楽天市場では楽天独自のシステムSPUやイベント、セールなどを利用することで現時点で最高44倍ものポイント還元が受けられます。

「楽天ポイントせどり」は、これを利用して楽天で仕入れた物をメルカリなどで売ると、売った利益が0円でも楽天ポイント還元分が利益になるという仕組みのせどりで、「ポイ活」とも呼ばれます。

この楽天ポイントせどり、筆者がおすすめしている「中古せどり」と非常に相性が良く、ポイント還元率や高い利益率で大きい利益を出しやすい副業です。

今回はこの「楽天ポイントせどり」×「中古せどり」で稼げる仕組みについて解説します。

せどりはいろいろな商品や仕組みを知っていると幅広く稼ぐチャンスが出てきます。

ぜひこの方法も知っておいてください。

楽天ポイントせどり × 中古せどり

楽天ポイントせどりとは

まず楽天せどりと中古せどりについて簡単に解説します。

楽天ポイントせどりとは楽天で商品を仕入れ、メルカリやヤフオク!で売ることで楽天ポイント還元分の利益を得るせどりです。

通常のせどりで利益を出す場合、計算式は以下のようになります。

「販売価格-仕入れ値-販売手数料-送料=利益」

そのため、差し引かれる手数料や送料、さらに自分の利益を仕入れ値に乗せてメルカリやヤフオク!で売る必要があります。

ですが楽天市場で仕入れる場合ポイント還元があるため、ポイント倍率の高いときに購入すれば売るときに利益や送料を上乗せしなくても大丈夫です。

例えば楽天のポイントアップセールやSPUを利用し、1万円の商品に対して20%のポイント還元(2,000ポイント)が受けられるとします。

すると実質の仕入れ値は8,000円なので仕入れ値そのまま1万円で売っても利益が出ます

1万円-手数料1,000円-送料175円(仮)=8,825円(メルカリの場合)

現金ベースで見てみるとメルカリ手数料と送料分で1,175円損していますが、楽天ポイントが2,000ポイント入るので実質825円利益が出ます。

手数料や利益を乗せて売れる物を探すのは少し大変ですが、楽天で売っている価格そのままで売るなら仕入れのハードルは下がります

ポイント還元率を上げたりタイミングを計る必要はありますが、楽天ポイントせどりはハードルとリスクの低いせどりと言えるでしょう。

中古せどりとは

中古せどりとはその名の通り、中古品を仕入れて売るせどりです。

中古品は基本的に定価よりも安く売られていて、それでいて商品によっては状態の良いものも多く、高い利益率が期待できるせどりです。

楽天市場ではリサイクルショップも多数出店しており、「〇〇 中古」と検索するとたくさんの中古品がヒットします。

中古品
≪画像元:Rakuten

例えば楽天市場で人気ブランドの中古サンダルを4,180円(税込み・送料無料)で仕入れます。

人気ブランドの中古サンダル
≪画像元:メルカリ≫

このブランドはメルカリで1万円近い価格で取引されることもあります。

仮に9,500円で売れたとします。

9,500円-950円(手数料)-700円(送料)-4,180円(仕入れ代)

3,670円の利益が出ます

このように中古せどりは利益率の高いお宝商品が見つかりやすいせどりです。

「楽天ポイントせどり × 中古せどり」は非常に相性が良い

先ほど解説した「売った際に利益が出なくてもポイントで稼げる楽天ポイントせどり」と「利益率の高い中古せどり」を組み合わせるとさらに稼ぎやすくなります

楽天で中古品を仕入れる際、ポイントアップセールやSPUを活用してポイント倍率を上げておけば、ただでさえ利益率の高い中古せどりに楽天ポイントによる利益の底上げができるのです。

