外食することが難しい昨今は自宅でなるべくおいしいものを食べたいという人も多いことでしょう。

そうは言っても、お取り寄せなどは送料もかかりますし、それなりに高額なのでそれほど頻繁に頼めるものではありません。

しかし、飲食店もその食材の仕入れに使っている業務スーパーであれば、本格的な食材を手頃な価格で購入できるので、安くて贅沢なランチをおうちで楽しめます。

今回は、たった538円で家族3人分の絶品鮭トロ丼を作れる、業務スーパーの「サーモンたたき」を紹介します。

なお、本文の価格は全て税込です。店舗によって商品の取り扱いが異なる場合がありますのでご注意ください。

業スの冷凍「サーモンたたき」:538円

業スの冷凍「サーモンたたき」

「サーモンたたき」は自然解凍するだけでおいしく食べられる人気商品です。

業務スーパーには、同様の価格で冷凍「鮪たたき」もありますが、脂のたっぷりとのった「サーモンたたき」は「トロっぽさ」が段違いです。

回転寿司などでもほとんど見ることのない珍しいサーモンのたたきを店頭で購入できるのは、私が知る限り業務スーパーだけです。

薄い板状になっているので冷凍庫の場所を取りませんし、解凍も室温1~2時間ほどでOKです。

朝「食べたい」と思ったら昼には溶けているので、手抜きランチしたいときにピッタリです。

業ス「サーモンたたき」のコスパ

サーモンのたたき身自体を実店舗ではほとんど見かけないのですが、ネットショップで探してみると大体800~1000円/300gほどです。

100gあたり300円前後といったところです。さらにクール便の送料が1,000円前後かかるものがほとんどでした。

業務スーパーの「サーモンたたき」は250gで538円です。100gあたりに換算すると215円で、さらに送料等も一切かからないわけですからコスパは十分によいと言えそうです。

「鮭トロ丼」を作ったら大人2.5人前

鮭トロ丼

サーモンのたたき身で「鮭トロ丼」を作る際には、大体1人前あたり100gほどが必要です。業務スーパーの「サーモンたたき」は250g入りなので「大人2人分 + 子供1人分」もしくは「大人大盛り2人分」といったところでしょうか。

鮭トロ丼を扱っている海鮮丼の店などで価格帯を見ると、大体1人前で600円以上します。

業務スーパーなら葱などを購入しても600円で、家族3人分の「鮭トロ丼」ができるわけですから圧倒的なコスパの高さです。

なお、「サーモンたたき」はそのままごはんをのせて醤油をかけるだけでもおいしい「鮭トロ丼」になるのですが、事前に調味料を混ぜ込んでおくと子供も食べやすくなります。

わが家では、醤油大さじ1杯に加えて臭み消しのためみりんを小さじ1杯入れて混ぜたものをごはんにのせて出しています。

子供がいない場合には事前にわさびを入れたり、コチュジャンやにんにくを加えてユッケ風にしてもおいしくいただけます。

「鮭トロ丼」のアレンジに便利な食材

業務スーパーには「鮭トロ丼」のアレンジに便利な食材もたくさんあります。

「冷凍アボカド」で「サーモンポキ丼」

かさましには「冷凍アボカド」がおすすめです。598円とそれなりの価格ですが、カット済みの可食部のみが500g(アボカド約6個分)の大容量で、他の料理にも便利です。

「アボカド」と「サーモンたたき」を合わせれば、ボリューム満点の「サーモンポキ丼」になります。

「冷凍いくら味付け」で「サーモン親子丼」

「サーモン親子丼」

一方で、より一層の贅沢感を味わいたいのであれば、「冷凍いくら味付け」を購入して「サーモン親子丼」にするとよいことでしょう。

861円/150gとそのものの価格は安くはありませんが、スーパーの刺身売り場などのいくらと比べれば、グラムあたり半額以下とお値打ちです。

「サーモンたたき」と合わせて3人分の「サーモン親子丼」にすれば、1人前466円と500円以下です。店舗で食べれば800円以上はするうえに店舗のものよりもいくらもサーモンもたっぷりなので、満足すること間違いなしです。

価格も味も申し分なし

1パック538円と業務スーパーの商品にしては「激安!」とまでいかない商品ではありますが、他店の同様の商品と価格帯を比べても申し分のない安さです。

飲食店で「鮭トロ丼」を食べることを考えるとかなりのお得感があります。

安いだけではなく、味も申し分ない商品なので「ちょっと贅沢したいな…」というときには、ぜひ購入してください。(執筆者:3人の子を育てる主婦ライター 岩崎 はるか)