※本サイトは一部アフィリエイトプログラムを利用しています

注目記事

冨岡 光の記事一覧

冨岡 光

執筆者:FP技能士2級、証券外務員1種 冨岡 光 冨岡 光

FP歴10年。保険、投資信託、住宅ローンを専門に扱っております。趣味は株式投資と読書、家族との時間。数々のお客様をコンサルティングさせていただいた経験を活かしながら、「皆様の疑問にわかり易くお答えする」をモットーに活動しております。 <保有資格>FP技能士2級、証券外務員1種、MDRT4年連続入賞 寄稿者にメッセージを送る

新NISA開始ラストスパート! 解決しておくべき6つの疑問について解説 画像
投資

新NISA開始ラストスパート! 解決しておくべき6つの疑問について解説

2023年も12月に入り、新NISA開始まで1ヶ月を切っております。

+6
2024年の資産形成を成功させるために年内にやっておくべき4つの行動 画像
投資

2024年の資産形成を成功させるために年内にやっておくべき4つの行動

2023年も残すところあと1ヶ月を切りました。

+9
積立投資で失敗する人が思わず取ってしまっているNG行動4つ 画像
投資

積立投資で失敗する人が思わず取ってしまっているNG行動4つ

資産形成の王道といえばドルコスト平均法による積立投資です。

+9
【広がる投資格差】これからの日本は投資が必要不可欠な時代になる3つの理由 画像
投資

【広がる投資格差】これからの日本は投資が必要不可欠な時代になる3つの理由

上がらない労働収入に増え続ける税負担。

+5
【積立投資】株価が上がっても下がっても積立金額を変えずに続けるべき理由について解説 画像
投資

【積立投資】株価が上がっても下がっても積立金額を変えずに続けるべき理由について解説

各証券会社において新NISAの積立設定予約が開始され、いよいよ新しい非課税制度の幕開けが目前にひかえています。

+1
【オルカンとSBI・VT】人気全世界株式インデックスファンドの違いについて解説 画像
投資

【オルカンとSBI・VT】人気全世界株式インデックスファンドの違いについて解説

新NISA開始を目前にひかえてどのファンドに投資するかについて頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。

+6
【目的と手段を履き違えるな!】新NISAが始まるまでに改めて人生の目的の確認が必要な理由 画像
投資

【目的と手段を履き違えるな!】新NISAが始まるまでに改めて人生の目的の確認が必要な理由

タイトル前に「編集中」をつけて、登録実行!

+8
【新NISA】賢く使うために絶対知っておかなければならない「負の部分」とは 画像
投資

【新NISA】賢く使うために絶対知っておかなければならない「負の部分」とは

2024年から新しいNISAが始まります。 生涯非課税投資枠として1,800万円もの金額を非課税運用できるとても素晴らしい制度です。 しかも期間も無期限。 投資をするなら使わない手はないといえるのが新NISAです。 書籍

+18
新NISA積立「予約受付開始日」発表! 改めて積立設定しておかないと損することも 画像
投資

新NISA積立「予約受付開始日」発表! 改めて積立設定しておかないと損することも

2024年から始まる新NISAの開始まであと3か月を切っています。 現行NISAで投資をしている方、新NISAから新たに投資を始める方、さまざまだと思いますが、NISAを利用する全投資家が待っていた情報がついに発表されま

+17
【新NISAの2つの枠の使い方】基本的に「つみたて投資枠」だけの利用でOK!成長投資枠の利用は限定的をおすすめする理由 画像
投資

【新NISAの2つの枠の使い方】基本的に「つみたて投資枠」だけの利用でOK!成長投資枠の利用は限定的をおすすめする理由

2024年1月から始まる新NISA。 新規口座開設も増えており、多くの方が注目していることがうかがえます。 新NISAの大きな特徴の1つに「つみたて投資枠」と「成長投資枠」の併用が可能になるという点があげられます。 つみ

