楽天ユーザーであれば、日頃から頻繁に目にするのが楽天ポイントです。

楽天のサービスはポイント還元率が高いことでも有名で、独自のキャンペーンやイベントで最大44倍の還元を受けられるほどです。

昨今はポイントを積極的に貯めて、使っていく「ポイ活」という言葉も定着してきましたが、皆さんは、貯めた楽天ポイントをどのように使っていますか。

せっかく貯めたポイントも使わずに失効してしまってはもったいないですよね。

この記事では、楽天ポイントの種類と節約に効果的な使い道を解説します。

【楽天ポイント】 「通常ポイント」と「期間限定ポイント」 の節約に効果的な使い道

楽天ポイントの種類

楽天ポイントにはご存じの通り、通常ポイントと期間限定ポイントの2種類があります。

楽天初心者の方向けに、違いを簡単に紹介します。

通常ポイント

通常ポイントは、楽天市場での買い物など、楽天のサービスを利用するともらえるポイントを指します。

通常ポイントの有効期限は、最後にポイントを獲得した月を含めた1年間ですが、期間内に1回でもポイントを獲得すれば、有効期限は延長されます。

日常的に楽天のサービスを利用するのであれば、自動的に期限が延びるので期限はないものと考えても良いことでしょう。

期間限定ポイント

一方の期間限定ポイントは、SPUや楽天スーパーSALE、お買い物マラソンなどキャンペーンでもらえるポイントを指します。

ポイントを使えるサービスが限られているため、そこには注意が必要です。

期間限定ポイントはキャンペーンによって有効期限が異なるため、キャンペーンのルールやポイント関連のページで期限を確認すると安心です。

私のおすすめ確認ツールはRakuten Point Clubのアプリです。

ポイントに特化したアプリで、トップページから簡単に期間限定ポイントの有効期限を確認できるので、使い忘れを防げます。

楽天ポイントクラブのアプリ
≪画像元:Google

楽天ポイントの使い方

ここからは、通常ポイントと期間限定ポイントのそれぞれの使い方を見ていきましょう。

通常ポイントの使い方

まずは、通常ポイントの効果的な利用方法を紹介します。

1. 楽天カードの支払い

楽天カードの使用頻度が高い方であれば、通常ポイントを楽天カードの支払いに充てるのが良いと言えます。

楽天には「ポイントで支払いサービス」というものがあり、1ポイント = 1円相当として月々の支払いに利用できます

利用するには、楽天e-NAVIからの手続きが必要です。50~最大50万ポイントまで使用でき、申込時に必要な項目はポイント数のみです。簡単に手続きできるのも魅力の1つでしょう。毎月12日~最長24日まで受け付けてくれるのもありがたいですね。

しかし、「ポイント支払いをした分、もらえるポイントが減ってしまうのでは?」と考えてしまいますが、心配ありません。

ポイントは減らない
≪画像元:楽天カード

ポイント支払いの有無に関わらず、カード利用獲得ポイントはどちらも同じなのです。

通常ポイントの使い道に悩まれている方は、楽天カードの支払いに充てるのがベストと言えるでしょう。

2. 楽天Edyにチャージする

さまざまなキャッシュレス決済が浸透していますが、楽天Edyを利用している方は、通常ポイントをEdyにチャージするのもおすすめです。1ポイント = 1円で利用できます。

楽天カードの支払い同様に、楽天Edyへのポイントチャージも通常ポイントのみの対応しています。

期間限定ポイントの使い方

期間限定ポイントは有効期限があらかじめ設定されているので、「気づかぬうちに期限が過ぎてしまっていた」などということがよくあります。

続いては、期間限定ポイントの使い方を紹介します。

1. 楽天ペイ

楽天ペイ
≪画像元:楽天

「楽天ペイ」では、期間限定ポイントを利用できます。支払いに期間限定ポイント利用しても、通常通りの還元率1%のポイントバックが魅力的です。

筆者は楽天経済圏で生活しているため、日頃から「楽天ペイ」を愛用しています。ポイント利用の設定方法は簡単です。

「楽天ペイ」アプリの「すべてのポイント/キャッシュを使う」にチェックを入れるだけです。期間限定ポイントを最も有効に使う方法です。

コンビニやスーパー、ドラッグストアなどいろいろな所で使えて便利ですね。

2. 楽天市場の買い物金額の端数

楽天市場の買い物金額の端数に利用するのも賢い使い道だと言えます。100円以下の端数をポイント払いしても、貰えるポイントは減りません

現金に換算すると数十円という微々たるものですが、塵も積もれば山となります。少しずつでも節約につなげていきたいところです。

3. 出光でガソリン代

ガソリンスタンドの出光では、楽天ポイントを貯められて使えます。車に頻繁に乗る方にとっては、ありがたいサービスですね。

楽天ポイント1ポイント = 1円単位で利用でき、現金との併用も可能です。もちろん、期間限定ポイントから優先して使われるので、安心してください。

さらに、ポイント払いでも、2リットルにつき1ポイントが貯まる仕組みです。楽天ユーザーであるならば、ガソリンは出光で給油するのが良いかもしれません。

4. 楽天でんき or 楽天モバイルの支払い

月々の支払いで悩まされるのが固定費です。期間限定ポイントは、「楽天でんき」や「楽天モバイル」の支払いにも充てられます。

大量の期間限定ポイントが余っているという方は、これらの支払いに使ってみてはいかがでしょうか。

せっかくのポイントを無駄にせずに節約に役立てる

SPUやお買い物マラソンでたくさんの楽天ポイントを獲得しても、その大半が期間限定ポイントで使い道に困っているという方が多く見受けられます。

こちらで紹介してきた方法を駆使しながら、少しでも節約につなげていただけますと幸いです。(執筆者:佐々木 美沙季)

楽天市場で開催中のお得なキャンペーンも覗いてみましょう。

楽天SPUとは?

【楽天ポイント】SPUでラク&効率よく最大16倍にする「8つのコツ」と最大44倍にする方法