せどりをはじめたいけど、どのような商品を扱ったら良いかと迷っていませんか。

初期費用をできるだけ抑えてせどりをはじめたいのであれば、最低1円から仕入れられるレコードせどりがおすすめです。

実際に、筆者もレコードせどりで収益を上げており、本当なら教えたくない情報のひとつです。

今回は、最小限の仕入れコストで収益化できる、1円落札でのレコードせどりの方法を解説します。

1円が数万円に化けることもある 「レコードせどり」

レコードせどりなら最小限の費用でせどりをはじめられる

レコードせどりをする最大のメリットが、最低1円から大量に商品を仕入れられるという点です。

ご覧のようにヤフオク!などのオークションサイトでは、レコードのまとめ商品が1円で多数落札されています。

レコードのまとめ商品が1円で多数落札
≪画像元:Yahoo Japan

「1円で大量に落札されている商品なんて、仕入れても売れないのでは?」と不安になるかもしれません。

しかし、

実際に筆者が出品したレコードには、1枚で1万円を超える収益を上げた

ものもあります。

1枚で1万円を超える収益を上げてくれたもの
≪画像元:Yahoo Japan

1枚で1万円を超えるのは珍しいケースですが、500円~1,000円で売れていく商品はザラにあります

1枚数百円~1,000円の値の付くレコードが、まとめ出品だと値が付きにくい理由は、

・ レコードは家庭でも捨てたい品物だから

・ まとめ出品だと内容物が分からないから

・ まとめだと不要な商品まで届いてしまうから

の3つです。

レコードはどこのご家庭にもある不要品のひとつで、自治体のゴミに出すにも厄介な、処分したい不要品のひとつです。

従って、自宅にあるレコードを処分したい方が、ジャンルの区別なくまとめでヤフオク!などに出品しているケースが多いのです。

処分するのが目的なので1枚1枚の商品の情報が分かるように出品されてはいません。内容が分かりにくいために一般の落札者の目には魅力的に映らないのですね。

また、欲しいレコードがある方にとっても、まとめ出品の商品を買うと不要な商品まで届いてしまうので、敬遠されてしまう傾向にあるのです。

このような理由で安く落札できるレコードの中にも、収益につながるお宝が埋まっている可能性があるというわけです。

どのようなレコードが売れやすいのか

レコードにも売れやすい商品の傾向があります。

・ ジャズ

・ 洋楽

・ CD化されていない商品

レコードを聴く方の特徴を想像してみると分かりやすいのですが、レコードで聴きたいジャンルとしてはジャズが圧倒的に人気です。

ジャズのレコードをまとめ出品できれば、数千円~数万円で落札されるケースも多くなっていますよ。

また、

ビートルズなどの洋楽オールディーズも不変の人気で、名盤と呼ばれる「青盤」「赤盤」などは、1枚で1万円前後の値が付く

ことも多いと言えます。

さらに、お宝の可能性があるのが、CD化されていないレコードでのみ聴ける商品です。

売れそうな演歌は意外と値が付いてこないので注意しておきましょう。

売れ残りはジャンルに分けて再販すればリスクなし

まとめでレコードを仕入れると、意外とかさばってしまい、場所を取ってしまいます。

また、仕入れたレコードの中には単品で値が付くものがないハズレが入っている可能性も少なくはありません。

しかしながら、ハズレの商品であっても、アーティスト別やジャンル別に綺麗に分類して、内容物が見える状態で出品すれば再販できます

地道に販売していけば手元に在庫が残ることはありませんので、リスクなしにせどりをはじめられますね。

レコードせどりの注意点

せどりをはじめようとする方は、レコードプレーヤーを持っていない方がほとんどだと思います。

レコードはCDよりも劣化しやすく、見た目は綺麗に見えても再生できない・雑音が入ってしまうなどのトラブルが起こってしまうことがあります。

落札されて再生できなかったという場合にはトラブルにつながってしまいますので、出品する際には「再生未確認のジャンク品」として出品するのがおすすめです。

もしくは、再生できなかった場合には返品も受け付けると記載しておけば、落札者も安心して落札できますね。

1円商品が数万円に化けることもあるせどり優秀商材

レコードは、1円でまとめて仕入れた商品が数万円に化けることがある「せどり優秀商材」のひとつです。

レコードの大きさなどの規格は共通ですので、撮影する際にも同じ画角で効率的に撮影できます。

さらに、出品時の説明文もタイトルだけ変更すればあとはコピペで大丈夫ですので、数十枚単位で出品する際にも大きな負担はありませんね。

せどりの商材を探している方は、少額ではじめられるレコードせどりを気軽に試してみてはいかがでしょうか。(執筆者:副業経験豊富な買取店店長 松本 勝)