たくさんの保険外交員が存在して、日々活動しています。1社専属の外交員から保険ショップのような代理店の外交員とさまざまです。どの外交員に相談しても同じ回答が返ってくるなら悩みませんが、考え方や経験値からおすすめされる内容が違うこともよくあることです。

「保険外交員ってたくさんいるけど、どんな外交員から入った方が良いのかな?」

「どの保険に入るかも大事だけど、誰から入るかも同じくらい大事だと思う!」

「最後はやっぱり相性だと思うけど…」

どの外交員も「プロ」ですので、全く違う内容でもそれらしく聞こえることがほとんどです。

結局は「正解」は後にならなければ分かりませんが、保険加入で後悔したくないのも事実です。その後悔を避けるための有力な方法が「信頼できる外交員から加入すること」です。

相手を信頼できれば満足度も格段に変わります。今回は、信頼できる保険外交員の3つの特徴を紹介します。

これが「全て」というわけではありませんが、信頼できる外交員を見つけることによって保険料の無駄を省くことにつながりますので、1つの指標にしてください。

「信頼できる保険外交員」の3つの特徴

信頼できる保険外交員の「3つの特徴」

信頼できる保険外交員の「3つの特徴」は、

1. 複数の保険会社の商品を熟知している

2. 保険だけでなくお金周り全般に詳しい

3. 状況や要望をしっかりとヒアリングしてくれる

です。

特徴1. 複数の保険会社の商品を熟知している

今の時代、家電製品と同じで保険も良いとこ取りをして加入する時代です。

家庭内の全ての家電製品を1つのメーカーでそろえているという人はほとんどいないことでしょう。

保険も保障ごとにたくさんのメーカー(保険会社)の中から選んで加入する時代です。

医療やがん、死亡などたくさんの保障がある中で、全ての保障分野においてナンバーワンの会社は残念ながら存在していません

各社それぞれに強みや弱みがあり、1つの保険会社の商品だけで全ての保障を確保するのは時代遅れとなっています。

同じ医療保険でもA社のほうがB社よりも保険料が安かったり、C社のほうがD社よりも充実した保障を確保できるなどの大きな違いがあります。

がん保障や死亡保障においても同様です。従って、複数の保険会社の商品から賢く選択するためには各保険会社、商品の比較が欠かせません

・ 医療分野に強い会社
・ がん保障に強い会社
・ 死亡保障に強い会社

をそれぞれ選択することによって費用対効果の高い保険に加入できます

また、各家庭によって状況や考え方もさまざまです。

ある家庭にはA社の医療保険がマッチしているが、別の家庭ではB社の医療保険のほうがニーズに合致しているなどということもしばしばです。

十人十色の要望に合った保険商品を提案できるのも、複数の会社の商品を熟知しているからこそです。

1社専属の外交員だとどうしても自社の商品を進めざるをえませんので、複数の保険会社を扱える代理店の外交員に相談することが望ましいと言えます。

特徴2. 保険だけではなくお金周り全般に詳しい

保険は、保険のみを単独で考えて加入すれば良いものではありません

医療保険を検討するうえで「高額療養費制度」などの社会保障制度の知識は不可欠ですし、死亡保険を検討する際には「遺族年金」の知識が欠かせません。

年金保険を検討するのであれば、将来の「老齢年金」に関する知識や他の投資商品に関する知識も必要でしょう。税金の知識も欠かせません

ライフプランを考えていく中で、全てを総合的に絡めて検討していく必要があります。

保険は「守り」ですが、「攻め」の資産形成も必要です。両輪のバランスを保つための「社会保障制度」の知識も不可欠です。

「保険の相談」はある意味では「人生の相談」でもあります。

ライフプランを見据えたうえで、さまざまな観点から相談できる知識を持った外交員に相談するのが安心であるのは間違いないことでしょう。

・ 保険の質問には何でも答えてくれるけど、投資の質問をすると「そんなのリスクだらけで怖いですよ」としか答えてくれない

・「亡くなったら家族が困るでしょ?」といって「遺族年金」の計算をすることもなく死亡保険の提案をしてくる

このような外交員は避けたほうが無難です。

特徴3. 状況や要望をしっかりとヒアリングしてくれる

しっかりとヒアリングしてくれる

家庭によって状況や考え方はさまざまです。各家庭にとって最適な保険を判断するためにも細かなヒアリングは欠かせません。

「何十年も付き合うことになる保険だからこそ安易に決めるべきではない」ということは皆さまにもご理解いただけると思います。

こちらの状況や考え方、将来の展望をしっかりと伝えたうえで初めて具体的な保険商品に落とし込むことができます。

各家庭のライフプランに沿った提案をするためには、さまざまなヒアリングおよび意見交換が必要なのです。

ところが、商品ありきで提案してくる外交員の多いことに驚かされます。

事前に具体的な情報や要望を伝えていた場合を除いて、ヒアリングや意見交換もなしに最初から保険提案してくる外交員には要注意です。

売りたい保険商品をただ出してくるのではなく、こちらの考え方や意見をふまえたうえで提案してくれるからこそ信じられるのではないでしょうか。

相性も大事

信頼できる保険外交員のもう1つの特徴を挙げるとすれば「相性」です。対人ですので相性の良し悪しも大きく影響してくるのは確かです。

相性が良ければ意見交換や意思疎通もスムーズに行われ、よりマッチした提案がなされて満足度が高くなることも事実です。必然的に信頼度も高くなります。

疑問に思う節があったら別の外交員に相談

信頼できる保険外交員の存在は、満足のいく保険加入に欠かせません。加入後は担当者として長い付き合いになります。信頼できる担当者の存在ほど心強いものはないことでしょう。

活動していくうえで当たり前といえばそれまでですが、全てを兼ね備えている外交員ばかりではありません。

少しでも疑問に思う点がある際には、別の外交員に相談するのが得策です。保険は加入すると支払いが続くので損をしないためにも外交員の見極めは大切です。(執筆者:FP歴10年 冨岡 光)