子どもの成長に合わせて習い事の幅も広がる反面、家計とのバランスに悩みます。

習い事をオンラインにすると、コストがグッと下がります。オンラインなら隙間時間を有効利用できますし、送り迎えも不要です。

オンラインサービスを愛用して10年以上の筆者が、実際に使用しておすすめできる選抜3サービスを紹介します。

1. 王道のオンライン塾「スタディサプリ」

スタディサプリ
≪画像元:Recruit Marketing Partners

オンライン塾といえば「スタディサプリ」というくらいメジャーな存在となりました。超一流の講師による「神授業」が、自宅でいつでも好きな時に受けられます。

学年・教科無制限の動画4万本が見放題で月1,980円

圧倒的にお得
≪画像元:Recruit Marketing Partners

小学5年生を例に費用を比較してみましょう。塾に通うと2万2,000円、大手通信教育でも5,215円のところ、スタディサプリは1,980円(税抜)です。

全教科・高校3年生まで全ての授業を見放題です。通常レベルとハイレベルに分かれているので、「得意科目はハイレベル、苦手な科目は通常レベル」といったように選ぶことができます。学年を戻っての復習もどんどん進む先取学習も自由です。

時間とお金を無駄にしないサービス

他の習い事やクラブ活動で忙しいお子さんでも、授業は1コマ15分なので隙間時間に勉強できます

テスト前には再生スピードを早めてざっと復習するといった使い方も可能です。テキストはPDFファイルなら無料で利用できます。

学校での導入も進んでいる

コロナ禍による休校をきっかけにスタディサプリを導入する学校が増えました。

もしかしたらお子さんが通っている学校でも導入されているかもしれません。二重で入会しないように、念のために確認してください

参照:Recruit Marketing Partners

2. 英検対策ならこれ1つでOK「スタディギア」

スタディギア
≪画像元:日本英語検定協会

小学生から高校生にかけての学生が取得している英語の資格といえば英検です。

最近では、英検を持っていると高校や大学入試で優遇を受けられる学校も増えてきました。英検公式アプリのスタディギアで、早めの対策をするのがおすすめです。

無料で利用できる

プランと料金

ライトプランを無料で利用できます。英検を申し込めば、メールでベーシックプランが無料になるクーポンが届きます。ベーシックプランでしっかりと基礎を固めましょう。

ベーシックプラン受講中なら、プレミアムプランへ半額でアップグレードが可能です。

ベーシックプランで基礎を固めた後に本番1か月前だけプレミアムプランにして追い込む方法が、節約かつ効果的な合格コースです。

わが家ではこの方法を採用して、英検2級まで1発合格できました。

公式なので的を外さない

傾向が本番とピタリと一致しているので、勉強内容に無駄がありません。

英検公式ホームページによると、準2級受験者の内、スタディギアを10日以上学習した方は、利用していない方よりも平均して20%も合格率が高くなったそうです。

スピーキングだけは他で補強

アプリでは、リスニング・リーディング・ライティングは練習できますが、スピーキングの対策は弱めです。

スピーキングの練習は、英検2次対策のコースのある「ネイティブキャンプ」や「DMM英会話」などのオンライン英会話で補うと本番も安心です。

3. スクラッチから1歩進んだプログラミングを学ぼぶ「Progate(プロゲート)」

プロゲート
≪画像元:Progate

お子さん向けのプログラミングスクールは、ロボットを使ったスクラッチがメインです。もっと本格的に学びたいというお子さんにおすすめなのが「Progate」です。

初心者でも大丈夫

「Progate」は、初心者の方でも挫折せずにプログラミングを好きになるように作られたオンラインプログラミングサービスです。

かわいいキャラクターが、1つ1つていねいに教えてくれます。

高価な教材は不要

料金
≪画像元:Progate

有名なプログラミングスクールは、月謝が1万円以上はします。スクールによっては高価な教材を購入しなければなりません。

「Progate」なら無料で始められます。もっと学びたくなってから、月額980円(税抜き)の有料会員になれば十分です。

そして、必要なものはPCかタブレットのみで追加教材は不要です。

シンプルな仕組み

プラン退会もクリック1つでOKというシンプルで分かりやすいサービスです。

1か月だけ有料会員になって、集中して1つの言語を学ぶという方法もおすすめです。わが家では長期休暇の間にだけ課金しています。

習い事を使い分けてお金と時間を節約

教室に通うより、安価で気軽に受講できる3つのオンラインサービス選を紹介しました。

水泳など身体を動かす習い事は教室に通い、頭を使う習い事はオンラインサービスを使えば、お金と時間を有効に使えます。

上手に組み合わせて、新年度の家計を調整してください。(執筆者:安藤 鞠)