+4
「新NISA」現行つみたてNISAとの違い 2つの非課税制度の違いについて解説 画像
投資

「新NISA」現行つみたてNISAとの違い 2つの非課税制度の違いについて解説

2024年から新NISAが始まります。 現行NISAと比較して投資家にとってメリットの多い制度改正となっており、これまで投資に縁のなかった方も「これを機に投資を始めてみようかな」と考えているのではないでしょうか。 とはい

+14
新NISAで高配当株投資はありか メリット・デメリットを把握した上で自身に合った投資を 画像
投資

新NISAで高配当株投資はありか メリット・デメリットを把握した上で自身に合った投資を

2024年から始まる新NISA。 現行NISAと比較して 非課税保有期間の無期限化 口座開設期間の恒久化 つみたて投資枠と成長投資枠の併用可 非課税保有限度額の大幅アップ(通算1,800万円) と私たちにとってかなりメリ

+10
【投資初心者必見】2024年からの「新NISA」買うべきファンドについて解説 画像
投資

【投資初心者必見】2024年からの「新NISA」買うべきファンドについて解説

2024年から始まる新NISA。 このタイミングで投資を始めた方、始めようと考えている方も多いのではないでしょうか。 投資初心者にまず訪れる壁の一つが「どのファンドへ投資するのか」ということです。 SNSなどでさまざまな

+25
【投資初心者必見】新NISAが開始となる2024年までにやっておくべき5つの行動 画像
投資

【投資初心者必見】新NISAが開始となる2024年までにやっておくべき5つの行動

既にNISAを始めている方、もしくはこれから投資を始めたい方、NISA口座を開設したいと考えている方にとって絶対におさえておくべき新NISAが2024年から始まります。 資産形成をしていく上でこの新NISAは間違いなく活

+31
【上昇基調】積立投資の含み益が大きくなっている今だからこそ知っておきたい3つのNG行動 画像
投資

【上昇基調】積立投資の含み益が大きくなっている今だからこそ知っておきたい3つのNG行動

昨年から急進行した円安。 「悪い円安」などと多くのメディアで報道されていたことは、記憶に新しいのではないでしょうか。 今年に入って上下の動きは落ち着いてはいるものの、まだまだ1ドル140円を超える円安傾向が続いています。

+5
インデックス投資でしがちな勘違い・NG行動5選 投資ビギナーが最低限知っておくべきこととは 画像
投資

インデックス投資でしがちな勘違い・NG行動5選 投資ビギナーが最低限知っておくべきこととは

投資の王道は、インデックスファンドの積立投資です。 老後の資産形成程度であれば、このインデックス投資のみで可能だと考えています。 ですがインデックス投資といえど、万能というわけではありません。 価格が上昇する時もあれば、

+17
株式投資1年生が知っておきたい3つのこと 慣れてきたあとの戦略と注意点も解説 画像
投資

株式投資1年生が知っておきたい3つのこと 慣れてきたあとの戦略と注意点も解説

上がらない実質賃金から、漠然と大きくなる老後不安。 そんな時代だからか、投資の門を叩く人も増えています。 投資と聞いて多くの人がまず思い浮かべるのが、株式投資ではないでしょうか。 ちょうど来年から新NISAが始まるタイミ

+3
当てはまったら要注意!積立投資を続けられない人に共通する3つの特徴 画像
投資

当てはまったら要注意!積立投資を続けられない人に共通する3つの特徴

ニュースでも報じられている通り、証券口座の開設数は増加傾向にあります。 新NISAの影響もあってか投資に興味を持つ人が増えてきている現れといえるでしょう。 初心者に推奨されている投資が積立投資です。 「NISAやiDeC

+4
「実質所得が上がらない」 誰でもできる資産形成の4ステップ 画像
ライフ

「実質所得が上がらない」 誰でもできる資産形成の4ステップ

引き続き進行するインフレに対して、上がらない実質所得。 誰しもが現在の生活だけでなく将来の生活を心配しているのではないでしょうか。 将来のために少しでもお金を貯めたい、そのために投資もしたい、多くの方がそんな考えから証券

