大手石油元売り「出光」では、新SSブランド「apollostation」を2021年4月より展開します。

それに伴い、クレジットカードも2021年4月に「apollostation card」へと生まれ変わります。

今回は、出光が発行する各種カードがどのように変わるのかを徹底解説します。

プラチナ・ゴールド:大規模な変更あり

apollostation THE GOLD
≪画像元:出光興産

2021年4月以降「ザ・ゴールド出光セゾン・アメックス」は「apollostation THE GOLD」に、「ザ・プラチナ出光セゾン・アメックス」は「apollostation THE PLATINUM」になります。

券面デザインがシンプルになるだけではなく、サービス内容も大きく変わります。

年会費の変更、年会費免除機能

年会費の変更、年会費免除機能
≪画像元:出光クレジット

まず、ゴールドの年会費が7,700円 → 1万1,000円と3,000円以上アップします(プラチナは年会費2万2,000円で変更なし)。

しかし、ゴールドは年間ショッピング200万円以上、プラチナは年間ショッピング300万円以上で、翌年度の年会費が無料になるというサービスも始まるので、ヘビーユーザーにとってはお得です。

【ゴールド】国際ブランドの追加

これまでの「ザ・ゴールド出光セゾン・アメックス」はその名の通りアメックスしか選べませんでした。

一方の「apollostation THE GOLD」は、アメックスに加えて、Visa、Mastercard、JCBも選べます。

ただし、すでに「ザ・ゴールド出光セゾン・アメックス」を持っている人が、Visa、Mastercard、JCBを希望する場合には新規発行扱いになりますので注意してください。

「ねびきプラスサービス」が最大10円引き、月200Lにパワーアップ

「ねびきプラスサービス」が最大10円引き
≪画像元:出光クレジット

「ねびきプラスサービス」とは、上の表のようにクレカの月間ショッピング金額に応じて給油時の値引き額が決まるサービスのことです(上記表は改定前のもの)。

「apollostation THE GOLD」「apollostation THE PLATINUM」に無料付帯する「ねびきプラスサービス」は次のようにパワーアップします。

・ 値引き単価:最大8円/L → 最大10円/L

・ 月間適用数量上限(ガソリン・軽油合計):100L → 200L

頻繁に車を利用する人は、恩恵を受けられそうです。

ポイント還元率がアップ

これまで「ザ・ゴールド出光セゾン・アメックス」では、1,000円利用ごとに8ポイント、プラチナは10ポイントが貯まっていました。

「apollostation THE GOLD」になると、1,000円利用ごとに10ポイント、プラチナは12ポイントにアップします。

ただし、apollostation、出光SS、シェルSSでのガソリン・軽油・灯油のカード利用分は、ポイント対象ではありません

旅行傷害保険がパワーアップ

「apollostation THE GOLD」になると、旅行傷害保険も次のようにパワーアップします。

・ 傷害死亡・後遺障害(海外):最高3,000万円 → 最高5,000万円

・ 賠償責任(海外):最高3,000万円 → 最高5,000万円

・ 傷害死亡・後遺障害(国内):最高3,000万円 → 最高5,000万円

ようやくゴールドにふさわしい補償内容になりました。

「出光カードまいどプラス」が「apollostation card」に

「出光カードまいどプラス」が「apollostation card」に
≪画像元:出光興産

2021年4月以降、「出光カードまいどプラス」は「apollostation card」になります。

券面がシンプルですが、年会費などの変更はありません

ワインレッドは更新、再発行のみで新規受付をしていません

「ねびきプラスサービス」の給油値引きに特化したサービスを新設

「ねびきプラスサービス」の給油値引きに特化したサービス
≪画像元:出光クレジット

「apollostation card」では、2021年4月以降「ねびきプラスサービス」に変化があります。

従来からあるサービスは「ねびきプラス100」で、

・ 月間3万円以上のカードショッピングで適用

・ 8円/L引き

・ 月100Lまで

・ ポイントも付く

というサービスです。

新設されるのが「ねびきプラス150」で、

・ 月間3万円以上のカードショッピングで適用

・ 10円/L引き

・ 月150Lまで

・ ポイントは付かない

というサービスです。

ポイントも値引きもという方は「ねびきプラス100」を、とにかく値引きという方は「ねびきプラス150」を選ぶとよいことでしょう。

ただし、このサービスには年会費550円(初年度無料)がかかります

「出光カード」「出光ゴールドカード」は新規受付停止

「出光カード」「出光ゴールドカード」は新規受付停止
≪画像元:出光興産

「出光カード」「出光ゴールドカード」も、デザインがシンプルに変わります。

また、出光SSだけでなくapollostation、シェルSSで値引きを受けられるようになります

ただし、2021年4月以降は更新と再発行のみで、新規受付をしません

「apollostation card」ブランドに集約していくようですね。

「出光キャッシュプリカ」が「apollostationキャッシュプリカ」に

「出光キャッシュプリカ」が「apollostationキャッシュプリカ」に
≪画像元:出光興産

「出光キャッシュプリカ」は、「apollostationキャッシュプリカ」に名称変更され、デザインも新しくなります。

また、出光SSだけでなくapollostation、シェルSSでも利用可能です。

法人向けカードは、小幅な変更のみ

法人向けカードは、小幅な変更のみ
≪画像元:出光興産

出光には、3種類の法人専用カードがあります。

そのうちの「出光法人専用カード」は「apollostation BUSINESS」と名称変更され、デザインも変更されます。

また、出光SSだけでなくapollostation、シェルSSでも利用可能です。

「出光Bizカードワン」「出光Bizカードワンプラス」は、デザイン変更のみです。

使えるSSは出光SS、apollostationで、シェルSSでは利用できません

提携カードは、小幅な変更のみ

提携カードは、小幅な変更のみ
≪画像元:出光クレジット

提携カードの「丸亀町出光カードまいどプラス」は「丸亀町apollostation card」に、「ウェビック出光カードまいどプラス」は「ウェビックapollostation card」に名称が変更されます。

また、出光SSだけではなくapollostation、シェルSSで値引きを受けられるようになります。

それ以外の変更は特になく、デザイン変更も小幅です。

Usappy Card
≪画像元:宇佐美鉱油

宇佐美SSのクレジットカード「Usappy Cardプラス+」は、出光の提携カードです。値引きサービスなどはなく、宇佐美SSで使えるポイントが貯まります。

こちらは特に変更はありません。

ETCカードは、デザイン変更のみ

ETCカードは、デザイン変更のみ
≪画像元:出光クレジット

出光ETCカードは、名称やサービスの変更はありません。デザイン変更のみですが、車載器に挿入して使うものなので、デザイン変更はさほど影響がないことでしょう。

既存ユーザーは手続きの必要は特になし

今回は、出光が発行するクレジットカードがどのように変わるのかを見てきました。

プラチナ・ゴールドには大規模な変更が施され、特にゴールドは年会費までアップします。

その代わりに、出光のヘビーユーザーがさらにお得になる仕様に変更されます。

既存ユーザーは何の手続きもする必要はないので、そのまま使い続けてください。(執筆者:キャッシュレス研究家 角野 達仁)