季節の変わり目に必ずやってくるのが「衣替え」です。この時期になると不要な衣類が山ほど出てくるのではないでしょうか。

不要な衣類を捨ててしまっていたり、大量にまとめて500円などの低価格で古着屋に売っているのであれば、今回から「メルカリ」での販売に切り替えてみてはいかがでしょうか。

これまでに600品以上メルカリで商品を販売してきた筆者の経験をもとに、不要な服を高く売るコツをお教えしますので、不要な衣類をお小遣いに換えてください。

「メルカリ」で不要な服を 素早く・高く売る 「5つのコツ」

メルカリで服を高く売るコツ

不要になった服を古着屋の査定に出すと、その場で買い取ってくれるので在庫の置き場には困りませんが、10着まとめて数百円でしか売れないケースが多いものです。

その点、メルカリなら売れれば最低でも1枚100円ほどの利益が出ますので、古着屋に出すよりも儲かります。

ただし、「売れるための工夫」をしなければ、ユーザー数の多いメルカリでもなかなか売れません。不要な服を素早く現金化するために、これから紹介する5つのコツを参考にしてください。

コツ1. 季節を考えて出品する

どんなにお買い得な服でもオフシーズンにはすぐに着られないため、売れ行きが悪くなってしまいます。

実際に筆者が夏の時期にトレーナーを出品したところ、2万円から1万2,000円にまで値下げしても売れませんでした

ところが、冬の時期に再度出品したところ、割と早い段階で1万5,000円の価格で売れたのです。

オフシーズンの服は売れにくく、売れてもかなり安い価格となる可能性があるので、出品する際には「今すぐ着られるかどうか」を判断基準の1つとしてください。

コツ2. 見栄えの良い写真を使用する

安くておしゃれな服でも、ダサい写真や商品がどのようなものかが分かりにくい写真しか載っていないとなかなか購入されません。

仮に売れたとしても服の魅力が伝わらず、相場価格よりかなり低くなる可能性もあるのです。

商品写真をよりクオリティの高いものに差し替えただけですぐに売れるという経験は、筆者は何度もあります。

商品写真は売れるスピードと価格に直結しますので、

・ 平置きで撮影するときはシワのないように撮影

・ 平置きできないものはハンガーを利用する

・ 100円均一などで買える簡易的なトルソーを利用する

・ 服以外の物が写り込まないようにする

などの点に注意して、クオリティの高い写真を使うように心がけてください。

コツ3. 1枚の価格が安いならまとめ売り

たとえば、洋服1枚が300円で売れたとすると、メルカリ便の送料と販売手数料を差し引いた利益はたったの100円程度になってしまいます。

そのようなときは、まとめ売りをしたほうが発送1回あたりの利益が高くなるのでおすすめ。

Tシャツを5枚で1,500円で販売し、メルカリ便で発送したとすると

商品価格1,500円 -(販売利益150円 + 送料700円)= 利益650円

です。

1枚300円で5着売ると梱包と発送を5回行って500円ほどの利益です。両者の利益の差は150円です。

このように、服は物によってまとめて売ったほうが手間がかからずに、利益が高くなるのです。

出品最低価格である300円で複数出品していた方は、まとめ売りを検討してみてください。

コツ4. 値下げ交渉を考慮して初回の価格設定は少し高めに

初回の価格設定は少し高めに

メルカリの利用者は「1円でも安く買いたい」と考えている方がほとんどですから、確実と言っても過言ではないくらい値下げ交渉されます。

利益を少しでも高くするには、値下げ交渉されることをあらかじめ考慮して、初回は価格設定を少し高めにしておくのがコツです。

仮に、最低でも500円で売りたいと思っているのに、500円で出品していたとします。

購入希望者から「100円値引きして欲しい」と言われて、早く現金化したいからと値引きに応じてしまうと、売れた価格は予想より100円低い400円になってしまうのです。

あらかじめ700円に設定しておけば、100円の値引きに応じても売りたい価格より100円高い600円で売れるわけです。

たった100円でも高く売れたほうが利益は上がりますから、相場価格を大きく超えない範囲内で少し高めに価格設定しておいてください。

コツ5. 商品説明はできる限り詳しく書く

有名なブランドの服で状態が良く、お手頃価格で販売していたとしても、商品説明が極端に少ないと商品はなかなか売れません。

ユーザーは商品を直接手に取れるわけではないので、商品説明と商品写真から実際の商品がどのようなものなのかをイメージします。

イメージするために必要な情報が少なすぎると、お買い得なのかそうでないのか、自分に合うのか合わないのかなどが判断できずに購入を見送ってしまいやすいのです。

少しでも早く、そして高く売るには商品に関する基本的な説明だけではなく、

・ どのような人に合いそうなのか

・ どのようなコーデを組めそうなのか

・ おすすめポイントは何か

なども追加で記載してみてください。

購入したら着こなせるかどうかを不安に感じている方や、購入したいけれど自分には合わないかもしれないと考えている方の背中を押せるかもしれません。

衣替えの時期だけでも年4回のお小遣い

マメに断捨離する時間がない方でも、メルカリで服を高く売るコツをマスターして衣替えの時期にだけ出品すれば、最低でも年4回はお小遣いをゲットできます。

服は捨ててしまえば0円ですが、ほんの少しの時間を使ってメルカリに出すだけでお金に換わります。

チャレンジして獲得したお金で「欲しかったあの商品」を購入してみてはいかがでしょうか。(執筆者:メルカリ取引500回以上 石神 里恵)