+16
資産形成に成功する人が習慣化している4つの行動 画像
投資

資産形成に成功する人が習慣化している4つの行動

着実に資産を形成できている人と、気づいたら使ってしまっている人。 その違いは何でしょうか。 家庭環境や考え方、直面するライフステージの違いはあれど、蓄財に成功している人たちが共通して実践している習慣があります。 蓄財レー

+11
【投資の種銭作り】節約したい人がやってはいけない3つのNG習慣とその理由 画像
投資

【投資の種銭作り】節約したい人がやってはいけない3つのNG習慣とその理由

来年から新しいNISAが始まります。 現行制度と比較して年間投資可能額が増額されることもあり、今よりも大きな金額を投資できるように準備をされている方も多いのではないでしょうか。 よく耳にするのが、 「新NISAへ投資する

+7
【新NISA】少額での投資は無意味ですか? 少額でも長期保有で複利の効果を活かせる 画像
投資

【新NISA】少額での投資は無意味ですか? 少額でも長期保有で複利の効果を活かせる

2024年から始まる新NISAを前に、これまで投資に縁のなかったも気になっていると聞きます。 現行制度よりもより一般庶民に優しくなった新NISA。 将来のためにも活用しない手はありません。 投資金額に関して、 「少ない金

+11
【FIREしたいなら】勉強しておくべき3つのこと 税金の知識は必須 画像
投資

【FIREしたいなら】勉強しておくべき3つのこと 税金の知識は必須

一時のブームは去ったとはいえ、いまだ根強い人気を誇る「FIRE」という生き方。 閉塞感が漂う今の日本において 「より自由な時間を確保するため」 「より良い人生を選択するため」 いわゆる「普通の労働時間」に縛られない生き方

+15
証券会社が倒産したら預けている資産はどうなる?投資信託を守る3つの仕組みについて解説! 画像
投資

証券会社が倒産したら預けている資産はどうなる?投資信託を守る3つの仕組みについて解説!

新NISAの開始を2024年に控え、再び多くの方の投資熱、関心が増しているように見受けられます。 年間非課税投資額の拡大、非課税運用期間の無期限化という画期的な改正となることもあり、将来的に新NISAを活用している人とし

+16
【日本は羨ましい国?】海外から見ると日本は資産形成しやすく恵まれた国である理由 画像
投資

【日本は羨ましい国?】海外から見ると日本は資産形成しやすく恵まれた国である理由

バブル崩壊から失われた30年などと揶揄されている現在の日本、あまりこの国に対してポジティブな印象を持てていない方も多いかもしれません。 ですが、日本は海外の国から見ると非常に恵まれた国なのです。 世界第3位の経済大国とい

+15
新NISA「一括投資」と「積立投資」選ぶときに考慮するポイント 画像
投資

新NISA「一括投資」と「積立投資」選ぶときに考慮するポイント

2024年から新NISAがスタートします。 現行NISAよりも大きく進化することもあって、多くの方がその活用方法に頭を悩ませているのではないでしょうか。 どのように新NISAを活用するのが自分にとって一番メリットがあるの

+16
【人間は貯金ができない生き物?】効率よく投資をするために知っておきたい「パーキンソンの法則」と打ち勝つ仕組みとは 画像
投資

【人間は貯金ができない生き物?】効率よく投資をするために知っておきたい「パーキンソンの法則」と打ち勝つ仕組みとは

来年から新しいNISAが始まることもあり、これを機に投資を始めようと考えている方も多いと思います。 すでに投資をしている方も、非課税枠が拡大される新NISAをいかに活用するか、いかに投資資金を準備するかという課題に頭を悩

+9
【投資初心者必見】最強株価指数「S&P500」への投資で初心者がしがちな勘違いについて解説 画像
投資

【投資初心者必見】最強株価指数「S&P500」への投資で初心者がしがちな勘違いについて解説

投資初心者の多くがつみたてNISA制度を活用して積立投資を実践していることと思います。 また、来年から始まる新NISAでも積立投資を継続していこうと考えている方も多いのではないでしょうか。 そんな積立投資で人気の株価指数

