夏に大活躍したそうめんは、いつの間にか食べる機会が少なくなってパントリーの奥で眠っています。

「食べるのを忘れていて、うっかり賞味期限が切れていた…」となるともったいないですよね。

そうめんは安くてささっと作れるので重宝しますが、毎回同じ味だと飽きてしまうのも余ってしまう原因かもしれません。

そこで今回は、そうめんに工夫を加えて味変して食べきるレシピを紹介します。

なお、本文で表示する価格は全て税込です。

業務スーパーの「そうめん」

業務スーパーの「そうめん」

そうめんは、業務スーパーで購入しました。価格は8食入りで162円、1食あたり21円です。

「そうめん」アレンジレシピ

では、さっそくアレンジレシピを紹介します。

1. トマト&ツナのさっぱりアレンジ

トマト&ツナのさっぱりアレンジ

材料(211円/2人前)

・ そうめん:2束(42円)

・ トマト:1個(85円)

・ ツナ缶:1缶(68円)

・ 大葉:5枚(16円)

◎ めんつゆ(4倍濃縮):50ml

◎ 水:70ml

◎ 和風ドレッシング:小さじ1杯

・ 黒胡椒:お好みで

下準備

・ そうめんを茹でるお湯を沸かしておく。

・ ◎の調味料を混ぜ合わせておく。

作り方

(1) トマトを1cm角にカットする。

(2) 合わせておいた◎の調味料とトマト、ツナ缶(油はそのまま)を混ぜてソースを作る。

(3) そうめんを1~2分茹でる。

(4) 茹で上がったらザルにあげ、冷水で冷やし再度ザルにあげる。

(5) 水気が切れたら、お皿にそうめんを盛り付け、ソースをかける。

(6) 青じそを細かく散らし、お好みで黒胡椒をかけて完成。

隠し味の和風ドレッシングが効いてさっぱり食べられました。そうめんアレンジの中でも家族人気No.1のレシピです。

2. サバ&納豆マヨのこってりアレンジ

サバ&納豆マヨのこってりアレンジ

材料(196円/2人前)

・ そうめん:2束(42円)

・ サバ缶:1缶(106円)

・ 納豆:1パック(21円)

・ からし:納豆付属1袋

・ 万能ネギ:1/4束(27円)

・ めんつゆ:大さじ2杯

・ マヨネーズ:適量

下準備

・ そうめんを茹でるお湯を沸かしておく。

・ 万能ネギを細かくカットしておく。

作り方

(1) サバ缶の油を切り、缶の中でサバをほぐしながらめんつゆと合わせる。

(2) 納豆を開封し付属しているからし納豆と絡めておく。

(3) そうめんを1~2分茹でる。

(4) 茹で上がったらザルにあげ、冷水で冷やして再度ザルにあげる。

(5) 水気が切れたらお皿にそうめんを盛り付け、サバと納豆をのせる。

(6) マヨネーズをかけて万能ネギを散らして完成。

混ぜて食べると、納豆のからしがほんのりと効く濃厚な味付けです。こってりとしたものが食べたい時にピッタリのレシピです。

3. 焼き肉のタレでビビンバ風アレンジ

焼き肉のタレでビビンバ風アレンジ

材料(192円/2人前)

・ そうめん:2束(42円)

・ キムチ:100g(100円)

・ 卵:2個(20円)

・ 韓国のり:1袋(30円)

◎ ごま油:大さじ1杯

◎ 焼肉のタレ:大さじ1杯

・ ごま:お好みで

・ サニーレタス:お好みで

下準備

・ そうめんを茹でるお湯を沸かしておく。

・ ◎の調味料を混ぜ合わせておく。

作り方

(1) 温泉卵を作る(100均の温玉キットで1個あたり500Wで50秒レンチン)。

(2) そうめんを1~2分茹でる。

(3) 茹で上がったらザルにあげて冷水で冷やし、再度ザルにあげる。

(4) 水気が切れたら合わせておいた◎の調味料と絡め、お皿にそうめんを盛り付ける。

(5) キムチ・温泉卵をのせたら、韓国のりを散らす。

(6) お好みでサニーレタスとごまをトッピングして完成。

お肉なしですが、焼き肉のタレを入れることでビビンバ風になります。余ったキムチを消費する時にもおすすめのレシピです。

夏以外でもそうめんを食卓に

シンプルにめんつゆで食べるのもおいしいのですが、アレンジを気に入った家族が「また作って!」と言ってくれるようになりました。

わが家では防災用にそうめんを買いだめしているので賞味期限がくると毎度困っていましたが、アレンジをして年中食べることでローリングストック法が継続できています。おうちでのランチタイムにもいかがでしょうか。(執筆者:今井 ゆうき)