ここのところ、d払いとメルペイ、楽天ペイとau PAYなど、スマホ決済同士の提携が相次いでいます。

そして、LINE PayとPayPayにも本格的な動きが出てきましたので、紹介しましょう。

LINEポイントからPayPayボーナスへの交換を開始

≪画像元:PayPay

3月16日より、「LINEポイント→PayPayボーナス」への交換が開始されました。

25ポイントから交換可能で、交換単位は

・ 25ポイント
・ 100ポイント
・ 1,000ポイント
・ 5,000ポイント

の4種類です。

LINEポイント1ポイントを、PayPayボーナス1円相当に等価交換でき、手数料もかかりません。

ただし「PayPayボーナス → LINEポイント」への交換は不可です。

・ LINE Payの使えるお店が少ない

・ その他のLINEサービスもあまり使わない

・ 「最後のポイント獲得から180日」と有効期限が短い

など、LINEポイントにはデメリットもありますが、PayPayボーナスに交換できれば、圧倒的に多い加盟店で利用できます

≪画像元:三井住友カード

初年度還元率3%(5月1日からは2%)の「LINEクレカ」でザクザク貯まったLINEポイントを、PayPayボーナスに交換すれば、なかなかの錬金術になりそうです。

交換の流れ

≪画像元:PayPay

LINEポイントからPayPayボーナスへの交換は、以下の流れで行ってください。

1.【LINEアプリ】LINEポイントクラブのPayPayボーナス交換ページにアクセスする

2.【LINEアプリ】交換するLINEポイント数を入力して「PayPayにログインして交換」をタップする

3.【PayPayアプリ】PayPayにログインする

4.【PayPayアプリ】LINEポイントクラブとPayPayアカウントとの連携に同意する

5.【LINEアプリ】「交換」をタップして交換成立

6.【PayPayアプリ】PayPayアプリを起動して残高を確認する

【3/31まで】「LINEポイント→PayPayボーナス」への交換で25%増量

≪画像元:PayPay

3月31日までの期間中、「LINEポイント→PayPayボーナス」へ25ポイント以上交換すると、最大25%分のPayPayボーナスを増量して還元されます。

体重の増量は困りものですが、ポイントの増量ならばウェルカムです。

期間中であれば複数回の交換も可能ですが、増量分の還元上限は期間中500円相当です。

通常分は即時還元されますが、25%増量分は4月下旬以降に還元されます。

・ LINEポイント100ポイント→PayPayボーナス125円相当(+25円相当)

・ LINEポイント2,000ポイント→PayPayボーナス2,500円相当(+500円相当)

という計算になり、2,000ポイントまでの交換がお得になるチャンスですね。

【4月下旬以降】PayPayの対象加盟店でLINE Payでの支払いも可能に

≪画像元:PayPay

2021年4月下旬以降、全国300万か所以上のPayPay加盟店のうち、ユーザースキャン方式の加盟店で、LINE Payでの支払いも可能となります。

≪画像元:PayPay

ユーザースキャンとは、お店に設置されたQRコードを利用者のスマホで読み取り、支払う方式です。

利用者としては少し面倒ですが、バーコードのスキャナを設置していない小規模なお店でも利用できます。

【2022年4月】国内向けのLINE PayがPayPayに統合予定

2022年4月には、LINE Payの国内向けQRコード・バーコード決済事業を、PayPayに統合予定です。

LINE Payの海外向けの事業がそのまま残るのは、海外ではLINE Payの知名度が高いからかもしれません。

LINE Payはユニークなクーポンを配信することもあるので、いずれ消えるのは少し寂しいですね。

使い勝手のよくないLINEポイントは、PayPayボーナスに交換を

3月16日より、LINEポイントからPayPayボーナスへの交換が開始されました。

LINEポイントの使い勝手が良くないと感じている人は、これを機にPayPayボーナスに交換するといいでしょう。

また4月下旬以降、PayPayの一部加盟店でもLINE Payが利用可能となり、LINE Payが使えるお店もこれで一気に拡大します。(執筆者:キャッシュレス研究家 角野 達仁)