+7
シンプルかつ簡単な資産形成「全世界株式インデックスファンド」+「現金」のススメ 画像
投資

シンプルかつ簡単な資産形成「全世界株式インデックスファンド」+「現金」のススメ

2024年から新NISAが始まることもあり投資ブームが再来しています。 特に今回のNISAの制度改正は全投資家にとって大きなメリットのある改正となっていることもあり多くのメディアで取り上げられています。 対して金融所得課

+10
【投資の成否を分けるのは手元現金の量】「何に投資するのか」よりも大切なこと 画像
投資

【投資の成否を分けるのは手元現金の量】「何に投資するのか」よりも大切なこと

昨今の投資ブームから、多くの方が積立投資をはじめとした資産形成を始めていることと思います。 また、今は投資していなくても、新しいNISAが誕生する来年頃には始めたいと考えている方もいるでしょう。 投資を始める際に多くの方

+16
【S&P500や全米株式はこれからも大丈夫?】今後の米国株投資について知っておきたいこと 画像
投資

【S&P500や全米株式はこれからも大丈夫?】今後の米国株投資について知っておきたいこと

初心者へもおすすめできる投資先としてS&P500やVTI(全米株式)といった米国株積立投資が人気です。 多くの書籍やSNSで米国株投資の解説がなされているのは皆様ご存じでしょう。 ですが米国の金利上昇、景気後退懸

+7
新NISAの誕生で「つみたて投資枠」と「成長投資枠」の併用が可能 高配当株投資の魅力と弱点について解説 画像
投資

新NISAの誕生で「つみたて投資枠」と「成長投資枠」の併用が可能 高配当株投資の魅力と弱点について解説

配当株投資とは、株を保有しておくことによって得られる配当金を目的に投資をすることです。 特に株価に対して年間配当金の割合を示す「配当利回り」が高い株へ投資することを高配当株投資といいます。 厳密に配当利回りが何%以上で高

+14
インデックス投資へ抱きやすい大いなる2つの誤解  画像
投資

インデックス投資へ抱きやすい大いなる2つの誤解 

2024年から始まる新NISAもインデックス投資家にとって悲願の内容となっています。 非課税運用期間が無期限化、口座開設期間も恒久化、投資上限額も大幅にアップしたこともあり、まさにインデックス投資家にとって「利用しない手

+11
【SBI・Vシリーズ】5つの新商品発表!商品概要と拡がる選択肢、新NISAに向けた具体的な活用例4つについて解説 画像
投資

【SBI・Vシリーズ】5つの新商品発表!商品概要と拡がる選択肢、新NISAに向けた具体的な活用例4つについて解説

人気投資信託SBI・Vシリーズの運用会社「SBIアセットマネジメント株式会社」が5つの新しいVシリーズの運用を開始するとの発表を行いました。 先月の楽天証券が行った「楽天カード決済によるポイント付与率の改善」に続くうれし

+11
【バブル後の最高値更新!】日経平均株価は今後どう動く? 短期的にはさらなる上昇も 画像
投資

【バブル後の最高値更新!】日経平均株価は今後どう動く? 短期的にはさらなる上昇も

2023年5月19日、日経平均株価は3万800円を超えて寄り付きバブル崩壊後の最高値を更新しました。 2021年9月にも3万700円を超える上昇を見せた日本株ですが、今回はそれを超える勢いで上がっています。 長期的にみて

+10
【米国株は2023年以降どうなる?】今後も米国株の上昇が期待できる4つの理由 画像
投資

【米国株は2023年以降どうなる?】今後も米国株の上昇が期待できる4つの理由

2021年までの凄まじい勢いの上昇相場がいったん終わりを迎え、2022年は米国株投資家にとって厳しい1年となりました。 円安の影響により円建評価額ではそこまで損失とならなかったものの、米ドル建では大きな下落となった1年で

+11

もっと見る