≪画像元:Rakuten

例えばさっきのサンダルも、7.5倍でも307ポイント還元されるので、先ほどの計算で行けば3,670円の利益+307ポイントで実質3,977円の利益です。

このポイント倍率をSPUやセールで仮に20倍までアップしたとすれば、836ポイントになるので3,670円+836ポイントで実質4,506円の利益です。

仕入れ値より高い利益が出ました

執筆者の楽天ページ

これを繰り返すことで、ひと月に数万ポイントといった大量のポイントを獲得することも難しくありません

楽天ポイントせどり × 中古せどりの注意点

最後に楽天ポイントせどり × 中古せどりの注意点について解説します。

楽天カードは使わない事

楽天ポイントせどりにおいて、楽天サービスを使うことでポイント倍率が上がるSPU(スーパーポイントアッププログラム)の達成は必須条件です。

このSPUを最大まで上げればポイント還元率は16倍、つまり実質仕入れ値が16%還元されるため、できる限り上げておく必要があります。

ただこのSPUの達成条件の中に「楽天カード」の使用がありますが、実はせどりの仕入れで楽天カードを使ってはいけません

楽天カードの規約にある「商品の所有権」という項目の規約違反に当たる可能性が高いからです。

所有権について簡単に説明すると「クレジットカードで買った商品は、代金が口座から引き落とされるまで商品はクレジット会社のものですよ」というものです。

つまり翌月の口座引き落としなどでクレジット会社に商品代金を支払うまでは、厳密に言えば商品は自分のものではないです。

商品の所有権
≪画像元:Rakuten

規約にも「債務が完済されるまで商品を管理し、質入れ、譲渡、賃貸その他当社の所有権を侵害する行為をしないこと。」とはっきり書いてあります。

代金引き落とし前にメルカリで売った場合、極端な言い方をすれば「他人(クレジットカード会社)の所有物を勝手に売った」という状態になります。

バレるバレないについては筆者は言及しませんが、せどりの仕入れで楽天カードを使用するのは規約違反になる、という点については覚えておきましょう。

ただし、仕入れた物を翌月の引き落としまで保管して、所有権が自分に移った状態で売るのであれば所有権の侵害にはあたりません。(現実的ではありませんし、他の規約に抵触する可能性もあります)

SPUで+2倍にならないのは痛いですが、ポイントアップセール時や他のSPUで底上げしていきましょう

各ポイントアップイベントのポイント上限に注意

楽天ポイントせどり × 中古せどりは大量の楽天ポイントを獲得できますが、無限に獲得できるわけではありません。

楽天では各イベントごとに「ポイント獲得上限」というものが設定されており、それ以上は購入してもポイントが獲得できないようになっています

≪画像元:Rakuten

例えばSPUの場合、ダイヤモンド会員で月間最高1万5,000ポイントまでです。

これ以上はただ働きになるので上限には注意しましょう。(一応中古せどりの利益は出るので完全なただ働きにはならないと思いますが)

期間限定ポイントに注意

もう1つ注意したいのが、もらえるポイントの一部は一定期間で失効する「期間限定ポイント」になる点です。

特にセールなどのイベントでもらえるポイントの多くが期間限定ポイントで、使える期限が決まっています。

期間限定ポイント

その期日を過ぎるとポイントが消えてしまうので、ポイントが入ったら早めに使うようにしましょう

楽天ポイントせどりで得られるポイントは多いので、失効させてしまうと結構ダメージが大きいです。

楽天市場の仕入れに使うか、楽天ペイで普段の買い物に使ってしまうのが良いでしょう。

楽天ポイントせどりは可能性がいっぱいある

楽天ポイントせどりは初心者でも取り組める手軽なせどりですが、新品の商品でやろうとするとちょっとリサーチのハードルが上がります。

そこで利益率が高く、赤字になりにくい中古せどりと組み合わせることで、仕入れのハードルが下がり、さらには中古せどりの高い利益も乗せられます

低資金で始められ、リスクを抑えて稼げる中古品やポイントせどりを試してみてはいかがでしょうか。(執筆者:せどりや投資も行うマルチな事業主 菊池 貴弘)