・ 法人税

・ 地方法人税

・ 贈与税

・ 源泉所得税

・ 住民税

・ 国民年金保険料

・ Yahoo!公金支払い

新聞、通信料金、携帯料金、NHK受信料などは、今回の改定に無関係です。

ただし、NHK受信料をYahoo!公金経由で支払うとポイント低下の対象になります。気を付けましょう。

また、電力・ガス会社でも影響を受けない事業者もありますが、そちらは後述します。

ポイント低下対象の水道料金

水道については、「東京都と政令指定都市」でクレジットカード引き落しが可能な自治体の水道局は、すべてポイント低下の対象です。

それ以外で、クレジットカード引き落しを実施している水道局は影響を受けません。たとえば長崎市、埼玉県川口市、兵庫県明石市などです。

水道局は、銀行引き落しにすると月50円程度の割引があることが多いので、楽天カードから銀行に替えるのも手です。

ポイント低下の対象の電力とガス

ポイント低下の対象となる電力・ガス会社は、ならない電力・ガス会社は次の通りです。

・ ポイント低下:従来の電力、都市ガス

・ ポイント従来通り:新電力、新ガス、プロパンガス

電力会社でポイント低下の対象となるのは、東京電力エナジーパートナー、関西電力など、いわゆる地域系電力会社です。

ガス会社も、東京ガスや大阪ガス等、地域系都市ガスの会社が対象です。

新電力、新ガスは含まれないので、「楽天でんき」と「楽天ガス」に切り替えた人、今から切り替える人には影響がないというわけです。

楽天グループに限らず、無数にある新電力と新ガス会社であればポイント低下の対象外です。

一方で、「東京ガスや大阪ガスに電力を移した」「東京電力エナジーパートナーや関西電力にガスを移した」という場合には、ポイント低下の対象です。請求が1本化されているためです。

税金の支払いもポイント低下

税金もポイント低下の対象です。

住民税のように引き落しで支払うか、租税公課支払サイトで臨時にその都度支払うかを問いません。

「Yahoo!公金」など公共料金支払いサイトでは、税金支払いの際には手数料が発生します。

ポイント還元率が高ければ手数料を支払ってもカード支払いが得になることが多いのですが、0.2%では確実に損をします。

大型のキャンペーンへの参加など一定の利用額を求められている際にはよいとしても、それ以外のシーンでは支払うカード自体を替えるのが得策です。

引き落しのクレジットカードを変更する

楽天カードの、公共料金支払のポイント低下は6月からです。早いうちに、引き落しを他のカードに替えることをおすすめします。ないようであれば作りましょう。

クレジットカード会社の多くは引き落しを重視しているので、追随することはないはずです。

また、アメックス(プロパーカード)のように、公共料金支払の還元率がもともと半分のものもあるので、こちらは避けましょう。

還元率の高いおすすめクレジットカード

リクルートカード
≪画像元:Recruit

公共料金だけが高還元率だというカードはないので、還元率の高いカードを選ぶのが得策です。以下がおすすめのクレジットカードです。カッコ内は還元率です。

・ リクルートカード(1.2%)

・ Orico Card THE POINT(1.0%)

・ JCB CARD W(1.0%)

・ dカード(1.0%)

・ au PAYカード(1.0%)

・ amazonカード(1.0%)

・ ビックカメラSuicaカード(1.0%)

・ ヤマダLABI ANA アメリカン・エキスプレスカード(1.0%)

2021年3月現在、ヤマダLABI ANA アメリカン・エキスプレスカードで公共料金支払変更のキャンペーンを実施しています。

電力・ガス・水道料金のカード変更で1,000ポイント(1,000円)をもらえます。携帯電話のカード変更で、さらに1,000ポイントです。(執筆者:沼島 まさし)